Archive for March, 2011

日本在住ママ 中国へ避難

昨日いつもの通り小区をお散歩していると、
遠くから「おはよー おはよー」と呼びかけてくるおばあちゃんが。

よく見るとおばあちゃんの娘(ママ)、そして孫(1歳)も一緒にいたので、
お話してみると、そのママとベビは日本に住んでいて、上海が実家だということ Home
今の状況が落ち着くまで上海に避難してきたというそのママは、
もう日本に10年以上住んでいて日本語ペラペラ。
中国の子育てについて、変だ!と言っていました 笑



そして今日そのママと一緒にいたのは、また別の避難ママ。
彼女には双子の女の子がいて、旦那さんはアメリカ人。
これまた10年以上日本に住んでいるのだそうです。


上海が地元の彼女たちに、近くの病院の情報とかを
色々聞かれて、教えてあげるのがなんだか変な感じ。
上海での子育てにおいては私の方が先輩だからね 笑


「なんか中国の赤ちゃんって大きいよね!?」と
ビックリする上海人ママと会話するのが
すごく楽しかったです。


あと1~2ヶ月こちらにいる予定らしいので、
日本と中国の子育て情報を交換したいです。


避難してきたのはいいけど、中国は中国で、水やら空気やら農薬や成長ホルモンや、
危険がいっぱいなのにね…笑

By Kyoko

One Fine Day

もう10ヶ月になったHalです。
ぼくの ある いちにちの きろくSun



おはよう。

まだねむ〜い。


あさごはんをたべたら おさんぽ。

おてんきがいいから おともだちと あそべるな。

ヤンヤン兄ちゃんは いつもげんきだな

ユーユー姉ちゃんと おてて つないだよ

ベンチだって ぼくにとっては りっぱなおもちゃ


おひるごはんは どりあだ〜fork


おひるねして またまたあそぶよ

ママなにしてるの?

いっしょに あそぼう

かたてでも へいきさ


たくさんあそんで おなかすいたら ゆうごはん。
たくさんたべたら はをみがいて、だいすきな おふろ。


はー いそがしい いちにちで つかれちゃったよ。
おやすみ。

Hal



チャリティーバザー開催報告

先日お知らせしたチャリティーバザーに参加してきました。
とてもいいお天気に恵まれ、小規模ながらも大変楽しいバザーとなりました。


我が家には、とても人様に買っていただけるようなものが
残念ながらなかったのですが、何か出品したいと思って、
へたくそなクッキーを作っていきましたCake1

中高の時、学校で毎年クリスマスバザーをやるのですが、
一人手作りのものを一品出さなくてはいけなくて、すごくかったるかった思い出があります…笑
当時は毎年手編みのマフラーを出品していて、買ってくれた後輩が後日使ってくれているのを
見てすごく嬉しかったことを思い出しました。
話が突然それましたが、そのバザーでもやはりクッキーが人気だったことを
思い出して、今回作ってみたのです。

あまり貢献はできなかったけど…


前日、朝の3時まで飲んでいたにもかかわらず、眠い目をこすりながら
来てくれたご家族にも感謝 (byBy Hiroshi
せかいどんぶりを見てご連絡くださり、救援物資を届けてくれた方にも感謝Kirakira


そして、今回このようなバザーを開催し、
私たちにも手伝わせてくださった寛大な「上海みなえみ会」の皆様へ感謝Heart2


今回の売り上げは、5809元、募金は1832元が集まり、
全て領事館の義援金受付へ持っていったそうです。



私はずっとチャリティーとかそういうのが苦手だったけど、
今回勇気をだして参加してみて本当によかったです。

義援金の額は、被害金額に比べたら些細なものだけど、
みんなで楽しく過ごせた結果、少しでも役にたてたとしたら、
それは本当に素敵なことだと思いました。


バザーで買ったおまるを早速使いたかったのですが、
今日はHalがちょっと下痢気味だったので、
また今度Bikkuri



By Kyoko

まほうのことば?

まだ風は冷たいですが、少しずつ春らしくなってきました。
うちの小区内でも蝋梅や椿、モクレンが咲いています。

日本でも、もう少ししたら桜が咲くことでしょう。
散っても散っても毎年美しい花をつける日本の花は、
被災者の皆さんの心を癒してくれるでしょうか。

TulipTulipTulipTulipTulipTulipTulipTulipTulipTulip

少し暖かくなったとはいっても、まだまだ中国の宝宝たちは、
パンパン星人です。

そして、周りの方たちの「薄着だ」「手が冷たい」攻撃も休まることを知りません。
最近はHalの手を触って温度を確かめ、「手冰冰了」(ショウビンビンラ〜)と
言われることが多いので、”ビンビン攻撃”と名付けました。


以前seicoさんに「薄着が習慣だから、と言えば納得する人が多い」と
教えてもらったことがあります。

中国ではこの「习惯」がとてもよく使われます。
例えば、うちのアイさんに「コーヒー飲みますか?」と聞いたら、
「飲まない。不习惯(習慣がない)だから。」と言われたり。


先日お友達とIKEAへ行ったときのこと。
カフェでご飯を食べていたら、上海人おばちゃん達が寄ってくるくる。
かわいい宝宝が二人もいて、二人とも薄着で、
抱っこ紐で抱っこしてるので、興味津々。

その中の一人に、また「服が少ない!」と言われたので、
「我们习惯了」って言ってみたんです。

そしたら!
「ああ、そうなの〜」って納得顔。
そして「私たちは着せ過ぎよね〜」って言ってました。


たった一言で説得できたこの快感。
習慣になりそうですなぁ…Kirakira



seico老師、また役立つ言い回し教えてくださいねHeart2


By Kyoko

チャリティーバザー(in上海)の告知

阪神大震災の時、私は高校生でした。
ボランティアが盛んな学校に通っていたのに、結局何もしませんでした。

911のテロが起こったとき、私は大学生で、ニューヨーク州の片隅にいました。
想像を超えたできごとにただただ口を開けて見ることしかできませんでした。

奥尻島、中越地震、様々な災害が日本全国、そして世界中で起こり、
世界では、毎日戦争やテロで命を落とす人がいる。
餓えている人も、貧しさにあえぐ人もたくさんいる。
でも、私は何もできない。


今回の地震では、自分の家族や友人も大地震を体験したというのもあるし、
自分が今その場にいないというのもあるし、
今までなにもしてこなかったという後悔もある。
だから、募金以外にも何かしたいなぁと思っていました。


そんな時にmixiで知り合った方がチャリティーバザーを開催されるということで、
微力ながらお手伝いすることにしました。

ご興味のある方はふるってご参加ください。

ただし、今回は主催者のお住まいのマンションで行うため、
セキュリティーの都合上、参加人数を事前に把握する必要があります。
出品したい方、見に来たいという方、また生Halに会いたいという方も 笑
3月24日(木)の午後2時までにご連絡をください。
コメントでも、メッセージでも、メールでも。
(→こちらからコンタクトフォームへ。)


Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy
日時 : 3月27日(日)AM10:00〜PM12:30

場所 : 古北

内容 : ①チャリティーバザー
     お家で眠っている不用品や手作り作品をご出品ください。
     当日の持ち込み可Star

     ②義援金受付(RMBもOKです。)

     ③救援物資の受付
     当面は消耗品(女性用品、紙おむつ、トイレットペーパー、
     乾電池、カイロ、マスク等)を受け付けます。
     食品は不可。
Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy Pink Candy

売上金は、上海の日本領事館を通して寄付されます。

但し、救援物資については、まだ輸送ルートや受け入れ先を
きちんと確保していないため、いつ頃どこに届けられるのかまだわかりません。
現時点ではバザーの方に重きをおいて開催されます。
なお、開封してしまった物でも大丈夫です。


今日、バザーの打ち合わせに行ってきましたが、
今のところ、食器やベビー用品、日本語の本、かわいい手作りアクセサリーやシュシュが
集まっています。

    

自分の祖国が大災害に見舞われたから、助けようとする。
そんなことをしても世界中にはまだまだ困っている人がもっともっとたくさんいる。
それでも、身近な人から助けたいという思いが無駄だとは思わない。
そうであることを祈りながら。


よろしくお願いします!!!

By Kyoko


海外から加油

上海はとてもいいお天気で、暖かいです。
被災地では気温も氷点下、雪も降っていて、厳しい寒さとのこと。
この暖かさを少しでも送れたらいいのに…


今週はBy Hiroshiが出張でずっといません。
中国国内でも、会えないだけでなんだかすごく心細いです。
行方不明の方々のご家族のお気持ちはどれほどのことでしょう。


日曜から日本に帰る予定でしたが、今回は残念ながら断念することにしました。
こんな時だからこそ、家族や友人に直接会いたいので、行こうと思っていましたが、
東京でも買い占めなどで食料やおむつが不足しているそうですし、
私たちが行くことで余計なガソリンや電気を消費してしまうのは
申し訳ないと思い、考え直しました。


今は、上海からできることを少しでも、と思います。
日本赤十字に、海外から寄付するのは難しいかと思っていましたが、
クレジットカードなどを使ってネットでもできるそうです。
今回浮いた旅費と、きっと使うはずだったであろうお金を
義援金として寄付することにしました。

上海日本領事館でも、寄付を受け付けているそうです。





今回の大地震が起こり、海外でもみなさん心配してくれています。

お向かいの強烈おばちゃんも、
地震の翌日に我が家に来て、大丈夫かどうか、様子を見に来てくれました。
近所のママさんも、わざわざ電話をくれました。
会う人会う人に、日本大変だね、大丈夫なの、と言われます。


アメリカからもたくさん励ましのメッセージをもらいました。
一番心に残ったメッセージをご紹介します。
私なんかよりこの励ましを必要としている人がたくさんいます。
少しでも届きますように。


アメリカの親友からのメッセージ(抜粋)
『I’m so sorry about Japan….
it’s heartbreaking, and I’m keeping my fingers crossed for Fukushima.
(中略)
Japan has a history of not only recovering from disasters,
but coming out stronger… I’m sure that will be the case here.
日本は、災害から回復するだけだく、より強く立ち直った
歴史があります。今回もそうであると確信しています。』

By Kyoko

心配が続く

うちは日本のテレビが見られないので、
CCTV(中国のNHKのようなチャンネル)のニュースを見ていました。
中国語のチャンネルと英語のチャンネルを行ったりきたりしても、
やっぱりよくわからない…

友人に聞いたところ、インターネットでNHKが見られることがわかり、
VPNを通してやっと今朝から見ています。

NHKを見ると、今までわからなかった細かい情報がわかり、
思った以上の被害、余震、混乱があることが伝わってきました。


関東地方はもう大丈夫なのかと思っていましたが、
計画停電、電車運休、と、まだまだ余波がおさまっていません。
そして、これから3日以内にまた大きな余震が起きるだろうとの予想があるそうです。


さきほど前の会社のお友達とチャットすることができました。
彼女は以前仙台に住んでたことがあるので、仙台のお友達とも
まだ全員とは連絡が取れていないし、
お兄さんが行方不明の方もいらっしゃるそう。


大学の先輩も福島出身で、故郷の街は壊滅的被害ということ。


そういう話を聞くと、とても人ごとではないです。


こちらでは、引き続き平和な日々が続いています。
なんだかとても変な気分です。


実は、Halと私はこの週末から日本に帰る予定でした。
昨日は、一週間あるし帰れるだろうと思っていましたが、
今日のニュースを見て、それもちょっとわからなくなってきました。
どうしようか考え中です。


Halは何も知らず、元気に笑顔をふりまいて遊んでいます。
被災者の中にも赤ちゃんや子供がきっとたくさんいるのだろうと
想像するだけで胸がしめつけられる思いです。



上海にいるので何の役にも立たないのに、
ついつい節電しています。
日本赤十字社でも義援金窓口を開設した模様。
赤十字の口座には募金できないかもしれないけれど、
日本のネットバンキングがあるので、どこかしらで
募金できるはずと思っています。
フジテレビの口座番号がわかりましたが、どこがいいかな。

By Kyoko

地震

日本は地震の多い国だとはわかっていたのですが、
こんなにも大きな地震、そして津波、原発事故…。
本当に恐ろしいことです。


金曜日はいつも通り家で過ごしていました。
何も知らずに呑気に晩ご飯の仕度をしていたら、By Hiroshiの友達ムウくんが
台湾から電話をくれました。今大変なことになっていると。


あわてて実家に電話するも、つながらず。
でも、阪神淡路大震災の時にも、祖父母の家に電話がなかなかつながらなかったことを
思い出し、一旦電話はあきらめました。
すると母から無事だとのメールが。一安心。
By Hiroshiの実家は停電になったみたいですが、みな無事とのこと。


こちらだとリアルタイムに情報が入ってこないので、状況が全くわからず、
ただただ心配し、不安なだけ。海外だとこういう時に本当に不安です。
なにもできず、ただ祈るばかり。


中国のニュースでも大きく報道されていて、
津波の映像を見て、被災者のインタビューを見て、
本当に起こっていることなんだとわかっていても、
まだ映画を見ているような、とても現実だとは信じられませんでした。


こんな時でも日本人は落ち着いて行動して、
ちゃんと列にも並んで、ゴミもそのへんに捨てないで、本当にすごい、と報道されています。
防災への備えがしっかりしていてすごい、と世界中で注目されているようです。
地震大国日本。日頃の防災訓練も伊達ではないのですね。



行方不明の皆様が早く無事で戻ってきますように。
避難している方々が早く安心して眠ることができますように。
ケガした方々が早くよくなりますように。
壊れた建物、街並がすみやかに復旧できますように。

そして亡くなられた方達のご冥福を心からお祈り申し上げます。



By Kyoko

中国人と外国語

最近よく香港人に間違えられるBy Kyokoです。
以前はいつも韓国人に間違われていたのですが、ちょっとだけ中国語を
話せるようになったからなのかな〜?なんて前向きに思ってみたりして。



週末にBy HiroshiHalを預け、優雅にコーヒーを飲みに
(近所のローカルスタバへ)行ったときのことCoffee


お手洗いに行こうとドアを開けたら、一人の女性が手を洗っている最中。
彼女がめちゃくちゃ早口で私に何か言ってきました。

私は、もちろん得意の「?」という表情と、得意のダンマリ…Tara

すると、彼女はなんと英語で
「トイレ入るんでしょ?先に入っていいよ〜」
「あ、紙ないよ」
と教えてくれましたPachikuri
(ちなみに、中国ではなぜかトイレ入る前に手を洗う人が多い。)

うーん、このとっさの切り替えに感心しましたKirakiraKirakira
日本人の若者でこういうのできる人ってどのくらいいるかな、と
考えてしまいました。




毎日本当に色々な人に出会いますが、
こちらが言葉がわからなくても何回も同じことをずっーーと
中国語(とか上海語)で繰り返す人も結構いるし、
私が英語をしゃべってても日本語だと思う人も結構いるにはいるのですが、
流暢ではなくても外国語を堂々と話してコミュニケートしてる人もたくさんいて、
それにはいつも感心してしまいます。


私が中国語ができないので、当然ながら日本語を話せる中国人と
会話する機会が比較的多いのですが、
日本には一回も行ったことないのにすごく日本語ペラペラな人も結構いるんです。

留学しても結局現地の言葉が上達しない人もたくさんいるのに、
その国に住まないで言語を習得するのって、めちゃくちゃ大変なこと。
もちろんそういったペラペラの方達は仕事で日本語を毎日使っているから、
更にどんどん上達していくというのはあると思いますが、
それにしても本当に上手。心から尊敬します。


でも、そんなすごいレベルへ達してなくても、
下手でもなんでも外国語を話してくれる中国の人たち。


ご近所のママさんも、英語圏の留学経験はないけど、
大学で英語を勉強したから話せるって。
彼女とはいつも英語でお話していて、いつも助けてもらっています。
結構難しい単語とかも知っていて、しかもそれを使いこなしてるのがすごいBikkuri
普段からそんなに話す機会があるわけではないでしょうに、本当にすごい。
私なんて仕事辞めてから衰える一方なのに…Ga-n



全然しゃべれないのに「しゃべれる!」と言ってる人もいますが 笑、
その変な自信も後押ししてくれているのでしょう。
こういう姿勢だから、世界中で中国人が活躍しているのかもしれません。



中国人で英語が話せる人に、私が英語で話すと、
「あなた日本人なのに英語うまいね!」とほめられます。
つまり『日本人=英語できない』というイメージみたい。
うぬぬ。なんかくやしくない!?



日本人は、英語の知識では絶対に負けてないはずなのに、
話す度胸がないから、そして間違うのが嫌だから、
外人が来たら逃げちゃう。



私も、中国語下手だし、自信ゼロだから、いつも笑顔で逃げちゃう。


反省して頑張らなくては、と思いながらも、
やっぱり度胸では100%負けてしまいます…。


語学力って、勉強以外のところもすごく重要なんだなと思います。
それはBy Hiroshiを見ててもそう思うけど… 笑
まずは身近な旦那から度胸を学びたいと思います。
そしてBy Hiroshiはもうちょっとお勉強頑張ってください。




By Kyoko

立った

Hal 9ヶ月と1週間。


まだグラグラ不安定ですが、一人でつかまり立ちできるようになりました。

カメラに集中しすぎた私のせいで、このあと転げて頭打って大泣きでした…ごめんね。



本もよく読んでいます。

お友達にいただいたかばくんの本がお気に入り。

おばあちゃんが買ってくれたいないいないばあも大好き。

まだ内容より本自体を開け閉めするのが好きみたいですが。
でも「かばくん」に出てくるカメさんを指差す時があるので、一応見てるようです。



壁に貼ってある写真を見るのも大好きで、
いつも食後に鑑賞しています。





By Kyoko