Archive for May 22nd, 2009

しびれる

麻婆豆腐の「麻」は、「しびれる」という意味だそうです。
このしびれがおいしいですよね。Yes

唐辛子の辛さとはまた違う「麻」。
花椒(ホワジャオ)を使うとなんだか本場っぽい気分になれます。Udon

でも、こういうスパイスって、買ってもなかなか使いきれずに、
冷蔵庫の片隅で忘れ去られてしまいません?Cry

そんな悩みを解決してくれたのは、われらが西友。
中華食材コーナーにちいさなパウチで売っている花椒を発見。Lolipop
S&Bの菜館シリーズで、花椒以外にも豆鼓とか八角とか、
あったら嬉しいけど、ちょっとだけでいいな、というアイテムがずらり。

これは嬉しい!!!
本当に便利ですよねBikkuri Bikkuri
この、痒いところに手が届く品揃えは、やっぱり日本ならでは。
ありがとう、S&B!ありがとう、西友!

早速、花椒と豆鼓を買い込んで、久しぶりに麻婆豆腐を作りました。Pot
お豆腐は近所のおいしいお豆腐屋さんの木綿。

母直伝(もともとは陳健一のレシピ)のレシピで作ります。fork
コツはいためたひき肉に調味料を加えていため、辛味と香りを引き出すこと。
お豆腐を事前にお湯(弱火)に入れて、プルプル感を増すこと。
最後に水溶き片栗粉を入れた後、油大さじ1を回しかけて、
「ウマ辛」を全体にいきわたらせること。だそうです。

そして、最後に花椒をたっぷりかけて完成。
粉タイプが売っていなかったのでホールで買ってしまったのですが、
胡椒を取り出したペッパーミルで挽いたところ、
ものすごくいい香りHeart1
挽きたてはいいですねOnpu2

本場中国に住んでいたパートナーがいると、なかなか中華を作るのは気がひけますが、
本場で食べた麻婆豆腐は汁気がほとんどなくて、辛いお豆腐いためみたいな感じだったそうです。
全然別物ということで、本場とは比較されず安心しました。

少量とはいってもやっぱり残ってしまった中華食材たち。
これからどのように使っていくか… 楽しみです。