Archive for August 20th, 2010

迷惑電話撃退法

何度も繰り返しますが、私は中国語ができません。
でも中国にいるので、当然中国語で電話がかかってきます。


誰からかかってくるかというと、

ほとんどがセールスの電話(多分)。
主に赤ちゃん用品とか保険とかのセールス(多分)。


ごくたまに、本当の間違い電話もありますが、稀です。



このセールスの電話は本当にタチが悪いです。
だって、私の名前、出産した病院、出産した日付まで知ってるんです。
病院から個人情報が漏れまくってます…中国だからね。


出産前にはそんなに電話もかかってこなかったのですが、
出産してから急にかかるようになりました。


最初は、何言ってるかわからないし、「宝宝がどうのこうの」と言われるし、
私の名前まで確認してくるし、
「今日で宝宝が生まれて何日目ですね」とか言うし、
なにか大事な電話なのかと思って心配になることもありましたが、
最近になってようやく、そんな心配は一切する必要がないと悟りました。


そんな電話の相手してるヒマはないのよPunpun



でも、とってもしつこいそんな電話。
どうやって対応したらいいのかいつも迷っていましたが、
ついに究極の撃退法を編み出しましたKirakira



By Kyoko 「ハロー?」

Stop  「喂?(ウェイ=もしもし?)」

By Kyoko 「ハロー?」

Stop  「喂?」

By Kyoko 「ハロー?」

Stop  「喂?」

By Kyoko 「イェス?」

Stop  「喂?」

By Kyoko 「イェス?」

Stop  「喂?」

By Kyoko 「イェス?」

Stop   「ブチッ」(電話切る音Onpu




やったーーーーーーーーーーーーHeart2
勝ったーーーーーーーーーーーーYes





気分爽快ですKyaKyaKyaKyaKya







でも、これが効かない場合もあります。
こちらが中国語できなくても構わずしゃべってきた場合には、


By Kyoko「I’m sorry, I don’t speak Chinese」

Stop「何だお前?中国人じゃないのか?」

By Kyoko「No」

Stop「すみませんでしたねー」


という場合もたまにあります。




コツは、中国語を一言も発さないこと。
「你好」「喂」「听不懂」「対」などの最も基本ワードもNGです。

そして、どういうわけか、日本語よりも英語で話した方が、
向こうがあきらめる確率が高くなります。
そして、なるべく英語もペラペラーと聞こえるように話すと、
さらにあきらめる確率が高まります。



それでもしつこい場合ももちろんあります。
そんな時は

「不要!」 と言って電話を切ってしまうのが得策でしょう。





というか、最初からそうすればいいんだけど、
“相手が切る前に電話を切ってはいけない”が体にしみついちゃってる
元サービス業です…Tara



っていうか、最初から電話に出なければいいんじゃないの?というご意見もあるでしょう。
でもね、そうすると何度も何度もかかってくるんですよGa-n


おそろしや、中国。です。

By Kyoko