Archive for January 18th, 2010

ついに判明。

今日は少し暖かい陽気の上海よりお届けいたします Mail2



なぜか私は昔から、自分が出産する夢を見ることが何度もありました。
妊娠してから今まで、出産する夢を2回見ましたが、
妊娠前よりももっとリアルな夢でした。



2度とも、夢の中で生まれた赤ちゃんは男の子でした。







そして、







その夢は正夢だったのです。



Kirakira Sekai男の子ですKirakira





私は一人っ子だし、小さい時からのお友達も女の子がほとんど。
中高は女子校に通い、社会人になってからも女性の割合の多い職場の
「女の園」的な部署で働いてきました。


そんな女系人生(?)を送ってきた私から、男の子が生まれるなんて!
なんだかビックリですけど、新しい人生のひとコマは全く違った色合いになりそうだなぁと
今から楽しみでもあります。
どんな子になるのかな。最近はかなり元気にポコポコ動いてます。



—————————————————————————-
【by By Hiroshi

By Kyokoには、俺みたいなのが二人もいたら面倒見切れない!!
と言われてましたが、男の子と聞いて、うれしかったです。
海外でたくましく育ってくれるかな。

なにより、今は無事に生まれてきてくれることを祈ってます。

—————————————————————————-



さて、中国に来る前に買った/もらった妊娠や出産に関する本はほとんど、
後から送る荷物に詰めてしまったのでまだ手元にありませんが、
一冊だけ持って来たのが、M下さんにいただいたこの本。

赤ちゃんの成長と母体の変化を一日ごとにまとめた本で、
今週は赤ちゃんのどの部分が成長する、とか、
母親が口にする食べ物のことで気をつけた方がいいこと、など、
幅広い情報が載っていて、とてもためになります。


未来の妊婦さんにおすすめしたい一冊です。


今回By Hiroshiが帰国中に、お友達やお兄さんからもらった本も
これからゆっくり読ませていただきたいですNiko

特に、産後エクササイズはしっかりやらなくっちゃ!

先輩パパママには、本当に親切にしていただいて、
感謝でいっぱいです。


初ベビーグッズ、かわいいスタイもいただいて
どうもありがとうございましたDuck1

By Kyoko


日本で癒され

就労ビザ取得の為、一時帰国、昨日無事上海に戻ったBy Hiroshiです。


今回は、安くて便利な上海航空の虹橋〜羽田空港のチケットを利用しました。
虹橋空港は、浦東空港に比べ町の中心にあり、自宅からもタクシーで30分ほど
東京でいうところの、羽田と成田。ソウルでいうところの金浦と仁川空港みたいなものです。

そして羽田に着いてモノレールからの車窓。工事現場さえも整然として、おもちゃの中の世界みたい。
この日本の秩序には癒されるけど、
上海の町中工事だらけで砂埃と騒音と活気のあるカオスも好き。

電車を乗り継ぎ、実家に無事到着。夕食は小さい頃からよく行っていた、おそば屋で家族団らん。
畳と囲炉裡と床の間と切り株のテーブル、昔ながらの日本家屋と甥っ子たちに癒されました。

IMG_2713IMG_2729


次の日は、買い物。かっこいい、かわいい服を見始めたら、もう止まらない。スパークリング!!
By Kyokoに怒られそうだけど、久々だしまあいいかと、普段の「人民元」感覚も忘れ、たくさん買っちゃいました。


そして、今回の帰国の目的は、もちろんビザ取得ですが、密かな副題として、
”みんなの赤ちゃんに会おう”を掲げてみました。


昔から変わらない友人と、隣にいる初めて会うかわいい笑顔の赤ちゃんと
昔の思い出話に大笑いし、出産や育児の話に感心し、
不思議で楽しい有意義な時間を過ごさせてもらいました。

IMG_2745

IMG_2767IMG_2802
前半はこうして、健全な生活でしたが、
最後はやはり、飲み会が続き
上海留学仲間、大学の仲間、中学の友人と、
語り、大いに騒ぎ、
こういう時間を過ごしてるとき、「日本に帰ってきたな」と感じます。

IMG_2782



今回短期間でしたが、大宮、市川、六本木、武藏小山、新宿、吉祥寺と巡り、IMG_2807




最終日は渋谷で、大学時代の友人satoshiおすすめの沖縄料理屋はいさい










IMG_2812 センター街とはおもえない、こじんまりとして、いい雰囲気のなか










畳の上でおいしいご飯を食べて、このまま帰宅というところで、







遅れてきた友人kiyoのせいで、帰らず、男4人、そのままカラオケ、久々の朝までコース。



もう若くないので、しんどかったけど、思う存分はしゃぎました。




By Hiroshi