Archive for March, 2012

にわとりじいさん・続報

先日お伝えしたにわとりじいさん


最近お天気がよくなってきたというのに、もうニワトリの放牧をしていません。


じいさんご自身はお元気で、毎日買い物帰りなどに姿を見かけます。
昨日は入り口で話しかけられ、電気や水道などが故障した時など
困ったときに必要そうな電話番号の載っている名刺をくれました。
何者なんだろう~?



ともかく、もうニワトリはいなくなってしまった模様。



やっぱり食用だったのかなGa-n


By Kyoko

お友達と一緒

先々週、我が家へお友達が遊びに来てくれました。


まずは、ゆうみちゃんとたかとくん。
三人ともカメラを向いているという奇跡的な写真を撮ることができました!


それぞれどんどん成長していく子供たち。
会う度に違った接し方をしています。
たかとくんはHalのおもちゃが気に入ってくれたみたい。
ゆうみちゃんはBy KyokoBy Hiroshiとの”いないいないばあ”に大喜びしてくれました。

相変わらず一人で遊ぶ時間の多いHal

それでも、お友達とママ達が来てくれたことで興奮して、
すごく嬉しそうにしていました。
やっぱりいいな~。





そして、つかさくんとも久しぶりに遊びました。
カメラを向けると大サービスしてくれるつかさくん。

Halのことを「はふ~」って呼んでくれたのには感激Kirakira

この二人は活発すぎて、なかなか二人一緒の写真が撮れません。



初めて会ったときはこんな感じだったのに…
二人とも随分大きく、随分激しくなってきました 笑。
おもちゃを取り合ったりしてました。どんどん切磋琢磨して欲しいです。
Donちゃんが生まれて男の子二人になったら、こんな風になるのかな~。





それと、先日妊婦検診で病院に行った時に会ったお友達の
うたちゃんには、なんとHalからいきなりのチューChu
今まで自分からそんなことしたことなかったので、ビックリ!
幼稚園で何を習ってきているんでしょうか…笑



マイペースなHalですが、お友達ともどんどん遊んでほしいものです。



By Kyoko



パパのリベンジピザ

最近滞っていた、By Hiroshiのウィークエンドクッキングfork!
昨日のランチでとってもまず〜〜〜くて高いピザを食べてしまった無念を
晴らすために、今日は頑張ってリベンジすることにしました。



まずは生地作り。
「高筋面粉」強力粉を先日仕入れてあったのと、
白神こだま酵母がまだ残っていたので、それを使いました。

By Kyokoはこの間にピザソース作り。


メンズがお外へ遊びに行っている間に生地発酵。


帰宅後、早速生地を伸ばします。
Halもお手伝い(邪魔してるだけ…という感じだったけど)

生の生地をそのまま食べようとしたりして、イタズラっ子でした。
(ちなみにアゴのアザは、先週飲茶レストランの窓枠から落ちた時に打ったものです。
大したことないのでご心配なく。わんぱく小僧は傷が絶えません。)

ツナもつまみぐい!普段はあまり食べないのに、こういう時だけ食べる…。



ゆで卵ピザとツナピザ、二種類作りました。

我が家メンズの大好きなコーンスープと自家製フムス(hummus)、
残り物のサラダで晩ご飯。



Halもパクパク食べていました。

が…上に乗ってるお野菜は全部きれいに落ちちゃってましたTara



とてもおいしかったです!
初めて作った割にはうまくできました。
By Hiroshiはもっとモチモチ生地にするため研究を重ねたい、と意気込んでいます。
トマトソースの作り方も教えたし、これから我が家のピザ担当はBy Hiroshiさんに
なりました。もっとおいしいのどんどん作ってね!


家族みんなでワイワイ作って食べる。
最高の時間でした。
Halがもう少し大きくなったらもっと楽しくなるんでしょうね〜。
そして、もっとたくさんワインが飲めたら、もっともっと最高だったんだけど…。
Donちゃん卒乳の日が今から待ち遠しいです。


By Kyoko

料理酒 ~ 挑戦シリーズ31

料理に使うお酒。
日本にいた時は安い日本酒を使っていましたが、
こちらだと「安い」ものもそんなに安くないんです。
なので、味が濃い料理には、安くて甘くない紹興酒を使っていました。

ところが、先日ウーウェンさんの料理本を読んでいたら、
「中華料理に使うお酒は紹興酒だと思われがちだが、そんなことはない。
中国では他に、よく料理に使うお酒がある。
レシピに紹興酒と書いているもの以外は日本酒で代用できる。」
というようなことが書いてありました。


そうだったんだ!!!



ってことは!
その中国の料理酒も日本酒の代わりになるんじゃないの??
どんなお酒なのかしら?


今まで、あっさり和食には、中国で作った松竹梅を使っていました。
そのまま飲んだらおいしくなさそうだけど、料理に使う分にはいいです。
ちなみにタ○ラなどのいわゆる”料理酒”も売っていますが、あまり好きではないので
使っていません。


でも、松竹梅より安いのがあったら嬉しい!
ということでスーパーで目を皿にして色々見てみました。


白酒?…は絶対に無理!
他にはどんなお酒が売っているんだろう…


というわけで今回試してみたのが、これ。



「台湾工芸醸造」の米酒です。(大陸産)
一瓶12元でした。
ちなみに台湾産のものは50元以上したので予算オーバーTara



飲んでみてはないのですが、香りを嗅ぐ限りいける感じだったので、
早速使ってみました。
ナムルとか、お肉の下味などに使うのには具合がよかったです。
出来上がりも合格。


ウーウェンさんの言う中国の料理酒がこれなのかどうかは
わからないのですが、まあいっか〜。


お吸い物とか、やっぱり日本酒を使いたいものもあるけど、
普段使いはこの米酒、いいのではないでしょうか。




By Kyoko


マイペース

子供はみんなマイペースなものだと思いますが、
Halは特にマイペースな気がします。


先日お友達のハウスウォーミングパーティーにお邪魔したときのこと。

ちょっとおしゃれして行きました。

初めて伺う大きなおうちで走り回り、ダンスを始めるHal
アルゴリズム体操の「ぐるぐるぐる~Onpu2

小さいお友達もたくさんきていて、少し交流していたものの、

(写真はオーストラリアの腕白小僧マックスくん。アンパンマンの笛が気に入りました。)

やっぱりパパママの側でいたずらしたりしてました。

人見知りというわけではないんですけどね。


で、結局一人遊び。

その後もみんなのいるリビングからママを連れ出し、
ずっと二人で遊びたがっていました。


パーティーの後、友達とお蕎麦屋さんでディナーに行ったときも、
近くの席にいた女の子と遊んでいたのに、
結局一人の世界へ。



お友達と遊べるようになるのはまだまだ先になりそうですが、
ちょっと一人の世界に没頭しすぎじゃ…?と思ってしまう両親でした。

By Kyoko

チャレンジャー

出来ることがどんどん増えてきたHal
大好きなダンスも動きのバリエーションが増えて、ますますかわいいです。
幼稚園でお友達の動きを見て学んでるのかな?

最近は私がちょっと歌を口ずさむと自分の振り付けで踊ったり、
何もなくても突然嬉しそうに手をふりまわしたり。


やんちゃぶりも増してきて、色んなところに登って、落ちて、
頭やあごをぶつけて…アザもできています。


どうやら怖いものしらずみたいです。



いつもDVDで見ているよしお兄さんのバック転にあこがれているらしいHal
バック転はできないけど、逆立ちならできるよ〜とパパが披露してみると、




果敢にも挑戦していました。
大笑いしながらめちゃくちゃ喜んで逆立ちしてました。


ケガはちょっと心配だけど、色々挑戦して欲しいです。

By Kyoko

簡単ケーキ

中国に来てから不思議に思ったのは、
調理用ボウルが浅いのしか売ってないこと。
どうも平べったい感じのしかなくって、深さが足りないんですよね。

お米といだり、野菜あらったり、ハンバーグこねたり…
そういうのは全く問題ないんですけど、
困るのがお菓子作り。


バター混ぜると飛び散る!
砂糖加えると飛び散る!
とにかくボウル内に納まっていてくれないんです。



もともとお菓子作り(簡単なやつだけ)は結構好きなのですが、
後片付けが大変なので、作る気がわいてこなくなってしまいました。



でも最近のHalは甘いもの大好き!
そして私もお酒飲めないので甘いもの食べたい時があります。


なのでついに日本のアマゾンで製菓用ボウルやケーキ型を
買って、母に送ってもらいました。



今ちょっとはまっているのが、この本。

実は高校生の時に買った本なのですが、ほとんど作ったことがなくて。
(なにげに、ものもちいいんです。)
実家にエンゼル型がなかったのかしら…?
上海に持ってきて本当によかったです!!!



エンゼル型はうちにもなかったので新しく買いました。
この本のレシピは、本当に簡単!混ぜるだけなんです。
焼きっぱなしでいいところも気に入っています。
しかもなかなかおいしいです。

写真はゴールデンアップルケーキ。さつまいもも入れてみました。
今まで3種類作って家族やお友達に食べてもらいましたが、
どれも好評でした。


本格的なケーキなんて作るスキルも道具も時間もないから、
ちょっと贅沢しても買うことを選びますが、
こういう風に手軽に作って楽しめるケーキなら、
家庭で作ってみんなで食べたいものです。
というか自分が食べたいだけなんだけど。


この間の検診でちょっと体重増えすぎと言われてしまった私ですが…
Halのためにも砂糖控えめで作っています。あ、言い訳?

By Kyoko

3.11

大地震からあっという間に1年が経ちました。
1年前は、家族や友人、日本のみなさんが大変な思いをしているのに、
自分は海外でぬくぬくしていて何もできない…という自責の念にとらわれる日々でした。
後日、他の海外在住の日本人でも同じような思いをしている方が多い、
という新聞の記事を読んで、やっぱりそうなんだな~と思った覚えがあります。

でも、海外で日本人ががんばること!
それも大切なことなんだと思い直しました。


1年後、相変わらずバタバタの毎日ですが、
3.11が日曜日だったこともあり、ゆっくり家族で過ごそうと思っていました。
ところが想定外のことがあり、ゆっくりできなかったのですが…
それは後ほど書きます。


そんな時間をぬって、何とか近所で行われていた写真展に行ってきました。
「福島復興写真展」。
福島の景色が好きで写真を撮り続けている香港人のカメラマンの写真と、
復興中の福島の様子の写真が展示されていました。

スパリゾートハワイアンズが200日ぶりに営業を再開した時の写真や、
避難中の被災者におうどんを配る写真。
こちらにいるとなかなか細かいニュースが入ってきませんが、
少しずつだけど復興していることがよくわかって、
勇気をもらいました。


お友達のようこさんが教えてくれたこんなサイトもあります。


これからも傷跡は消えないけれど、それを忘れずに
前向きにがんばっている皆さんのことをずっと想っていたいです。





そして、私達にも小さな3.11バトルがありました。
ずっと調子が悪かった給湯器。1999年製でよく不燃になってしまい危険でした。
大家さんに言っても「窓をあけろ」とかしか言われなかったのですが、
ついについに交換してもらえることになりました。


というのも、母から、最近一酸化炭素中毒が増えているという話を聞きまして、
妊婦の場合、本人は大丈夫でも胎児が中毒になっているケースもあるということで
恐ろしくなって、私達も今まで以上に気をつけるようになったのです。

そしてまた不燃状態が勃発したので、デジカメで動画を撮りました。
ちょうど家賃を支払う時期だったので、By Hiroshiから、この動画を見てほしい、
そして給湯器の状況が改善されるまで家賃は払わない、と伝えました。


そしたらやっと買ってくれましたよ。
多分一番安いやつだけど。


そして交換の日が3.11。
作業人と大家さんがやってきて、キッチンを豪快に汚しながらの作業。
めちゃくちゃ時間かかってたけどなんとか交換が終わりました。


でも、これで終わりのはずがなく。



しばらくすると新しい給湯器の火がつかなくなりました。(昼頃)
そこで、再度作業人に連絡をすると、17:00なら来れるということで、
待っていました。


結局来たのは19:00でしたが、交換時に出た汚れが水道のところに詰まって
点火しないということがわかり、なんとか直りました。
もう一日中かかってこれだったので疲れきってしまいました。



でも、これで終わりのはずがなく。


また水漏れや、なかなか点火しないという問題が出てきています。




いまだに避難生活を送っている方々のことを考えたら、
こんなの贅沢な悩みですよ…。そうなんです…。
でも嫌になっちゃいます!!!



By Kyoko

四代目

引越しをしたのが昨年末。
以前来てもらっていたナンシー(アイさん)はもう通えないので、
新しい人を探しました。

近所のアイ紹介所で紹介してもらい、じゃあ明日から来ます、
という手筈になっていたのに、「やっぱり無理」と連絡が入ったりして
なかなか見つかりませんでした。
当時は私もつわりがまだあり、引越し後でぐちゃぐちゃだったので、
早く来て欲しかったのですが…。


しかも、前の家よりも都心にあるので、アイの時給相場も高い!
近くに日本人が結構たくさん住んでるマンションがあるので、
そこの警備のおじさんにも、いい人いたら紹介してと頼んでおいたのですが、
日本人宅で働いた経験のある方は時給20元だってOrooro
そうじゃない人の15元だって高いと思ってたのに~。


まあ、そんなこんなでついに決まったのが三代目のデボラ(仮名)。
初めは、テキパキ仕事してくれそうだと思ったんだけど、
この方、おおはずれでしたPunpun

仕事も遅いし、もちろんテキトウだし。
洗濯物も、乾いたものをハンガーからはずすのはいいんだけど、
畳まない。


言わなくちゃわからないようなことならしょうがないんですが、
洗濯物が乾いたら畳む、って、今まで来てくれてたアイ達は
何も言わなくてもやってくれてましたよ。
だって、それが仕事ですもの。


それに、私が薄めて使っているキッチン用洗剤も、
「これを使ってね」と言ったにもかかわらず、
濃い原液をたくさん使って洗っていた!!
言うことも聞いてくれない。


そして、うちから出るリサイクルできそうなゴミ、ジュースのパックや
牛乳のパック、瓶類など、を時間をかけて丁寧に洗って、
乾かして、つぶして…貯めていました。
これは、自分で持って帰るため。
もちろん、持ってかえってもらうのは一向にかまわないんだけど、
我が家の仕事の時間中に、そんなことにたくさん時間かけてるのは問題。


だから、もうやめてもらおうかねぇなんて話していた時に、
春節に田舎に長いこと帰るから、代わりの人を紹介する、と
本人から言ってくれました。
もちろん、帰ってきてもその代わりの人が続けてくれるとのこと。


とりあえずホッとしたものの、引っ越してからアイ運に恵まれていなかったので
新しい人がどんな人が不安でした。



そしてやってきたのが四代目のシンディー(仮名)。
江蘇州の出身で、歳は50歳前半くらいかなあ。
すごく失礼なのですが、正直、初日に来てくれた時見た目があまりに田舎臭いから
ビックリしました。By Hiroshiが色々説明してくれてたのも全然聞いてないし。
(でも話聞かないのはこちらの国の方の普通、なので、それはしょうがない。)


それでも、仕事はなかなか速くて、がんばってやってくれますし、
自分で気づいたところを掃除したり、自発的に仕事してくれます。
デボラと比べるとすごくいいです。


でも、ある日のこと。

キッチンの収納棚のドアが汚いから、と掃除してくれていた彼女。
普通の洗剤じゃ汚れが落ちないと言われ、我が家に唯一ある掃除用の化学洗剤
「全能水」(すごい名前!)を渡して掃除してもらっていました。
キッチンに置いてあった金タワシでごしごししてくれていたのですが、
それから少ししてふとキッチンを見たら、なんと、その化学洗剤をたっぷりつけた
汚い金タワシで、土鍋をゴシゴシしてる!!!!OrooroOrooroOrooro


さすがの私も、初めて中国語で声を荒げてしゃべってしまいました。


食べるものを調理するお鍋を、そんな汚いタワシで洗うなんて私には耐えられない。
「キレイ きたない」の感覚が全然違うみたいでメチャクチャ不安になりました。


ナンシーは30代で若かったので、感覚の違いがあっても、
少し説明すれば結構わかってくれることもあったのですが、
シンディーはちょっと無理みたい。


また、以前は週3回アイさんに来てもらっていて、いない日には私が家事をしていたので、
彼女たちも「私のやり方」の痕跡を見て、我が家流にやってくれたりもしていたのですが。
今は、私が仕事を始めたため週6回来てもらっているので、私が更に家事をしなくなったと
いうのもあるのですが、それにしても、そういう風に目で学んでくれないんです。



今日も、幼稚園で使っているHalのオムツがなくなったので新しいパックを持っていくために
玄関に置いておいたんです。
ふと振り向いたら、いきなりシンディーがそのパックをハサミで切ろうとしている…!
「何してるのーー?」(とまたちょっと声をあげてしまいました。)
そしたら
「袋開けようと思って」って。


あのさ、その前に聞いてくださいよ。私に。
一言、「これ開けようか?」って言ってくれればすむことじゃないのさ。
色々やろうと気を使ってくれてくれる気持ちはすごく嬉しいし、
評価するんだけど、それが結局”いい迷惑”になってしまったら
お互い悲しいじゃないですか。



これからどうやっていけばいいんでしょうかねぇ。



彼女の勤務時間(2時間)が終わる前に私はいつも家を
出てしまうのですが、盗難とか、そういう一番基本的なことは大丈夫そうなので、
そこはいいんですけど。


毎日他人に家に来てもらって、家の仕事を色々やってもらうのって、
すごく助かるしありがたいけど、やっぱりちょっと疲れてイライラしちゃうんですよね。



と、家事も全部自分でがんばってる日本のママにとっては、
贅沢な悩みなんでしょうけれど。ごめんなさい。


By Kyoko

快適?木桶生活

少し前のお話になりますが、
やっとやっとやっと、お風呂を買いました。

引っ越してからバスタブがなくて、寒い中シャワーをあびていたのですが
Halだけ専用の足浴用木桶でお湯につかってました。)
ようやくゲット。

タオバオで探して、検討を重ねて、お店の人とも少しやりとりして、
ようやく買うことにしました。
なにせ安くはない買い物ですから、タオバオで失敗したら後悔してもしきれません。



そして、ジャジャーン。

ついに念願の風呂桶です。



前の家のバスタブはウェスタンな浅いバスタブ、
しかもとっても冷たい陶器だったので、
お湯をためてもすぐに冷めてしまったんです。

木製なら冷めにくいし、深さもたっぷりで
いい感じです。



バスルームにはシャワーブースしかないのですが、
大きめのシャワーブースなので、中に風呂桶を設置しても、
まだ身体を洗うスペース(狭いですが…)があります。
この、身体を洗うスペースって、外国のバスルームにはないので、
このスペースができて嬉しい限り。


Halもお風呂に入るたびにお湯をバシャバシャして
大喜びで遊んでくれます。



短足でお腹も少し出てきた私にとってはお風呂に入ったり出たりするのが
ちょっと大変ですが、やっぱりお風呂でリラックスできる時間は
いいものです。



By Kyoko