Archive for January 9th, 2010

おめでとう!男は30から。

連続アップしちゃいますPero
一つ前の話題がちょっと退屈でしたので、ここでおめでたい話題を一つ。

IMG_2652

Shinくんが30歳になりましたClover
バースデーパーティーの場所はOrganというおしゃれなカフェバー。

IMG_2631

お誕生日の前日の夜からパーティーは始まり、
日付が変わった時点でシャンパンが開けられ、ケーキが登場するCake、という粋な演出。



クッキーを無理矢理食べさせられても、ハイボールを一気させられても
笑顔と気配りを決して忘れないShinくん。
たくさんの人たちがお祝いにかけつけました。本当におめでとう!!!!! 

IMG_2692IMG_2654

そして安産お守りありがとう。とてもとても嬉しかったです。

By Kyoko





ビザのこと

私たちが中国に来てから2ヶ月以上が経ちましたNiko
かなり濃い2ヶ月でしたが、お陰様で徐々に軌道に乗ってきている感じです。


さて、「こいつら、ビザとかどうしてるんだろう…」と
心配してくださっていた心優しい方もいるかもしれませんので、
一応記載しておくことにしました。
ちょっとつまらない話になりますが、参考になることを願います。


まず、日本のパスポートを持っている人は、
2週間までノービザで中国に滞在することができます。
普通の旅行者であれば、特にビザの必要はありません。


2週間以上の滞在には、もちろんビザが必要です。
By Hiroshiの仕事が決まったので、ようやく就労ビザを申請できます。
(私は配偶者ビザ。)


就労/配偶者ビザがおりるまでは、Lビザという長期旅行者用のビザにて滞在しています。
Lビザは一ヶ月有効なので、By Hiroshiも私もそれぞれ二回申請しました。


Red Appleビザの申請方法。
まず、パスポート、外国人住所登録票、写真1枚 を用意します。
(※外国人登録というのは私が勝手に意訳したもので、正式には
「境外人員臨時住宿登記単」というものです。
外国人が中国国内に滞在する際、最寄りの交番にて登録することが義務づけられています。
登録の際にこの登録票を発行してもらえます。)



用意した書類を持って、上海市公安局出入境管理局へ赴きます。
Train2号線 上海科技館駅の3号出口からひたすら歩きます。
道にはサインが出ているので比較的わかりやすいです。


ちなみに、管理局の一階にも写真を取ってくれるコーナーがあり、気軽に利用できます。
6枚の証明写真で25元。一応カメラマンがパシャっと撮ってくれますCamera



外国人のビザ申請用のフロア(確か3階)に行き、順番札をもらいます。
待っている間、申請書に記入をし、住所登録票のコピーをします。


コピーコーナーがフロアのはじっこにあり、1枚0.5元でコピーしてもらえます。
また、出来上がったビザ(とパスポート)を郵送で受け取りたい人は、
同じ場所で手続きができます。
また取りに行くのはめんどくさいので、郵送を申し込みますMail2
上海市内なら、住んでいる場所によって25〜27元くらい。


自分の番号が電光掲示板に表示されたら、窓口に行って
書類を渡します。上記のコピーは管理局にて保管するらしく、
原本は返してくれます。



そして後日パスポートが家に届きます。
その際、引き換えにビザの代金160元を支払います。
以上、ちょっとめんどくさいですが、そんなに複雑ではありません。
長期旅行を考えている方は、ホテルに届けてもらうことも出来るはずです。



というわけで、現在は就労ビザ申請中です。
手続きは会社がやってくれていますが、日本でも手続きが必要なので、
今日からBy Hiroshiは日本へ一時帰国しました。
私はお留守番ですが、長いショッピングリストを渡しておきましたPresent


By Kyoko