Archive for June, 2009

会場

結婚を決めたのは、昨年の夏頃かな。
実はこのサイトを立ち上げるずっと前でした。

世界一周旅行行きたいね、だったら結婚しちゃう?みたいな 笑。

しかし、そんなのが通用する程うちの親は頭が柔らかくない。
もちろん大大大反対 Frog Shock
お父さんは、By Hiroshiに会うことすら拒否していました。

すごく悩んだけど、結婚もしたいし、旅行も行きたい、やっぱり親にも祝福されたい。
色々ありましたが、なんとかOKをもらえました。
(でも旅行のことはうやむやになったままなので、まだ反対だろうけど。)

それと並行して、結婚式の会場探しをちょっとしてみようか、ということになりました。
ゼクシイNetなどで見ると、ウェディングフェアに行くとご飯がお得に食べられる!!
まだ何も具体的なことは考えてなくて、とりあえず、という気持ちで行ってみた会場で、
プランナーから、日付は決めておいた方がいいと言われました。
結婚式に招待するお客様には、忙しいなか来ていただくことになるのだから、
二人にとって大事な日、意味のある日にしないと、失礼になるから…と。

確かにその通り。
というわけで、二人が出会った日(6/29)と私の誕生日(6/26)の間である
土曜日にすることにしました。

そこからが大変Sweat
もう日付がないから早く決めなくちゃ!!!

お料理がおいしいところじゃないと嫌なので、レストランにしようと
色々見てまわりました。
実は、お料理だけで考えた時に、一番気に入ったところがあったのですが、
このレストランは大通りに面していて、車の音がすごくうるさいので、断念。
でも味はすごーーーくおいしくて、是非またお食事に行きたいと思っていますforkスペッキオ

せっかくなので、緑が多くてアットホームな雰囲気のところがよかったので、
リヴァ デリ エトゥルスキに決めました。

人気の会場、しかも6月は繁忙期。
でもラッキーなことに、27日だけ、まだ空いていました。
これはきっと運命。会場が決定しました。

入り口はこんな感じ。

img_1085

二階のテラスで式を挙げました。



hiroshikyoko-wedding-062

かわいい姪っ子達がリングガールをつとめてくれました



hiroshikyoko-wedding-045

レストランの中はこんな感じ。

 

                 ↓


hiroshikyoko-wedding-090

hiroshikyoko-wedding-012


幸香の撮ってくれた写真を勝手に使わせていただきました!

ありがとう!

By Kyoko

結婚しました

hiroshikyoko-wedding-196


2009年6月27日 結婚いたしました。

結婚披露宴及び二次会(と、それに続く三次会、四次会…)に来ていただいた皆様、

そしてお祝いの言葉をかけてくださったたくさんの友人や同僚の皆様。

hiroshikyoko-wedding-068
本当に本当にありがとうございました。

何度言ってもたりないくらい、
感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちの一生の宝物となる、最高の一日を過ごすことができました。

当日は、真夏のようなお天気。img_1133
Sun


お日様がサンサンと輝く中、

多くの笑顔、皆様からのご祝福、そしてたくさんのヒマワリに囲まれて、
私たちは晴れて夫婦となりました。

今まで結婚式の準備にてんやわんやで、せかいどんぶりの更新や、
世界一周旅行の計画がなかなか進みませんでしたが、
これで心おきなく、旅行の準備に専念することができます。

その前に、結婚式準備の裏側や、当日の模様をアップしていきますので、
いましばらくおつきあいくださいませFrog Grin

By Kyoko

今日は最高の一日にしよう

Sun晴れたー、晴れたー、晴れたー、 Rainbow

お世話になってるみんなに、おもいっきり楽しんでもらえるように、

二人の最高の記念日になるように、

いざ、笑顔で 行って来まーすBy Hiroshi

ガールズトーク

こんにちは。ガールズトーク第二弾です。

以前布ナプのご紹介をしましたが、
あれから地道に使い続けて半年、確実に体調がよくなっている気がします。

布ナプキンの色んなサイトに、「生理痛がなくなった」とか色々書いてあったので、
少し期待はしていたのですが、使い始めた当初はなんにも変わらず、
人によって効果が違うのかなーとか思っていました。

でもよーく考えたら数ヶ月でそんなに変わるはずもなく。

最近やっとその効果を実感できています。Clover

もともと生理痛が本当にひどくて、痛さで気を失ったこともある位で、
痛み止めの薬は手放せず、一日の服用許容量MAXを飲んでいました。

だけど、先月くらいから、一粒だけですんでる!Kirakira
これは私にとって画期的なことです。

もしかして、このまま続ければ飲まなくてよくなるのかも!?
本当に嬉しいです。

よく考えてみたら、毎月、一番デリケートなお肌に、
24時間×5〜7日、化学物質がずっと触れているというのは
確かにあまり体によくなさそう。

それをやめるだけであの痛みから解放されるならば、
ちょっとくらいお洗濯が大変なのも全く気になりませんねDuck1

Cava

img_1057昨日は家でCava(スペインのスパークリングワイン、シャンパンよりもお手頃です)と生ハムにチーズを買ってきて、
By Kyokoが水菜のサラダ、タコとポテトのガーリック風味、穴子のグリルバルサミコソース〜ズッキーニ添え〜を
Cavaに合うようにと作ってくれて、
ベランダで育てた、バジル、青じそ、パセリも一緒にちょっと豪華な食事で、心もお腹も満腹です。
こんなおいしいものを家でリラックスしながら食べられて幸せ。

スペインのバルでもうまく、安く、よっぱらいたい

img_1043By Hiroshi

カウントダウン

ビッグイベントまであと一週間。



なんだか不思議な気分です。




色々と準備に追われて忙しくしてきましたが、
その中でふとした瞬間に感じるのは、自分たちがいかに幸せであるかということ。


それもこれも、大事な、周りの人たちのおかげです。



人生という長いような短いような旅の中で、
どんな人と出会って、どんな経験をして、どんな付き合いをしていくのか、
それは、自分たちのこれからを生きて行く上で一番大事なことだと思います。


今回、人生の一大イベントを迎えるにあたって、
家族や友人の協力が不可欠な訳ですが、
改めて、本当にいい友達に恵まれているなと 再確認できました。


そう考えると、私たちのこれからは前途洋々な気がしますYes  なんて…
いつも本当にありがとうHeart1



では、明日から毎日、
来週は晴れるように祈り続けますSun Sun Sun Sun Sun Sun Sun Sun Sun

神様、頼みますよ!!!!

限定という言葉に弱い日本人

昨日お買い物にいったら、なんとこんなものが!

 

エビスBeer超長期熟成Beer          Kirakira

 

数量限定、しかもなんか豪華チックな缶のデザイン。
通常よりかなりお高め(4缶入 980円:西友価格)で、バラ売りはなし。

 

高いけど、エビスファンとしてはやっぱり飲んでみたいし、
このご時世にあえて高い商品で勝負する心意気はすばらしいので、
迷いつつも買ってしまいましたClover

 

そしたら、やっぱりおいしいのはおいしくて、
後味まで味わえるようなビールでしたが、
でも、ここまで高いのを続けて飲みたいかと問われれば、
答えはNOですかね。

 

値段と味をセットにして比べると、私たちは
アサヒ ザ・マスターの方が今のところはお気に入りですStrawberry

 

 

ああー、まんまとエビスの策略にはまりましたねBikkuri
でも楽しんだから、よしとしますか。

終った

読み終わってしまいました。

1Q84。

一冊目はゆっくりと大事に読んでいたのですが、
二冊目に突入したらグイグイと読まされてしまって、
結局二冊目は一日で読んでしまいました…。

とても面白かったけど、読み終わったことがなんか淋しいです。

ネタバレしたくないので多くは語れませんが、
読んでいる間は自分も本の世界にいるようで、
ちょっと月を見上げてしまったり…Moon Moon

春樹ワールドにどっぷりつかることができて幸せでした。
春樹を読んでいるときって、自分の周りもなんだかフワフワしているような、
現実感が薄れるような、見えない膜に覆われているような感じになりますよね。
私だけかと思ってたら、同僚S田さんも同じだと聞いてなんか嬉しかったStar

他の本に熱中しているときも似たような感じになりますが、
でもちょっと違うんです。わかります?



先程mixiの「村上春樹コミュニティー」を久しぶりに見てみたら、
これには絶対に続きがあるはずだ、という意見がとても多かったです。

確かに、まだまだ語られるべきことがあるような気がするし、
謎も多く残したままの終り方でした。
でも、別にこのままでもいい気もします。

もちろん続きがあったら絶対に読みたいけど、
今はなんかこのやりきれない感覚にひたりたいと思います。


あー、内容に言及できないからイライラしてきました!

既に読み終わった方、どう思いますか?

まつり

明日6/7に、なんだか楽しそうなお祭りがあるそうです。

 

その名も旅祭

 

すごく行きたいのですが、残念な事に仕事で行くことができません。

誰か!行ってきて、感想を教えてください!

 

さて、このお祭りには、我らが(?)高橋歩さんもいらっしゃるそうです。

高橋歩といえば、親友アイの敬愛する自由人。
By Hiroshiもとても好きで、彼の言葉は短くてストレートで心に響きます。
そして、ものすごく旅に出たくなります。

アイは彼の本を読んで(どの本だったっけ?)、モンゴルへの旅を決意。
草原の星空の下で、ある野望をかなえるがために…Star

 

他人の旅ネタですみません…。
でも、写真も文章も、旅人の心にグッときます。
例えば、上記のLove&Freeなど。
皆さんも読んでみてくださいBikkuri