Archive for 2012

2歳半と100日

気がつけばもう11月も後半に入ってしまいました。
二人の子育てにも少しずつ慣れて来ましたが、ブログなどに割ける時間は
激減しました…。


ので、最近の写真をまとめてアップします。


Halは満2歳半を迎えました。
相変わらず”ブブ”(車、電車)”アフ”(バス)
”ウィーーー(超高音)”(飛行機、ロケットetc)が
大好きで、つなげたり並べたり。


なぜか「はとむぎ化粧水」のボトルがお気に入りで、
ベッドに持っていって一緒に寝たこともあるほどです。


パパと二人きりで外灘へ冒険に出かけたり、


箱に入ったり、


話し始めるのはまだまだ先のことになりそうですが、
Halワールドがどんどんできあがってきています。

先日は「8歳以下の子供禁止」と書いてあった難しそうな遊び場でも
もくもくと遊んでいました。この運動神経は誰の遺伝?
ママのでないことだけは確かです。

Soraの頭をなでてあげたり、チューしたり、
おフロで男同士のコミュニケーションしたり、
少しかわいがってくれるようになって、母としては嬉しい限りです。




Soraはめでたく生後100日をむかえ、家族でなんちゃってお食い初めを
しました。By Kyokoは初めてお赤飯に挑戦しました。

相変わらずの横綱ぶり。

でも食いっぷりは兄に負けますね。


スタジオで写真撮影もしました。


奏楽という名前の通り、音楽が大好きで、
歌を歌ってあげるとニコニコ、リズムにのって揺らしてあげると
声をあげて笑ってくれます。

Halが6ヶ月くらいの時に着ていたクマさんのつなぎ、
ジッパーがしまるか心配でしたが、なんとか着れました!



おかげさまで、家族4人みんな元気です。



By Kyoko

偉大なる便器

住まいのトラブルシリーズ、今回はなんとトイレ編です。

そういえば、前回書いた客室のエアコン水漏れは、
結局、というか予想通りというか、房東(大家)の処置じゃ全然ダメで、
その後も水漏れしてたので、やっと業者を呼んでもらえることになり、
業者が来てくれたら、室外機かなにかをいじってくれて、ものの5分程で直りました。
だから、始めっから業者さんを呼んでくれればいいのに、
一体どれだけの時間とエネルギーを無駄にしているんでしょうか。

さて、トイレのお話。
この家に引っ越してきてから、たまに便器周りが水漏れしてるのはわかっていたのですが、
毎日ではないし、量もそんなに多くないし、原因もわからないので
とりあえずは様子を見ていました。

夏頃から水漏れがひどくなってきたので、房東ではなくて
物業(小区の管理をしてる人たち)のおじさんに来て見てもらいました。
房東とやりとりしたくないので、ちょっとの出費ですぐ直るのだったら
その方がいいと思って。

で、結果は、「便器を交換しろ」


うーん、さすがにそれは自分たちではね。


でも、房東と話したくない気持ちが強過ぎて、
またまた放置の日々。


ある日、別件でたまたまBy Hiroshiが彼に連絡する用事があったので、
ついでに水漏れのことも伝えました。
そしたら、得意の「見に行く」が出て、早速来ました。

その日は水漏れしていなかったので、彼が到着したら
「今天没有漏水」と言っておいたのですが…
房東さん、トイレをチェックしてから私に一言、
「没有漏水」。


はーGa-n
だから、今日は漏れてないって言ってんじゃん!!
毎日漏れるわけじゃないって言ってんじゃん!!!


で、とりあえずその日はそのまま帰りました。





それからSoraが生まれたりバタバタの日が続いていたのですが、
水漏れはひどくなる一方。だんだん冬も近づいてきたし、やっぱり直してもらいたいね。
ということで、By Hiroshiの努力により、ようやく房東と物業に同時に来てもらうことに。

たまたまその日はまたまた水漏れしてなかったのですが、
水漏れの証拠写真もちゃんと用意していました。
でも物業のおじさんが「ここから水漏れしてる」と言ってくれたので
我らが房東もついに降参。新しい便器を買ってくれることに。


便器周りの掃除が嫌で文句を言っていたジェーン(アイさん)も
このニュースには喜んでいました。



そして一週間後。
「午前中に古い便器を撤収、午後に新しいのが来る」という手筈になっていました。

回収に来たのは朝9時!はやっ。
ぎりぎりでトイレを済ませ、古い便器にさようなら。
便器を取り去ったところはもちろんとても汚くて、
設置する前に掃除したかったのですが、
房東が「掃除の人も午後に来る」と言っていたので、
浅はかにもその言葉を信じて掃除はせず待っていました。


お昼すぎに便器到着。


で、便器を設置するのはまた別の人なので、午後5時まで待たなくてはなりません。
その間ずーーっとトイレ我慢。
授乳中だったからか、なんとか我慢できました。
By Hiroshiは買い物に行った時にお店のトイレで用を足してましたが、
私は行きそびれてしまい…涙)


房東曰く、掃除の人も午後5時頃に来るということだったのですが、
やっぱり誰も来なかったよ〜。なんなの!?
そんなんだったら最初から誰も来ないって言ってよ。自分たちで掃除するからさ。
(※中国では、基本的に自分の仕事以外のことはやらない方が多いので、
回収の人は回収するだけ、掃除の人は掃除だけ、設置の人は設置だけ、
という具合なんです。)

でも、便器設置人がBy Hiroshiの指導のもと、大雑把に掃除してくれました。
By Hiroshi母が日本から持って来てくれた激落ちくんが大活躍!!!


そして設置完了。


やっとトイレ行ける〜〜と、待ち構えていた私にまさかのニュース。





「あと24時間トイレを使ってはいけない」Ga-nGa-nGa-n




接着剤っていうのかな?あれが乾くまで水を流してはいけないとの
まさかのまさかの…Orooro



物業のオフィス内のトイレを使っていいと言われたのですが、
夜遅く&朝早くはオフィス空いてないし、
もうしょうがないので、シャワーの排水口で済ませることに。
33歳、女を捨てる瞬間。



翌日は月曜日。
子供二人を置いて物業までトイレに行くことなんて無理、
ましてや連れて行くのも無理なので、
yoshitomoさんのお宅に避難させていただいて、
いい香りのするきれいなお手洗いを堪能しました。
ありがとーございました。


お陰様で、ようやく新しい便器が始動しました!!!!


家にトイレがあることの幸せ。
今まで当たり前だと思っていたことが
こんなにスペシャルなことだったなんて。
それに気付かせてくれた房東に感謝…するわけはないけど、
こんな経験なかなか出来ないからね。



そして、今回は子供達が心底うらやましかったです。
おむつっていいな、って。笑

Halのトイレトレーニング始めてなくてよかったよー。
トイトレ中だったらこんな状況絶対にありえないもんね。


めでたし、めでたし。


By Kyoko

two little great travelers

少しずつですが、最近ようやくHalが外出時に自分で歩いてくれる
ようになってきました。まだまだ抱っこの方が多いですが、成長していますNiko

Soraはものすごい成長ぶりで、この間体重を測ったら
まだ3ヶ月にもなっていないのに7.6kgでしたPachikuri



さて、全然ブログアップできないまま10月も終わりに近づいてきましたが、
せっかく途中まで書いたので…国慶節の続きです。

本当はどこかに旅行に行きたかったのですが
Soraがまだ小さいので、今回は近場で楽しむことに。


結婚式の翌日は生後2週間のKeyちゃんにちょっとだけご挨拶、
1ヶ月半しか違わないのに、この差…

その後yoshitomoさんの御宅に
お邪魔して、楽しいひとときを過ごしました。
Halはyoshitomoご夫妻にすっかり懐いていて、
甘えてお菓子もらったりしてました。
同じ学年のRくんとも一緒に踊ったり、かわいい二人でした。
Soraも、明るいお部屋で彼なりに楽しんでいた様子。
ありがとうございました!


翌日は日系スーパー主催の野菜摘み&BBQツアーに参加。
何から何まで企画・手配されているツアーに参加するのは
私たちのスタイルとはあまり言えないのですが、
小さい子供二人連れなのでこういうのもいいかな、と。


Halは大型バスに乗れて大興奮。
とても喜んでいました。

が、自然と触れ合ってほしいという母の気持ちは
ガン無視され、農園ではご機嫌ナナメ、

自分で摘んだ野菜ならちょっとは食べてくれるかな
というはかない願いも打ち砕かれました。
結局パパママが交代で摘んで終わり。


でもBBQの時にたくさんのお友達と
走り回って遊んでいたので、やっぱり参加してよかったです。

またまたステージに登って遊び、大きなお姉ちゃんに風船を貢いでいました。


ちなみに横綱はずっとおりこうさんでした。
ごっちゃんです。

帰りのバスでは二人ともグッスリ。お疲れ様でした。
頑張って肉を焼いてくれたBy Hiroshiもお疲れ様。



その翌日は、再び常州のseicoさん一家を訪ねました。
今年は大きな休みの度に行ってるので、自分たちにも
実家in中国があるみたいだね、と勝手に言ってます。


ゆみちゃんと


ゆうきくんはSoraをたくさんかわいがってくれました。
さすがお兄ちゃん!!

一緒にお散歩に行ったよ。


「ソラくんベビーカー乗ってる」


Sora初めてのタタミ。


Halはたくさんの車のおもちゃに大興奮で
ずーっとモクモクと遊んでいました。
興奮しすぎて夜はなかなか寝付けませんでした。

By HiroshiBy Kyokoもseicoさんのおいしい手料理に舌鼓を打ち、
すっかりゆっくりお世話になりました。
seicoさんは体調がすぐれない中、家族四人の一泊旅行を
最高におもてなししてくれて本当に感謝です!!



Halの旅人ぶりは以前セブに行った時にも書きました(コチラ)が、
Soraも負けてはいません。

今回も行き帰りは高鉄(新幹線)だったのですが、
なんと、行きも帰りも、子供達は二人ともほとんど寝てくれました☆
これは素晴らしいKirakiraすごく楽な新幹線の旅でした。

子供が二人いて、小さい方はまだ首もすわってないから
もちろん大変でしたけど、楽しい思い出をたくさん作れたので
頑張って出かけた甲斐がありました。

キッズたちもますますgreat travelersですOnpu2
これからも旅の英才教育したいです…がHalの飛行機代もほとんど大人と同じになったし、
4人になるとお金がやばい〜!!

By Kyoko


初☆結婚式 in China

9月30日から一週間、中秋節と国慶節の連休でお休みでした。

10月1日の夜はBy Hiroshiの留学時代の友人の結婚式!
新郎は中国系フランス人、新婦は上海人。
二人は彼女がフランスに留学していた時に出会ったそうで、
上海で有名だという老舗ホテルにて結婚式。
中国の結婚式に出席するのは初めてなのでワクワクです。


お式の前に、朝から友人や家族が集まって、
新郎が新婦の家に迎えにいって、爆竹鳴らして…という
一連の儀式をすませたそうです。
私たちは子連れなので、残念ながら参加できませんでしたが。


招待状には「17:30開始」と書いてあったので、
それにあわせて家を出発。Sora地下鉄デビュー!
地下鉄の駅からTaxi
国慶節の南京東路〜外灘はものすごい人・人・人。
もう気持ち悪くなるくらいの人数で、車の中から見ているだけで
疲れてしまう程でした。その中をくぐりぬけてようやく会場に到着。
会場の案内には「17:00開始」とあり焦りましたが、
実際に会場に行くと「18:00開始」という情報が。
なんともざっくりした感じでした。


一度会場を出て、18:00頃に戻ると、主役たちが入り口にいました。
一緒に写真を撮って、自分たちの席につきました。
円卓には飲物がすでに置かれており、しばらくすると前菜が登場。

飲物はセルフサービスです。

主役達が写真撮影を終えて、着替えている間に、ゲスト皆食べ始めていました。
私たちもお腹が空いていたので、早速いただきまーすfork
フランス人の新郎一家が輸入しているというワインも供され、嬉しい限り。
でも同じテーブルの中国人ゲスト達はセブンアップばかり飲んでた…。


会場の中はこんな感じ。



そうこうしているうちに新郎入場、そして新婦がご両親と一緒に入場。
会場内で指輪交換の儀式などなど。
会場の音響クオリティーがかなり悪く、しかもステージに立ちたがる人を
必死に押さえるのに一生懸命で、セレモニーはあまり見ることができませんでしたが、
みんなあまり真剣に見てないみたいだったので…。
開始前からできあがっちゃって椅子から落ちそうなおじさんいたし。
ともかくおめでとう!お幸せに!!


そしてずっとステージに登りたがっていた人は、
新郎新婦がいない間に遊びまくり、

(ゲストのプレートに置いてあったプチギフトのチョコを口いっぱい頬張っちゃってます)
子供達が新郎新婦にお祝いを述べるというコーナーでは
司会のマイクを奪って遊んだ上、

最後は新郎新婦と一緒にステージに立っちゃってました。あーあ。
ちなみに新婦はお色直し4回くらいやってました!!すごい!!


新郎の妹さんが歌をプレゼント!というところで、
痛恨の音響ミスがあり、がんばってなんとかアカペラで歌ってた
めちゃくちゃ上手な妹さん。
それなのに、なぜか途中から違う曲が流れ始めて…Namida
本当に気の毒でした。
これが自分の式だったら絶対に憤慨するな。

他にも、カメラマンたちが私たちと一緒のテーブルで
普通に飲み食いしてたり、「日産レンタカー」のポロシャツを
着たおじさんがシャンパンタワーを片付けてたり、
ビニール袋下げた普段着のおじさんがキャンドル配ったり、
式が終ってないのに装飾を片付け始めてたり。
観察しきれないほどの面白いことが起きていました。


でも新婦から涙の手紙朗読があったりして、
内容は私はわからなかったけど、やはり結婚式はいいものだな〜。
一緒にお祝いさせてもらって嬉しかったです。


そして帰り道、人民でごった返す夜の外灘で
なんとかタクシーを捕まえて、なんとか帰れました。

Halさんは大興奮で、なかなか眠りませんでした。


By Kyoko

一旦卒業

Soraが生まれた時は終ることのないように感じた暑さですが、
最近は少しずつ涼しくなってきて、秋なんだな〜と実感します。
国慶節のお休み中はいいお天気で、日中は暑いくらいでしたが、
お散歩にも行きやすい気候で助かります。

さて、秋といえば「靴下」!
早速「わーず わーず」言われてます。
小さい子供二人連れてるだけで、ものすごい注目の的。
最近Halがベビーカーに乗ってくれないので、以前お友達にもらった
Tongaで抱っこ、ガタガタ道でよく寝てくれるSoraをベビーカーに乗せて
近所をお散歩すると、わらわらと人が寄って来ます。
「一个抱 一个推 很辛苦」(一人を抱っこ、一人を押して、大変だ)などと
よく言われます。

その上靴下をはいていないと、もうこれはものすごいことになってしまうので、
風がちょっと涼しい日にはSoraに履かせちゃってます。
それでも色々言われてますがね。



さて、今年の頭から働いていた会社で、
7月から産休に入ったのですが、
パート社員に対しては産休の規定もなく、「好きなようにしていい」と
言われ、だったら当分の間は休ませほしい旨を伝えてました。
でも、小さい会社だから一人いないだけでも結構大変なので、
遠慮せずに誰か雇ってください、と言っておいたのですが、
やっぱり新しい人が入ったそうです。
なので、当分はまたママ業に専念することにしました。

パートで、色々融通をきかせてもらって、ものすごくありがたく
働かせていただけて、条件としては最高の職場だったのですが、
仕事の内容自体は、正直言って全く興味が持てず微妙だったので、
無理して続けなくてもいいかな〜と。

それにともない、Halも幼稚園を一旦やめることになりました。
幼稚園にはとても楽しく通っていて、お友達からも先生からも
「ハルベイビー」と呼ばれてかわいがってもらっていました。
先日お出かけしたときも、偶然幼稚園のお友達にたくさん会って、
ママよりも全然ソーシャライズしてました。
親の知らないところで、こうやって世界が広がっていってるんだと
感激しました。

なので、やめるのは残念ですが、
まだ2歳なんだから、ママが働いてないならわざわざ行かなくてもいいし、
弟や母親と過ごす時間が増えてもいいかな〜と。
収入も減ったので経済的にもキビシイということもあります…
私の体力もかなり回復し、Soraも2ヶ月になった9月末で一度おしまい。
幼稚園からこんなカードをいただきました。

(By Hiroshiが日本出張のときにかってきてくれたiPadの
アプリで、試しに写真をデコってみました)

超自由人のHalですが、みんなからかわいがってもらって、
ありがたいことです。

Hal自身もとても成長できた9ヶ月間でした。


通っていた幼稚園では臨時託児もしているので、
たまに顔を出させてもらって、大好きな先生や
お友達ともまた遊べたらいいなと思っています。


今年に入ってから、平日は幼稚園で、週末はパパと外遊びすることが多かったHal
私もそれに慣れてしまって、これから一日中子供達と過ごすのが大変〜と思ってしまいますし、
実際大変なんですが、その中にも喜びを見つけられるよう心がけたいです。

先日HalSoraと三人でお散歩に行ったときのこと。
道端に突如出現した上海蟹売りのおじさん達に
蟹を見せてもらって、ブクブク泡を吹いたり、横歩きしている様子を
熱心に観察していたHal
新しいことに触れる瞬間に一緒にいられるのって、やっぱりいいなと
思いました。



さー、がんばるぞ!


By Kyoko


中国(上海)で出産 パスポート、ビザ申請手続き

By Hiroshiです。心配されていませんが、無事です。


早いものでSoraは今日で満2ヶ月。
横綱街道まっしぐら。

1ヶ月で↑から↓へ成長をとげました。

かなりの「いい足」です。
お風呂では、彼の2重構造の首肉に大苦戦。
経験者はお分かりでしょうが、よごれは奥の奥に潜んでます。




たまには海外お役立ち情報をUPしてみます。

Star出産~ビザ取得までの流れStar


Sora和平国際病院で無事誕生。

① 退院前日に病院の別病棟受付にて
申請書、両親の身分証明書(パスポート)を持って申請。
その場で出生証明書を発行してもらう。

②出入境管理局にてビザ申請期間の延長手続き。
※通常は出生後1ヶ月以内にビザの申請をしなければ、罰金Skull
Halの時はこの手続きを知らず、数日の遅延で罰金500元。

出生証明書&コピー、パスポートを持って申請。
※平日はもちろん仕事で、申請にいけないため、
土曜日も窓口がやっているようなので行ってみると….

受付  「土曜は通常業務しか受け付けてない!」
By Hiroshi 「なんでだ!!?」「この申請のどこが特殊なんだー!?」
とゴネてみるも

受付  「この申請は上司しか受付けられない」
By Hiroshi  「じゃあ、上司出せー!」
受付  「上司は土曜休み」
チーンGa-n
結局、平日に会社を抜け出し行って来ました。
この手間を考えると罰金払ったほうがいいんじゃないのかと
考えてしまいます。

この手続きは、出生証明書のコピーに
上司のサインと延長後の期日が書かれるだけの簡単なものでした。
通常出生から、2ヶ月後まで延長してくれるようです。


上海市出入境界管理局

浦东新区民生路1500号
地下鉄2号線「上海科技館」3号口迎春路を直進
民生路との交差点。徒歩10分



③出生届け&戸籍謄本(抄本)取得
上海日本領事館 or 日本の本籍地にて代理申請

私たちの本籍地がある区役所では、戸籍の申請をした場合、
自動で日本の住所にSoraの住民登録もしてくれます。

これを上海の領事館で申請した場合は、
赤ちゃんの住所は上海で出産したのだから、上海としか認められず、
(窓口ですったもんだしても認められません)
住民登録は、再度帰国時に自身で申請しなければなりません。
また、戸籍の取得も申請から1ヶ月ほどかかります。

そこで今回は、両親にお願いをし、日本にて代理申請をしてもらいました。
必要書類は自治体によって違うかもしれませんが
申請書、出生証明書、出生証明書の和訳(領事館でひな形もらえます。
翻訳するのは誰でもいいですが、要署名捺印。)、母子手帳など。           
※出生証明書は、通常日本のものはそのまま原本提出ですが、
中国でのビザ申請時に必要になるので、提出しないよう。
また、副本が切り取られる可能性がありますが、
必ず、理由を説明し切り取られないよう注意。


上海の郵便局からEMSで書類を実家へ送付。
申請後約1週間で戸籍謄本を受け取り、
今回は出張で日本に行ったついで受け取ってきました。



④上海日本領事館にてパスポート申請。
戸籍謄本、写真
※受け取り時は本人(赤ちゃん)が行く必要あり。
取得まで約1週間。手数料500元。



⑤再び出入境管理局にてビザ申請
特に本人、両親ともに行く必要ないので、
会社にお願いして申請してもらう。
受け取りは「快梯」で送ってもらうと便利です。
窓口で申請時に「クワイディ」と告げます。
必要書類: 写真1枚 本人と両親のパスポート、外国人就業証、
戸籍謄本、両親の住宿登記証明書



⑥近所の派出所にて住宿登記証明書
ビザが無事取得できても、もうひと頑張り。
住宿登記証明を申請しないと、あとで罰金になることも。
パスポートと部屋の契約書を持って申請。
(この申請はこれからです。)

以上これからご予定の方に
少しでも参考にしていただければ幸いです。
ただ、いつ申請の要綱が変わるかわかりません。
そんなときは
「ここは中国なのだから」と心にゆとりを!!


By Hiroshi


出産日記II-5 退院&通院

出産日記、続きです!
もうすでに忘れてきてしまってるので残り一気にいきます。

余談ですが、Soraの予定日は8月9日だったのですが、
その前日は、ものすごい大きな台風が上海を直撃したのでした。
そんな時に陣痛が来て、病院に行くことにならなくて本当によかった。
親孝行な子ども達です。
そして、入院が夜遅くだったため、
入院費も2.5日分で済んで助かりました。
VIP高かったから…

でも日本だったら、入院費用とは別に
出産費用ってのがかかるんですね!
それが高いだなんて全然知らなかった。
日本に比べれば安くすんだし、
妊婦検診費用も、申請すれば戻ってくるみたい。
Halの時には確かダメだと言われて諦めたけど、
お友達が中国の検診でも大丈夫だったと言ってたから
もう一度調べてみたところ、多分できそうな感じ。
ダメもとで市役所行ってみようっと。



と、余談が長すぎました。



【8月1日】

出産当日の昼間、暑い中外出したのにシャワーも浴びれず
そのまま分娩になってしまったので、
とにかくシャワー浴びたくて、出産翌日に看護師さんに聞いてみたら、
入院中は基本的にダメと言われ、
しょうがないのでこの日の朝は頭だけ洗って、
体は濡れタオルで拭いたのですが、
その直後に、別の看護師さんに、もうシャワー浴びていいよ、
と言われ…。まあ、そういうこともあるよね…


この日は午前中にBy Hiroshiが出生証明書の申請をしてくれて、
無事にゲットできました。


入院中、何人もお友達がSoraに会いに
病院まで来てくれて、すごく嬉しかったです。
Halのおかげでママ友が増え、こうしてお見舞に来てもらたことが
上海で子育てしてきた2年間、自分がここで頑張った証のような気がして
嬉しくなりました。
改めて、どうもありがとうございました!!!


さて、翌日は退院手続きのため、朝からBy Hiroshiがいないと困るので、
おばあちゃん、パパ、Halの三人で一度帰宅、
近所で食事を済ませてからHalをおフロに入れて、
パパは病院に戻り、Halはおばあちゃんと二人で過ごしました。
初めてパパもママもいない所で一晩過ごせました。
偉かったね。


【8月2日】

一晩明け、最終日は荷造りして、Soraは初めてスリングにくるまり
無事に退院しました。

うわーSora細い!!今じゃあもうプクプクすぎて全然違うのに。


帰宅後By Hiroshiは領事館へ出生届を出しに…
ところが色々トラブルがありました。
(結局領事館ではなく、本籍のある杉並区役所へ提出しました。)
この辺詳しくはBy Hiroshiが後日レポートします。


入院中はオッパイの量が少なめで、粉ミルクと混合だったのですが、
Halの時と同様、帰宅してからパンパンに張ってしまいました。
でも、そこは経験済。まずは米をあまり食べないように気をつけ、
一日二回くらいしぼり、ひどい時には保冷剤で冷やして乗り切りました。
Halは搾乳機が気に入って、オモチャにしてしまいましたが、
結局手で搾ることの方が多かったので、遊んでもらいました。

そうしているうちに、飲む量が増えたのか、夜中お腹をすかして泣き続けることもあり、
今度はご飯をモリモリ食べ始めたところ、Soraも満足してくれたみたいです。
飲みすぎてかなり増量しちゃいましたが。
最近は粉ミルクは一口くらいしか飲まなくなってしまいました。




翌週は、Sora血液検査のため再度病院へ。
Halも一緒に行ったのですが、ママ抱っこしか受けつけないので、
私は結構キツかったですが、無事に採血してもらい、
一カ月後ネットで結果を見たら、全て陰性で問題なしでした。
何の検査なのかはよくわからないけど。



そして42天健診で母子共に経過を診てもらって、病院通いは終わりPill
Soraの聴力検査以外は、順調でした。


Soraの予防接種は、近所の衛生センターで受けることにしました。
先日初めて行ってみましたが、
前に行ってたミンハン区のと全然違ってました。
薬をもらう老人たちと一緒に並んで、
カウンターでワクチンをもらったりKusuri
またまた初体験しちゃいました。
詳しくはまたそのうちアップします!



ネタばかりたまって、なかなかアップできていませんが、
がんばりまーす。

By Kyoko

無事です

出産日記の途中ですが。


最近なかなか時間が取れなくてブログ更新を怠ってしまっています。
しかもサーバーのお引っ越しなど色々あり、一時は中国からアクセスできなくなっちゃたりしてNamida
引っ越しは私たちの都合ではないので、ちょっと困りました。
まだいくつか問題があるのですが、きっとそのうち直ります!


さて、ヘルプに来てくれてた母、義母が帰国し、
日中は一人になりましたが、Halには今月も
幼稚園に週3日通ってもらうことにして、
晩ご飯も母がたくさん作ってくれた餃子を冷凍にしたものを
活用するなど、手抜きの毎日で、
無理せずやって行こうと思っています。
家計簿つけも、今年いっぱいはお休みすることにしちゃいました。
ちょっと怖いけど 笑


さて、日本のニュースでも中国での反日デモの様子が
毎日取り上げられているようで、皆様にご心配いただき、
ありがとうございます。


我が家は皆元気ですし、家の周りでも特に物騒なことはありません。
基本的には家に引きこもっているので大丈夫ですし、
外出してもあまり目立つ行動をしないように気をつけています。
でも、子供二人連れていると、めちゃくちゃ注目の的です…。


先週、産後42日検診に行ってきました。
私の産後の経過は順調、Soraもすでに5.7kgと育ちすぎちゃっています。
聴力検査にまた引っかかってしまい、今度は10月に再検査です。


あんなに弱々しくスリムだったSoraは、毎日おっぱいを吐くまで飲んで
どんどん(横に)成長し、立派な二重あごが出来ました。
貫禄十分の、我が家の横綱くんです。


Halも、少しずーつですが、弟に触ったり、
機嫌のいい時にはチューしたり、
自分から関わろうという気持ちが出て来たみたいです。

先日お散歩に行った時、知らないおばちゃんがSoraを抱っこしたら、
「抱っこしちゃだめだよ」という感じで腕を引っぱり、
自分がSoraを受け取ろうとしていました。


先日、もうすぐ結婚するBy Hiroshi友人との奥様お披露目会食に
パパと二人で行ってきたHal
レストラン内でのダンスショーに大興奮、一緒に踊りまくりだったそうです。
ダンサー方達がいない時もワンマンステージ!




国や大人の都合で子供たちにも影響があるのは
かわいそうですが、そんなの関係なく、すくすく
大きくなってくれている息子達は頼もしいですね〜。


By Kyoko

出産日記II-4 兄と弟

【7月31日】

病室でのそら。


Soraが生まれた翌日から、Halはちょうど幼稚園が3日間あったので、
昼間かなり助かりました。
ママが家にいなくてもきちんとご飯を食べて幼稚園に行ってくれたそうです。
むしろママがいない方が、少しよそ行きモードでちゃんとしてたみたい…笑


この日の午後はパパが幼稚園まで迎えに行ってくれて
(パパは「配偶者出産休暇」で3日間お休みをもらえました。)
一緒に病院へ。


前日大泣きして別れてから初めてママに会える、
そして弟と初めて会う瞬間です。
どんな反応をするんだろう…とこちらの方がドキドキ。


Donちゃんがお腹にいる時は、ほとんどその存在を無視して過ごしていたHal
目の前に赤ちゃんがいたら、さすがに無視はできません。


病室に入って、弟を紹介。
大歓迎とはいかないものの、「いいこ いいこ は?」と促すと
ちゃんと頭をなでてあげました。


ホッと胸をなでおろし、病室で遊びました。
Halも、ボタンを押したら上がったり下がったりする
病院のベッドが楽しかったみたいで、こんな笑顔も出ました。

しばらくして、パパと一緒に外にお散歩へ。



GBSの薬のせいで、出産直後は母乳禁止だったのですが、
翌日からは授乳してもいいということで、ようやくSoraに母乳をあげることができました。
Halの散歩中に授乳してしまおう、と思っていたのですが、
色々と手間取ってしまい遅くなり…ようやくおっぱい飲めたかな〜という時に
事件は起きました。



ちょうどその時パパとHalが帰ってきて、Soraがおっぱいを飲んでるところを
目撃したHalは凍り付いてしまいました。


パパにギュッとしがみついて離れず、ちょっと涙目で、
絶対にママの方を見ようとしない。
私が話かけても返事せず、ますますパパに抱きついてしまって…。
私が抱っこしようと手を伸ばしても逃げてしまいました。


よっぽどショックだったんだね。
私も、泣いてしまいそうなくらいショックでした。
ごめんね。



その後、無理矢理ママのベッドに座らせ(ずっとママに背中を向けてましたが)
必死の説明。なんとか状況をわかってもらえるよう、頑張ってお話しました。


すると、ようやく許してくれたのか、諦めたのか、
またママを見てくれるようになり、
私の夕食をつまみ食いし、デリバリーで頼んだみんなの夕飯を
パパとおばあちゃんと一緒に、病室でたくさん食べてくれました。



ご飯を食べたら、パパと二人でおうちへ帰ります。
帰り際に、もう一度Soraに「いいこ いいこ」してくれました。


もともと、お友達が泣いたりすると、自分も一緒に泣きべそかいてしまう
優しいHalなのですが、Soraが泣いた時も一緒に泣いて、
おばあちゃんにSoraを抱っこするよう指示出ししてくれたりもしました。
(まだ話せないので、おばあちゃんの腕をひっぱったりして、思いを伝えてくれます)


Halがお兄ちゃんになった日でした。
思い出すだけで目頭が熱くなります。


これから、二人でたくさん遊んで、ケンカもして、
仲良し兄弟になってくれますよう。




おまけ。

退院後、弟のバウンサーを横取りして寝てしまった兄。




By Kyoko

出産日記II-3 今度はVIP

【7月30日】

Soraが無事に生まれ、みんなで病室へ移動しました。

Halは寝ていたので、Soraとの対面はかないませんでしたが、
遅くまでよく頑張りました。
翌日は幼稚園があるのでBy HiroshiHalは一度帰宅。

母が一緒に病院に泊まってくれることになりました。



【7月31日】

時計が12時を回っても、疲れているはずなのに、
まだ興奮していたのか眠れず。

Soraはお腹が空いたのか元気よく泣いていましたが、
粉ミルクをよく飲んだ後はぐっすり眠りました。
Halよりも泣き声がかなり大きい気がするなー。
お腹の中でのキックもすごかったし、元気な子みたいです。


そうそう、Kazuyoさんにもらった粉ミルク、病院で大活躍でした!
改めてどうもありがとうHeart2


何回かうとうとしたりミルクをあげたりして夜が明け、もう朝食の時間。
ご飯が運ばれてきて初めて、自分の腹ぺこ具合に気付きました。


Hal出産時は一般病棟での出産&入院でしたが、今回はなんとVIP。
一般病棟とは全然違うご飯が運ばれてきました。
(ちなみに一般の食事はこんな感じ

なんかすごいね〜。



でも、開けてみると…

お粥に包子、ゆで卵に漬け物、そして肉松。
朝食は毎日このメニューでした 笑
梅干し持ってくればよかった…なんて言ってました。
肉松大嫌いな私ですが、試しに少し食べてみたら案外食べられました。

最大の難関はこの牛乳でした… なんと生温いのA-
冷たいものを飲まない方がいい、ということなんだろうけど、
もともとそんなに牛乳好きじゃないし、そんなにおいしい牛乳でもないし、
生温かいとすごく飲みづらかったですTara
なので産後回復の漢方を飲み下す時にこの牛乳で飲みました。


ちなみにこの日のランチはこんな感じ。

基本はあっさり中華。
おっぱいをよく出すためのメニューになってるみたい。
白米はあんまりおいしくなかったけど(でも一般病棟の固まりご飯と比べると
すごくおいしい。)おかずはシンプルな味付けで、油っこくなくておいしかったです。


晩ご飯には、デザートもついてました(甘いペストリーのようなもの)。
写真撮りそびれましたが、夕飯の鶏のスープは、Halも気に入ってたくさん飲んでいました。



ご飯以外のところで、VIPは一般とどう違うかというと、
もちろんVIPは個室で部屋がキレイということ、
分娩室も個室で、立ち会いOKということ(LDRなどを確保する必要はありません)
職員が多少(あくまで、多少。)外国人慣れしてること、
赤ちゃん用のおむつや授乳用枕が部屋に用意されていること、
部屋でWifiが使えること…などですが、

最大の違い、それは静けさ。



この静けさが本当にありがたかった。



Hal出産時には、同室の家族のたえまないおしゃべり、
大人数でガーっとやってくるお見舞いの人々、
「靴下 靴下」と言いに来る掃除のおばちゃん、
勝手に入ってくる紅蛋(中国で、子供が生まれた時に配る内祝いのような煮卵)のセールスマン、
勝手に入ってくるAmwayの勧誘…
などなど、もう心休まる暇もありませんでした。


でもVIPではセールスの人とかが勝手に入って来れないようになってるので、
用のあるお医者さん、看護婦さん、ご飯のおばちゃん、掃除のおばちゃん、くらいしか来ません。
これは精神的にとても助かりました。


そして、今回は、二度目の出産ということと、
2年前よりは私の中国語が上達しているということから、
お医者さんや看護婦さんとのやりとりも、
By Hiroshiがいない時にもなんとかなりました。
これもストレスをかなり減らしてくれました。
難しい話だけは「旦那が来てから話す」と言われましたが…。



あと、赤ちゃんに着せる服やベビーベッドが一般病棟と違いました。
でもこれはもしかしたら2年前と変わっただけかもしれないし、
季節柄、さすがにグルグル巻きにはしない、ということだけかもしれないので、
確かではありません。



テレビでずっとオリンピックを見ながら、静か〜にすごすひととき。
入院費は高かったけど、回復は早まったかな?



ちなみに、二人目以降は産後の子宮収縮痛(?)がものすごいという
噂を聞いていましたが、一人目の時も痛かったしな…とタカをくくっていました。
が…一人目の時とは比べ物にならない、陣痛よりも痛いんじゃないの!?くらいの
痛みでした。授乳中なんてもう歯をくいしばって涙をこらえるくらいでした。

お産の痛みは、まだゴール目指して頑張ってる感じだから頑張れるけど、
この産後の痛み…ゴール過ぎてからもまだ走れ!と言われてるような辛さでした。
ふう。


では、次回は注目のHalSoraのご対面です!


By Kyoko