Archive for January 19th, 2011

自己申告制

突然ですが、上海で暮らしていると「自己申告制」が多いです。

例えば、ローカルのラーメン屋さんで买单(お会計)する時Udon
「何を食べたんだ?」
「これと、これと、これ。」
「じゃあ、何元だ。」
とか。


結構お客さんを信用してくれるし、お客さんも変なごまかしはしない。


バスに乗る時も、始発のバスは運転手が出発ギリギリにならないと来ないので、
みんな勝手に乗り込んでいるのですが、みんなちゃんと交通カードを「ピッ」と
必ず支払いをしています。
運ちゃんが来てからもいちいち確認はしないで出発するので、
タダ乗りしようと思えばすぐできるのに、しない。

バスがすごく混んでて「ピッ」ができない時でも、降りてからわざわざ払ったり、
他の乗客にカードを渡して、代わりに「ピッ」してもらったり。

あ、ちなみに私はタダ乗りしたことあります…Tara



話は変わりますが、こちらは”Buy 1 Get 1 Free”も多いです。
中国語だと「买一送一」。
昨日の日付の牛乳に、ヨーグルトをおまけでつけてくれたりする
おまけ付も多い。


先日家乐福(カルフール)へ行った時のこと。
いつも飲んでる安い赤ワインが「买二送一」だったんです。
これは買わなきゃ!と思ったのですが、
普通こういうときって、买二送一と書いたテープがグルグル巻きにされてるのに、
なぜかテープなしで販売されてる…。
売り場のお姉さんにテープつけてもらえるか聞こうとしたけど、
もちろんそんな語学力ななし…。
代わりになぜか19元の王朝紅酒(Dynasty Wine)をすすめられる始末。


しかたないので、ワインボトル三本をカゴにいれてレジへ。


レジのお姉さんに「このワイン买二送一だから!」と伝えたら、
お姉さん、なんの確認もせずに一本タダにしてくれました。



嬉しいけど…大丈夫なのかな。
ローカルの店なら自己申告制でもわかるけど、
こんな大きなスーパーでも、何の確認もなく客の言うことを鵜呑みにしていいの?
って、どうでもいい余計な心配をしてしまいます。
ここでも自己申告制が根付いていました。



そして、私も、中国語でお買い物できるようになったわ、
な〜んてちょっぴり思った一日でした。
でも、「テープなくても大丈夫なのか?」くらい言えるようにならなきゃね…


By Kyoko