Archive for June 7th, 2009

終った

読み終わってしまいました。

1Q84。

一冊目はゆっくりと大事に読んでいたのですが、
二冊目に突入したらグイグイと読まされてしまって、
結局二冊目は一日で読んでしまいました…。

とても面白かったけど、読み終わったことがなんか淋しいです。

ネタバレしたくないので多くは語れませんが、
読んでいる間は自分も本の世界にいるようで、
ちょっと月を見上げてしまったり…Moon Moon

春樹ワールドにどっぷりつかることができて幸せでした。
春樹を読んでいるときって、自分の周りもなんだかフワフワしているような、
現実感が薄れるような、見えない膜に覆われているような感じになりますよね。
私だけかと思ってたら、同僚S田さんも同じだと聞いてなんか嬉しかったStar

他の本に熱中しているときも似たような感じになりますが、
でもちょっと違うんです。わかります?



先程mixiの「村上春樹コミュニティー」を久しぶりに見てみたら、
これには絶対に続きがあるはずだ、という意見がとても多かったです。

確かに、まだまだ語られるべきことがあるような気がするし、
謎も多く残したままの終り方でした。
でも、別にこのままでもいい気もします。

もちろん続きがあったら絶対に読みたいけど、
今はなんかこのやりきれない感覚にひたりたいと思います。


あー、内容に言及できないからイライラしてきました!

既に読み終わった方、どう思いますか?