Archive for April 23rd, 2010

アイさんをどうするか

今日の上海では、やっとお日様を拝むことができましたSun待ってたよ〜。



Sekaiが男の子だったら絶対に買おうと決めてたのがこれ。

別になくても全然困らないものですが、あったらかわいいかなと思って
アマゾンでスカル柄 Skeleton のをゲットしちゃいましたHeart2
どのくらい使えるのかはわからないですが、ちょっと楽しみですKirakira




出産準備にあたり、一番悩んだのがアイさん(お手伝いさん)のこと。
中国では人件費が安いので、お子さんのいる日本人家庭ではアイさんを雇っている人も多くいるようです。


出産前後は何かと大変だし、家事を手伝ってくれる人が来てくれたらどんなに助かるか!
せっかく外国にいるので、雇ってみようかなと思い、色々と調べてみましたSearch


その結果わかったこと。

アイさんにも色んな種類(っていう言い方は変か?)がいて、
まずは家事手伝いの方、月嫂さんという助産師などの資格を持った産後ケア専門の方、
などなど、こちらの需要に合わせて選ぶ必要があるようです。


まずは、月嫂さんについて。
色んな人に聞いたり、調べたところによると、
本当に赤ちゃんとお母さんの世話しかしない=他の家事はしてくれない そうです。
しかも、赤ちゃん&ママと同じ部屋で一ヶ月寝泊まり=パパは別の部屋に追い出される そうです。

専門知識をたくさん持っていて、子育てのことなど色々ご存知なのでしょうが、
やっぱりずっと一緒の部屋というのは…嫌かも。
By Hiroshiもパパ別室の話を聞いて、「え〜〜」と泣きそうでした 笑


子育ては自分でなんとかするから、体調が回復するまで、
家のこと(掃除や洗濯)をやってもらえた方がやっぱりいいな〜と思い、
雇うとしたら家事手伝いのアイさんにしようと決めました。


でも、やはりトラブルも多いようなので、信頼のできる方、
そして安心して任せられる方を探さなくてはいけません。
しかも習慣の違いがあるため、人によっては、トイレの後手を洗うとか、
毎日お風呂に入るとか、床と食卓は別の雑巾で拭くとか、
そういうことも教える必要があるそうで… Talk to the Hand


日本人or外国人家庭で以前にも働いたことのある方だと、
そういうこともわかっているから、通常は日本人に紹介してもらったりすることが多いみたい。
例えば、帰国が決まったご家庭のアイさんを紹介してもらうとか。


または、知り合いの中国人に紹介してもらったり、
同じマンション内の家庭同士で同じアイさんをシェアしたり、という手もあるそうです。
家の近くに家政服務公司というアイさん斡旋オフィスもあるのですが…
うーん、ちょっと無理かもBikkuri



色々聞いて回ったのですが、なにせ私たちの住んでるところはあまり日本人がいない…。
mixiでも聞いてみたりしましたが、今回はいい結果が得られず。
同じマンション内といっても…知り合いといえばお向かいさんだけだし、
お向かいさんに聞いたら「そんなの私がやるから大丈夫!」と言われそうだし…Tara


もちろんアイさんにも色んな方がいるでしょうけど、
私は中国語にも自信ないし… 家事も私のやり方でやってくれるのか…
「重曹なんて時代遅れだ。なんでそんなの使うんだ」て言われそうNamida



検討の結果、今回は見送ることにしました。
だって、日本ではみんなお手伝いさんなんて雇わずに子育てしてるんだからね。
本当はアイさんと中国語の練習もしたかったんだけど Snail


自分の親や親戚が近くにいないので、その分だけ少し大変なこともあるかもしれないけど
また、どうしても必要だと思う時がきたらその時考えます。


By Kyoko