Archive for July, 2009

さて、と

昨日は久しぶりの夜勤でした。
夜食を食べにキッチンに行くと嬉しいサプライズが!
Komoくんがおいしいサンドイッチを特別に作ってくださったのです。
私が夜勤に入るのは珍しいし、もうかぶることもなかなかないから…とFrog Blush
なんだか本当に嬉しかったなぁ。しかも超おいしかった。エビとアボガドのサンドイッチ。
優しいKomoくんの心遣いに感謝!ありがとーーーーHeart2

 

改めて、こんなにお世話になっているみんなのいる会社を辞めて、
世界一周に行くんだ、と感慨にひたってしまいましたYacht

 

さて、話は変わりますが、急に思い立って、7月9日からこのサイトの統計を取り始めました。
方法はWordpres.com Statsというなんともそのまんまな名前のプラグインをインストールするだけ。
毎日どのくらいのアクセスがあるのか、どんなキーワードで検索されているのか、
などなどがわかって、なかなか面白い。

 

統計を始めてから延べ890のアクセスがありました。
まあ、思ったよりは多いかな。

検索キーワードがなかなか面白くて、今のところ第一位は、

まさかの

 

 

「ドリモグダァズ」  驚!

あとは、「トゥクトゥク」とか「結婚式 手作り」などなど。
「どんぶりの応用」なんてのもありました。

本当は「世界一周」でヒットしなくちゃいけないのにねぇ… 笑。
まあ、これからボチボチ頑張りますかね。
どうやればいいのかわからないけど。

 

StarStarStarStarStar

さて、そろそろ本腰いれて旅行の準備をしなくちゃいけないのではないでしょうか…。

一応パスポートはゲットしましたHeli
前のパスポートはどうせ今年いっぱいで期限切れだし、
新姓で持ってた方がなにかと都合がよさそうですので。

 

準備らしい準備といえば、まだそれだけ。
そんな基本中の基本の段階です… Sigh

 

他にも、航空券とか、旅のルートを考えたりとか、
保険とか、住民票のこととか、持って行くものとか、
色々たくさんあるけれど、

まず、今やらないといけないこと、それは予防注射  Pill 

 

旅好きの同僚と話していて気付かされました。
注射は早め早めにやっとかないとまずいよね…。

 

まず、何の予防接種をいつ打つのか、何回病院に通わなくてはいけないのか、
証明書は必要なのか、調べなくてはBikkuri

 

私は平日休みがあるからいいのですが、By Hiroshiはきちんと注射とかしてるヒマあるのかしら。
…ちょっと心配になってきた。

 

よーし、頑張るぞ!!!

還暦

By Kyoko父が来週で60歳になります。
幼馴染の家族達と集まって、還暦のお祝いをしました。Cake

お祝いといっても、いつもの通り食って飲んで…というだけですが Beer Beer Beer

赤い服は絶対に着なさそうな父なので、
差し色で少し赤が入ったシャツをプレゼントしましたShirt
父へのプレゼントといえば、お酒が定番。
おしゃれに全く興味のない人なので迷いましたが、
たまにはいつもと違うのもいいかな…。

img_1273


北千住にある萌蔵という居酒屋さんに集まりました。

一軒家を改装したような、素敵なたたずまい。
小さいところですが、ご飯もおいしく、くつろいで楽しむことができました。

img_1267


北千住はいつも通過するばかりで降り立ったことがあまりなかったのですが、
裏路地にたくさん美味しそうな店があって、おもしろいところでした。

それにしても、幼馴染は3歳の時からのおつきあいなのですが、
何十年もたって、みんな酒豪になって、
大人たちと一緒に飲む日がやってくるとは誰が想像したでしょうか?

By Hiroshiもこの集まりに混ぜてもらえて嬉しかったのですが、
予想通り飲み過ぎて、帰り道が大変(私がね)&翌日はせっかくの休日なのに二日酔い。
He never learns the lesson…

決して、周りに飲まされすぎたわけではなく、自業自得。

十分に反省してほしいBy Kyokoでした。

ロックンロール

とてもとても久しぶりに、お友達(携帯のカメラで撮ったので、画像のクオリティーが悪いですが、
このバカボンのパパのようにはちまきを巻いているギタリスト)のバンドのライブに行きました。

200907232123000


やっぱり生演奏は楽しいですねOnpu2

お祭り用の楽器(名前わかりません… シャカシャカ振って鳴らすやつ)や、
ボウルとバチを渡されたので一緒に鳴らしてみました。

ミュージシャンではないので自信ない感じでしたが、
一緒にやるというのは楽しいものKirakira

初めて聴いた曲でも、ロックな感じで、愉快な気分になりましたFrog Grin

旅行中にもたまにはこのようなライブなどに行ってみたいなと思いました。
色々な土地で、違った雰囲気を味わえそう!
外人のノリには多分ついていけないだろうけど。

と、いうわけで、ドリモグダァズをよろしくお願い致します。

明日、忌野清志郎追悼ライブ in 渋谷にも出演されるそうです。

虹 무지개 彩虹

昨日の夕方、夕食の買い物から帰ってきて、ベランダに出たBy Kyokoが、突然叫んだので

また、何か落としたか、ぶつけたかしたのかと、飛んでいったら…………..

img_1249
 

 

西の空にきれいな虹がくっきりと架かっていました。よく見ると二重に架かってる Rainbow

 

 

何年ぶりに見ただろう、身近なところで、身近な人と、小さな、でも最高のひとときでした。

 

 

 

これから世界を旅行して、たくさんの刺激が待ってると思いますが、小さな幸せを大切にしていきたいです。

By Hiroshi

第6章

見てきました、ハリーポッター 謎のプリンス(Harry Potter and Half-Blood Prince)の映画 Kirakira

ネタバレありますので、知りたくない人は読まないでね Green Kinoko


やっぱりあれだけ長い本を凝縮しているので、ストーリーは物足りないし、
本を読んでないとわからないこともたくさんありましたが、
もうそれはハリポタ映画の避けられない宿命なのでしょうがない…

でも、映像で見られるのはやっぱり素敵Film

オープニングシークエンスが最高にかっこよくて、
Death Eater達がロンドンを飛び回るのですが、躍動感とスピードあふれる映像でした。
スラグホーンの家を訪ねるシーンも楽しかったですね、魔法!という感じで。


Pensieveを通して、ヴォルデモートに関わる過去の記憶を見るところでは、
墨が水の中に落ちて行って、それが建物や人に変わっていく映像がとても印象的でした。
エンドロールもオフィシャルサイトもその手法で統一されてますね。

べラトリクス(マルフォイの叔母さん)を演じる
ヘレナ ボナム カーターが最高にハマってて、悪役ながら大好きです。
今回も活躍してましたYes

あとはルナも好き。あの女の子はとてもいいと思います。

原作にあった、Apparation(日本語だとなんて言ってるんだっけ?)の練習とか、
その辺がもう少し見たかったので残念。
ヴォルちゃんの子供時代のことももう少し描いてほしかったなぁ。

あとスネイプがなぜ謎のプリンスなのか、あれだと全くわからないですよね。
最後に、「俺だ」って自分でカミングアウトして終わりなんてひどーい。

ダンブルドアが死んでしまうところでは、わかっていても
やっぱりショックでした…。なんでこんなに悲しくなるのでしょうか。
それだけ、ハリポタの世界に入り込んでしまいました。

映画館のスクリーンで見ると、別世界に行けるから、とても好きです Frog Smile


やっぱりハリポタは最高Bikkuri
もう一度原作を読み返して、最終章に備えていきたいと思います。

死の秘宝の映画は、二つに分けるみたいですね。
そうしないと難しいですよね、長いし。

7巻で、私が一番泣いてしまった、ドビーのシーン…
あれを映像で見るのは辛いかもしれない… Cry

でも早く見たいです。
マニアックでごめんなさい。

By Kyoko

餃子でワイワイ

豪華なディナーの翌日には、大成功に終った結婚式二次会の幹事 を
務めてくれた友人達を自宅に招いて餃子パーティー。

img_1193


昼間からビール片手に、みんなで餃子を包んで、焼いて、騒ぎまくって、
とても楽しかったです!

シュウマイと餃子、おつまみをもりもり食べました。
シュウマイを蒸しすぎて、皮がべちょっとなってしまったのですが、
味はおいしかったSmile Cookpadで見つけたレシピですが、
貝柱の缶詰を入れるんです。

ちゃんとした写真をあまり撮ってなかったみたい…。

二次会の準備は、幹事のみんなが本当に色々とやってくれて、
話を聞いてみて、大変なことお願いしちゃったなーと思うと同時に、
笑顔でやってくれたみんなに改めて感謝でしたBikkuri

ちなみに、二次会をやった会場は、麓屋というところ。
モダンな雰囲気で、おそばがおいしかったです。

Satoshiくんが、とっても素敵なプレゼントをくれましたFrog Grin
カスタマイズしたスニーカー。

img_1241


By Hiroshiのための、世界に一足しかないスニーカーです。

側面の赤と、黄色(ナイキマーク)は中国の国旗の色、
つま先の青は韓国の国旗、そしてピンクは、
By Hiroshiの出身地 上尾のイメージマーク”アッピー”から取ったそうです 笑。

そして、よーく見ると、”I Love Kyoko”と入っているのわかります?

これをはいて、世界一周に行きたいと思います。
ますます楽しみになってきたね。

Satoshiくん、みんな、ありがとう!!!!!

By Kyoko

贅沢な夜

By Hiroshiのおじさまにいただいた結婚祝い。
なんと、高級フレンチレストランのお食事券でしたfork

早速行って参りました、クレッセント

img_1142


こんな贅沢は最初で最後かもしれない…。
とっても素敵な建物、サービスとお料理を堪能しましたKirakira

まずは、夏みかんと桃のピューレが入ったシャンパンで乾杯Heart1
さわやかな食前酒とおいしいおつまみで気分が高まります。

 

 

そして、アミューズは、タスマニア産 牡蠣のゼリー寄せ

img_1144


牡蠣の旨味と、きゅうりのシャキシャキがさわやかでお上品な一品。

 

 

 

続いては前菜。ブルターニュ産 オマール海老と夏トリュフのサラダ仕立て

img_1147


海老がおいしい!そしてソースが絶品。
海老の爪の身をパートフィロに包んであげたものが横に添えられていて、
これがまたおいしかったです。

 

 

冷製コンソメとヴィシソワーズ

img_1149


オーソドックスですが、おいしい。
ヴィシソワーズはジャガイモの優しい甘み、コンソメは濃厚なビーフ。
別々でも一緒に食べても、ホントおいしーーー。

 

 

 

蚫のフォンダン ベアルネ風のジュ

img_1152


蚫がもっちりやわらかくて…
付け合わせのウイキョウがおいしかった!こんな風にして食べたの初めて。
スパイスだとばかり思っていました。

 

 

お肉料理は二つから選べるのですが、迷っていたら、
どちらも半分ずつ用意してくれました。ウッヒッヒ。

北海道白糠産 仔羊料理 と、黒毛和牛フィレの炭火焼と温野菜

img_1156


おいしー。肉はもちろんですが、付け合わせのカブがおいしかったー。

 

 

デザートは、木苺とキャラメルアイスクリームのシュクセ

img_1165


木苺の酸味、アイスの甘さ、苦み、メレンゲのサクサク。

 

お腹いっぱいでしたが、プチフールとコーヒーで締め。
せっかくなのでプチフールも頑張って食べました。
焼きたてのマドレーヌ …幸せ。

img_1167


マカロンと、真ん中にあるのはホオズキトマトという変わったもの。

img_1168


もう食べられない…と少し残してしまいましたが、マドレーヌを包んでくださり、
なんとお土産のジャムまでいただいて、大満足して帰りました。

お店の中が暗かったので、うまく写真が撮れませんでしたが
(一眼レフをまったく使いこなせてない…  Sweat
雰囲気はわかっていただけるかと思います。

お腹がいっぱいで苦しかったので、近くの東京タワーまでお散歩して帰りました。

img_1180


夫婦になって初めての外食(阿佐ヶ谷以外の場所で)は、一生の思い出となりました。
こんな素敵なプレゼントをくださったおじさまに感謝!!!

By Kyoko

ちょっとしたこだわり

そんなこんなで準備ができました。
結婚式当日には紹介できなかった、密かなこだわりをこの場を借りて発表(?)します。

お花。

お花はヒマワリで統一していたのですが、これは、夏だし、
元気なイメージだし、いわゆる白い”結婚式っぽい”清楚なお花ではなく、
よりBy Kyokoっぽいお花、ということで選びました。

独身最後の勤務日、会社の同僚がサプライズでお祝いをしてくれて、
その時にもらった花束もヒマワリでした。
By Kyokoさんっぽかったから…」と選んでくれて、なんか嬉しかった。

しかし、もう一つの記念のお花もあったのです。

ネットで調べたところ、私たちのであった6月29日の誕生花は
アガパンサス。花言葉は「恋の訪れ」。
ギリシャ語で”愛の花”という意味を持つこの花、なんだか結婚式のどこかで使いたくて、
メインテーブルの装花に入れてもらいました。

hiroshikyoko-wedding-005


そして、フルーツStrawberry

アプリコットとさくらんぼをデザートに入れてもらえるかかけあってみたところ、
ウエディングケーキにしてくれました。

アプリコットは、私の名前から。
さくらんぼは、去年二人でさくらんぼ狩りに行った思い出と、
小さい時私の誕生日にお母さんがさくらんぼののったバースデーケーキを
焼いてくれた思い出に由来しています。

hiroshikyoko-wedding-168


ちょっとわかりづらいですが、オレンジと赤がご覧頂けると思います。

あと何かあったかなー。
あとは、しつこいようですが、やっぱり「山よ」にこだわってましたかね 笑。

By Kyoko

BGM

たくさんの写真をスキャンしてCamera
やっとプロフィールビデオが完成したと思ったら、
今度はBGMを考えなくては。

Onpu2

これがなかなかの難関でした。

というのも、私たちにはいわゆる”思い出の曲”がほとんどなくて、
唯一の思い出の曲はふざけた曲で、ちょっと結婚式には…Silly

 

でも、私は、絶対に自分の結婚式のBGMに使いたいと決めていた曲が二曲だけありました。
そこで、それを組み込みつつ考えていくことにしました。

 

少しだけご紹介します。ちょっくらYouTubeのリンクはってみました 。

 

 

Kirakira挙式時の曲Kirakira

Onpu 新郎入場 〜 ”Here comes the sun” by Rockapella
   Beatlesの曲ですが、アカペラバージョンを発見したので、そちらにしました。
   当日晴れたからよかったけど、雨だったらむなしかったかも…
Onpu 新婦入場 〜 ”The Luckiest” by Ben Folds
   これこそ、私が一番使いたかった曲。大好きなBen Foldsの最高の曲です。
Onpu 新郎新婦退場 〜 ”Stand by Me”
   二人とも好きな曲だったので。映画も好き。
   オリジナルではなくR&B(ラップ?)っぽいのにしました。

 

 

Kirakira披露宴時の曲Kirakira

Onpu 新郎新婦入場 〜 ”This Love” by アンジェラ アキ
   ベタですが、声とピアノが気に入ったので。
Onpu  乾杯 〜 ”You and Me Song
   Romeo+Jullietのサントラで、なんかかわいかったので。
   乾杯はうちのおじいちゃんにお願いしました。
Onpu  プロフィール紹介 〜 ”Volevo Un Gatto Nero
   イタリアンレストランだから、なにかイタリア語の曲も入れようという安易な考えから。
   「黒猫のタンゴ」の原曲。

 

 

前述の思い出の曲ですが、これは、二人が始めて一緒に見たDVDなんです。
「茶の味」という映画に出てくる、「山よ」というなんともすごい曲。
ちょっと(かなり?)あやしいので迷いましたが、やっぱり私たちらしさを出すために、映像も一緒にDVDで流すことにしました。


お色直し(というか、髪型を変えるだけ)の間に、楽しんでいただくことに。
賛否両論でしたが、古くからの友人は私たちらしいなと感じたそうな。

 

Onpu 再入場 〜 ”小さな恋のうた” by MONGOL800
   「山よ」の後に上映したプロフィールビデオの最後の曲がこれだったので、そのままの流れで。
Onpu ケーキ入刀 〜 ”Let’s Stay Together” by Al Green
   大学時代の思い出の曲。仲良しの友達とよく聞きました。
   Pulp Fictionのサントラにも入ってます。
Onpu 手紙朗読 〜 ”秋桜” by 山口百恵
   母の大好きなさだまさし作詞作曲。
   二次会のサプライズでもらった母からの手紙にもこの曲のことが書いてあってビックリしました。
Onpu 退場 〜 ”笑えれば” by ウルフルズ
   最後に笑えれーばー ワハハと笑えれーばー

 

 

茶の味、見てくださいHeart2

By Kyoko

山盛り香菜(パクチー)

今日の夕食は、

 

「ゆで豚のポッサム風八丁味噌添え」img_11371
 

ポッサムはゆで豚を白菜に包んで、コチュジャン、ニンニク、キムチなどをそえて食べる韓国料理です。

 

韓国の友人達と床で円になって食べたことを思い出す。

 

 

「山盛り香草と焼き海苔のサラダごま油ドレッシング」img_1135
 

香草好きの二人。部屋中鮮烈な香りにつつまれて、学生時代、このパクチーとナンプラーの香りが忘れられず何度もタイに行ったことを思い出しました。

 

 

 

「ポテトとしめじのスープ」

ゆで豚の煮汁なので豚肉のだしがさいこーにうまかった。

「夏はやっぱりゆでとうもろこし」

あまくて、ジューシーで夏を満喫。

img_11394



「さくらんぼ」奮発して佐藤錦

 

今年はさくらんぼ狩り行けなかったなぁ。

 

ちなみに俺が作ったのは、食前に飲んだ、「バナナシェイク」のみです。Eek!

 

 

By Hiroshi