Archive for November 20th, 2010

おばちゃんの襲撃 秋の陣

Halの歯がちょこっとだけ生えてきましたKirakira
最近色々しゃべっているし、少しなら一人でも遊べるようになってきたし、
本当に成長が早いものですね。
もう、すぐに座れるようになっちゃうんだろうな。
早く家の中の安全対策をしなくっちゃ…とあせり始めたBy Kyokoです。



さて、毎回大反響(?)のおばちゃんシリーズ。
(私はシリーズ化したくないのにNamida



中国のマンションは、日本と構造が違うので、
一棟の一階ごとに二つしか部屋がありません。
つまり、私たちのお隣さんと呼べるのはお向かいのおばちゃん家だけ。

今日はおばちゃん家のメンバーを紹介します。

Panda一番無害なメンバー、息子。
強烈な両親に育てられたためか、自己主張をあまりしなそうな弱っちいキャラ。
見た目もなよっとしてるし、いまだに会ってもすぐにお向かいさんかどうか
判別に迷ってしまう程特徴がない。
挨拶もニーハオくらい。
年は40歳前後。お嫁さん大募集中。
ドラクエの敵に例えるなら、メタルスライム。
(遭遇する確率が低く、すぐ逃げられる。)



Hippoおじちゃん。
妻に負けないくらいよくしゃべる。
いつも爪楊枝をくわえている。
現役時代はどこかの大学の教授だったらしく、インテリらしい。
私には言葉が通じないとわかっているので
そんなに話しかけて来ないのがいいところ。
よく、飲料水をくみに行ったり、お野菜買いに行ったりしてます。
年は70歳代前半くらい。
敵に例えるなら、人食い箱。
(なんとなく、あの目が似てる!?)


Skeletonおばちゃん。
とにかく、「すごい」の一言。色んな意味で。
「上海人のおばちゃん」という液体があったとしたら、
それを丁寧に煮詰めて、濃厚に凝縮させた感じ。
見た目は、昔「オバタリアン」っていうマンガがあったのですが、
それに出てくる典型的なオバタリアンにメガネかけた感じ。
年は60歳代後半かな。
敵に例えたら、もちろんラスボス。




先日のこと。
お天気がよかったので午前中にお散歩へ行くことに。
ちょうどアイさんが来ている時間帯だったので、
近所をちょっとだけ散歩。

Halは眠くなってしまい途中でぐずったので、
抱っこしながらベビーカーを押して帰宅。
お昼寝したいみたいだったので、手を洗ってから
寝かしつけようと、Halをリビングのカーペットへ置き、
私は洗面所へ。


Halの泣き声が聞こえる中、急いで手を洗っていると…


あれ?



なんか聞き覚えのある声が聞こえてくるような………




もしかして…おばちゃんの声かしら???Orooro




あわててリビングへ戻ると、
なんとおばちゃんがHalを抱っこしようとしているまっただ中Ga-n


えーーーーーーーー、いつの間に、人の家に勝手にあがったんですか!?




っていうか、せっかく眠そうなHalだったので、すぐに寝かしつけたいのに。

おばちゃんが抱っこすると、Halがめちゃくちゃ泣いてくれたので
(Good boy~~~~ Hal!!!!)
すぐに奪回成功。


「宝宝想睡覚」と言って、暗に「静かにしてほしい。帰って欲しい。」と
伝えたつもりだったのですが、まったく伝わらず 笑。


「いつ日本から帰って来たんだ?」とか、
また色んなことを言われ、
「わーず わーず」と言われ、
家の中を物色され、
ハルのおもちゃまで「これは何だ?」といじくられ。

アイさんにも何か話しかけ(何言ってたのか不明)
ものすごく冷たくあしらわれていました。
(アイさん!その技、私にも教えてよー)



私も、勇気をふりしぼって、
すごく迷惑そうな顔をしてみました。



そして、しばらくすると、ようやく「ゼーウェイ」(上海語の”再見”)と言いながら退散。



はぁ。
アイさんも「なんで勝手に入って来たんだ」と
めちゃくちゃビビってました。



ホント、なんで?
赤ちゃんの泣き声を聞きつけたからって、
その家の人がドアを開けたわけでもないのに、
勝手に開けて、しかも誰も出迎えてないのに、
勝手にあがりこんでくるって、どうなの?


アイさんも不思議がっていたくらいなので、
中国だから、というわけではなさそう。
やっぱりおばちゃんならではの行動なのですね。



いくらなんでもこれはやりすぎ。
今度、By Hiroshiから、勝手にあがるのだけはやめて欲しいと
伝えてもらいたいと思っていますが、果たして成功するかどうか。


では、また次回まで、ゼーウェイ!


By Kyoko