Archive for December 25th, 2009

上海で家探し

本日からBy Hiroshiがお仕事なので、本格的(?)に主婦デビューしたBy Kyokoです。
私が主婦だなんて! 
なんかちょっと照れます  …そしてなんかちょっと手持ちぶさた。


でも、また明日から忙しくなります。
明日はついに新居へお引越しなのですHome


職も家もない状態で中国にきて一ヵ月半、
やっと、「生活」を始めることができそうです。
引越ししたら、色々買い揃えたり、お掃除したり、
やることがたくさんあるので楽しみですOnpu2
学校も探さなくてはBikkuri



さて、こちらの家探しは日本よりもかなり疲れました…
By Hiroshiがダウンしていたこともあり、
何か私にできることはないかと、日本語や英語のサイトでも
物件を探したり、問い合わせてみましたが、
予想どおりめちゃくちゃ高い!!!


ので、やっぱりローカルの不動産屋さんとの
やり取りが必要となります。
熱でボーっとしながらもBy Hiroshiが頑張ります。


中国ではほとんどの場合、内見の際に不動産屋さんだけでなく、
房東(ファンドン、大家さん)も立ち会う習慣があるようです。
そのため、大家さんのスケジュールのせいでお部屋が見れない
ということが何度もありました。
もしくは、内見の約束をしていても、
「房東に急に予定が入った」とキャンセルされることもGa-n



なんて非効率的なシステムなんでしょう…Punpun

でも、このシステムのいいところは、
家賃や条件の交渉をその場でできること。
日本では家賃をまけてもらう、とかできないですもんね。


そんなこんなで、家探しは非常にストレスフル。
不動産屋もなんかテキトーな感じだし、言ってることも
どこまで本当なのかわかりません。

インターネットにのっている物件情報も
写真や間取り図がないものが多く、
あっても本当に存在する物件なのかがあやしいところ。


実際に見に行っても、日本のように間取り図をくれたり、
そんな親切なサービスはありません。



でも、長く住む家のことなので、こちらも真剣。

色んなところへ行って疲れましたが、ようやく決まりましたKirakira




これから子育てをすることを一番に考え、
やはり静かな環境を重視しましたClover
中心からは少し離れた場所ですが、その分
広めのお部屋を借りることができました。
上海へお越しの際は、ぜひ泊まりにきてくださいPeace



こちらの借家は家具付なので、それが嬉しいところ。
(その分、変なデザインの家具が置いてあることも。)

お部屋を決めたら、その場ですぐに契約。
敷金1か月分を支払うと、
「明日お部屋の清掃をして、足りない家電も買っておくから、
明後日から住めるよ」とのこと。
このスピードがすごいですよね。


敷金といってもデポジットのような感覚で支払うものだし、
もちろん礼金なんていりません。
また、日本と違って「勤務先」や「年収」を
問われることはありません。

人と人のつながりを重視する中国ならではでしょうか。

他にも色々な経験ができた、かなりディープな家探しでした。



あとは、大家さんがちゃんと冷蔵庫とかを
買っておいてくれてるといいんだけど…
そして実際住んでみて、お部屋に変な欠陥がないことを祈ります。




二人で過ごす最後のクリスマスは、荷造りで終わってしまいそうですが、
どのみち街の雰囲気も全く盛り上がっていないので、
旧正月にはしゃごうと思います!


来年はどんなクリスマスになるのかな。
三人で楽しくお祝いできますように。



みなさまにもメリーStarクリスマスTree


By Kyoko