Archive for May, 2012

シャボン玉

先週末、By Hiroshiの元同僚(私たちが出会った頃に勤務していた会社の)の
お宅にお邪魔してきました。By Hiroshiは約6年ぶりの再会!
私は初対面でしたが、奥様には以前乳腺炎のことでアドバイスをいただいたことがあり、
Halの半年上のケンちゃんとも会えることを楽しみにしていました。


当日はBy Hiroshiの体調はまだ回復していませんでしたが、
私は随分よくなっていたので、奥様がご用意くださった
たくさんのおいしい手料理をゆっくりいただくことができました。
すごいご馳走!とてもおいしかったです。

こんなにかわいい子供用のご飯までKirakiraKirakira



Halもはじめはケンちゃんとからむことなく個々に遊んでいたのですが、
おしゃべりの上手なケンちゃん(2歳半の男の子でこんなすごい子初めて!)が
お兄さんらしくアプローチしてくれて、徐々に一緒に遊び始めました。


二人一緒に、筋肉痛で苦しむケンちゃんパパの上にまたがって跳ね回ったり。

(写真はその後の様子。)

一緒にヨーグルト食べたり。
ケンちゃんが「はるくん、おいしいね~」というと、
Halもベビーサインで”おいしい”と返事!
えーーーPachikuri会話してる!!

ケンちゃんのブーブーコレクションや、動物フィギュアを貸してもらって
たくさん遊べました。


そして、初めてシャボン玉に挑戦。
最初は液をつけた方を口に入れたりしていたHalですが、
しばらく遊んでいると、ママが見ていない間にいつの間にか
一人で上手に吹けるようになりました。


ばあちゃんにもらったアンパンマンの笛をいつも吹いていたおかげかな?

とても気に入って、ずっと集中して吹きまくっていました。



興奮して、お昼寝もせずにずっと遊びまくり。
帰りのタクシーに乗った途端に熟睡でした。

新しいお友達と仲良くなれてよかったね!
お友達と遊んでる姿を見ると、本当に嬉しい気持ちになります。
幼稚園でもこんな風に遊んでいるのかな〜?


また、ケンちゃんパパは「上海バックパッカーの会」を主催されているそうで、
今度私達も参加させていただくことになりました。
これも楽しみ。


久しぶりの新しい楽しい出会いに感謝です。

By Kyoko

皮系列 ~ 挑戦シリーズ33

暑くなってきて、道端で「涼皮」と書かれた屋台(?)というか
リヤカーをよく見かけるようになりました。

涼皮は、緑豆(たぶん)でつくったツルンとした食べ物です。
以前に一度似たような「麻腐」という食べ物に挑戦したことがある(詳しくはコチラ)のですが
どうやって食べるのか全くわからず、満足いくものは作れませんでした。


この屋台もどきをのぞいてみると、細く切った涼皮を野菜と混ぜて、
色んなタレをかけてるみたい。

食べてみたいな~と言っていたら、
同僚に「お腹壊しますよ。」と言われ(桂林米粉を食べて壊した前科があるので)、
中国人にそう言われたら、間違いなく壊すんだろうと思って断念。


じゃあ自分で作ろうっと。
ということで、パッケージに書いてあった通り熱湯に3分間ひたし、
冷水にとったあと細く刻み、塩、ごま油、黒酢各少々であえてみました。
Halも食べるのでここでは味を薄くしておきました。

あとは、キュウリなどテキトウなお野菜とあえて、
各自好きなタレ(この日は、数日前に食べたデリバリーの海南チキンライスのタレが
残っていたのので、それを流用。チリソースや生姜、たまり醤油などなど)を
かけていただきました。


うん、これはツルっとして、さわやかで、サラダ感覚でいただける、
まさに夏にピッタリの味。とてもおいしかったです。
今回は成功。

Halも気に入ってパクパク食べてくれました!!!

バタバタして写真に取り忘れてしまいましたがGa-n
涼皮の見た目が気になる人はこちらを見てみてください。




この日はもう一つの皮にも挑戦しました。
豆腐皮(中国ゆば)です。

冷蔵庫に肉がなかったので、豆腐を水切りしたものに納豆のみじん切りを混ぜ、
卵、細かくきざんだ野菜各種、片栗粉、ごま油、塩コショウをコネコネ。
豆腐皮で巻いて、油でちょっと炒めて焼き色がついたら
鶏がらスープとオイスターソースで中華風に煮てみました。

これも我ながら成功!

水で戻さなくてもそのまま使えて便利!
薄くて丈夫だから巻きやすいし、これは気に入りました。
子どもにも食べやすいと思います。
野菜もひそかにたくさん入れられたしHeart1


和食にも使えちゃうかなぁ。なんて考えています。
これも写真撮れずじまいで、文字ばかりの
おいしくない記事になってしまいましたが…。


こんな「皮」たちに、たまには活躍してもらうのも
楽しいものでしたNiko


By Kyoko




お兄ちゃんのキモチ

先週はものすごい足のむくみだったので、
週末に絶対マッサージだーと意気込んでいたのですが、
夫婦そろってダウンしてしまい(同じ症状だったので風邪かな?ひどい頭痛でした。)、
結局マッサージに行けずじまいだったBy KyokoNamidaです。



お腹が大きくなってきてから、よくお腹をペローンと出して
Halに見せてみるのですが、
毎回、Halはお腹に口をつけて「ぶーーーーっ」と音を出して遊ぶ、という
反応しかしてくれません。


Donちゃんと話してみたら?」
「ママのお腹に誰がいるの?」
と話かけても、あえて目をそらしての知らんぷり。

Donちゃんがもそもそ動いているときに
Halの手を取って触らせようとしても
触ってくれません…。



わかってはいるけど認めたくない。
そんな感じ。


子ども心に色々な葛藤があるのでしょうか。
2歳児には大変な試練なのかもしれません。




そして、最近ママにべったり、が多くなってきました。
前はパパでも大丈夫だったことも、ママじゃないとダメな時が増えてきたり、
パパをのけてママを独り占めしようとしてみたり。


そして、ママが家にいるときには、お昼寝は抱っこじゃないと
寝なくなってきました。

気分が乗ってないときは、テレビを見ていても
ママを側に置いておきたがります。
ちょっと何か取りにいこうといなくなっただけでも
泣きべそになってしまうことも。


「オレの独制時代はもうすぐ終わりだ」と気づいているのでしょうか。
今のうちにママ独占作戦?



幼稚園にがんばって通って、今でも多少なりとも我慢してる部分があるだろうから、
Donちゃんが生まれるまで、思う存分甘えられるときには甘えさせてあげたいと
思って、なるべく「抱っこ」というときには抱っこするようにしているのですが、



腰にくる…。 Tara






お兄ちゃんはかわいそうだなー。
今まで独り占めしてたパパママを、いきなり最強のライバルとシェアしなくては
いけないんだから。
一人っ子の私には、Halのキモチをわかってあげることはとてもできそうに
ありませんが、どんな風な心の中なのか、のぞけるものならのぞいてみたい。


あと2ヶ月ちょっと、たくさん甘えさせてあげたいです。



でも!今週末こそはマッサージ行くからね!!!!


By Kyoko

食事のこと

2歳になって色々なものが食べられるようになったHal
特に外食時など、「えーこんなもの食べちゃうの!Pachikuri」と
親をビックリさせてくれることもあります。


焼き鳥屋さんでレバーをパクパク。
居酒屋でもずく酢もパクパク。
アレルギーを心配して、3歳になるまでお預けと思っていた
そばも、パパの注文したざるそばを横からパクパク。

家にあったトッポキにインスタントラーメンの麺を加えて
プデチゲっぽくしたものを欲しがったので、
「辛いよ~」と言いながら少しだけあげたら…「もっと もっと!」
コリアンもいけちゃうの?

小龍包、ワンタン、餃子なども割りと器用にパクパク。

さくらんぼも随分長い間口にいれてクチャクチャやってるな、と
思ったら、タネだけペッと出すことができました。
ライチも大好きになりました。



Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop
ちょっと話は脱線しますが、先日お友達の家にあった
このレシピブックがものすごく気になって、早速アマゾンで買っちゃいました。

タイ料理食べたいけど、辛いの多いからHalがいるとどうしてもタイレストランから
足が遠のいてしまいがち。
でも家で一品二品作れたら嬉しい!
辛さも調整できるし、もちろん辛くないレシピもたくさんあるし、
夏にぴったりですごく気に入ってしまいました。
Halもタイ風春雨炒めなど、ナンプラーやニンニク入りのメニューでも
パクパク食べてくれます。
今から色んな国の料理、食べさせてあげたい!!
Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop Lolipop




色々食べられるようになって嬉しい反面、困ったこともあります。


一番頭を悩ませているのが、テーブルで食べてくれない、ということ。
ご飯の時、自分の椅子に座っていられる時間はほんのちょっとだけ。
メニューの中に自分の好きなもの(麺類、ハンバーグ、納豆ごはん、スープetc)があるときは、
それを食べ終わるまでは座っていてくれますが、
それ以外の時には白米をちょっと食べたら、「ばばぁ~」コール。
(最近、以前よりも随分はっきりと私のことを「ばばぁ」と呼んでるんです…Namida
わざとかも…?)


椅子から下ろせ、というサインです。
下ろさないと椅子の上に立ち上がってアピール。
危険なので下ろすしかない…

下に降りたらすぐに遊び始め、もう自分では食べてくれません。
でも、DVDを見ながらだと結構食べるので、
追いかけまわして食べさせてしまいます。

よくないなぁ~と思いつつ、毎日毎食「座って食べなさい」バトルを
するだけの気力・体力がないので、もうDVD見ながらでもいいから
食べてー、となってしまっています。

特に朝は時間もないし、DVD見ながらトーストを握らせています。
ごめんね…。


せっかく家族三人で一緒にご飯食べられるときでも、
なかなか難しいです。
どうすれば、ちゃんと座って食べてくれるのかなぁ。



その他困ったことは、お菓子の味と置き場所を覚えちゃったこと。
お菓子のあるところに私をひっぱっていってアピール。
ご飯を食べずにせんべいばかり欲しがったり、
甘いものばかり食べたがったりPrin
まあ、子供ってそんなもんなんでしょうけど。

もうちょっと大きくなったら、一緒におやつ作って食べたり、というのも
楽しそうだけど、今はまだできないしねぇ。




そして、味付け。
給食や外食で味の濃いものを食べるようになってきたからなのか、
味の薄いあっさりしたものはあまり食べてくれません。
サラダとか酢の物とか、食べてほしいなぁ。



好みも徐々に変化するようで、以前は大好きだったお味噌汁を
あまり飲まなくなってきて、もっとクリアな感じのスープが好きになりました。
以前ご紹介した薬膳スープとか、たくさんおかわりします。
(具は全て丁寧に取り除いてパパかママにくれます。
具の栄養もスープに出てるから…いいかなぁ…。)
ポタージュ系も、口にあえば食べてくれるときもあるけど、
コーンスープ以外は自分から積極的には食べてくれなくなっちゃった。




まあ何にせよ、多少なりとも食べてくれているので、いいのかな。
テーブルマナーはまだまだ早いにしても、ちゃんと席について食べる、というのを
教えるのって何歳から?
早く一緒にちゃんとしたレストランで食事に行きたいよー。


By Kyoko


突然の転院

先日突然博愛病院(妊婦検診に通っていたところ)から電話があり、
「明日、国際和平(出産する予定の病院)に検診予約を入れました。
今日紹介状を取りに来てください。」と言われました。


はあ!?


だって、その電話のあった数日後に博愛に検診に行く事になってたのに。
そしてその後和平に転院という手順だと思ってたのですが。
いきなりそんなこと言われても意味わかんないし。
私だってそんなヒマ人じゃないんだから、急に言われても取りに行けませんけど。

快递(バイク便みたいなもの)で送ってくれませんか?と聞いたら、
「明日の朝の検診までに届けられないから」と。まあ、それはそうだよな。


もう仕方ないので、仕事終って家に帰り、不機嫌で泣きわめくHalを抱えて
紹介状を取りに行きました。


先生に会って話したところ、「今朝急に和平から連絡があり、そういうことになった」
とのこと。病院もものすごく混んでるから、ドタバタしているらしいです…。
そうですか。まあそういうことならもうしょうがないよね。中国だし。
まあ私はちゃんと産めればそれでいいです、もう。



というわけで、その翌日に和平に検診行ってきました。
病院の周りは2年前とは大分変わっていました!
隣に妊婦、赤ちゃんグッズを売ってる一角ができていたり
(っていうか2年前になかったことが不思議)
向かいのデパートにもGAPができてたり、様変わりしてました。


1階の待合室には、ものすんごい人。ドラゴンパワーを感じました。
一般の診察、私にはやっぱり無理そう…


特級がよい、という淡い希望も泡と消え、まんまとVIPでの検診になってしまいした。
(詳しくはコチラ
もう反論する気力もない。予約できただけでもありがたいと思わなくっちゃ。


2年前のカルテを持って受付へ。
「最終月経はいつでしたか?」という質問が聞き取れなくて、
三回くらい繰り返してもらってやっと理解したものの、ごめん、覚えてない…
「紹介状に書いてあるはずだから。多分11月。」と曖昧な返事。


診察料は前払い。2年前よりしっかり、そしてかなり、値上がりしてました。
はあ…


体重と血圧を測りに行くと、「あなたのことを知ってる」という助産師さんが。
話を聞くと、Halを取り上げてくれた方だった!
顔を覚えていてくれたみたいでした。
ちょっと嬉しい。


尿を取って、問診、そしてエコー、また問診。


Donちゃんの顔が見えました!
Sekaiちゃんと似てた気がする。兄弟だもんね。



とりあえず順調、とのこと。
Sekaiちゃんの時と同じ先生が主治医ですが、
前回は英語で会話してくれたのに、今回はなぜか全部中国語。
わからない部分もあったけど、とりあえず「都好」とのことだったので、
まあいいか。




ほぼ全部中国語で検診を終えられたとは、
2年前に比べて私も進歩しているのでしょうか。
まあ二人目だからテキトウというだけかもしれないけど。



もう妊娠8ヶ月に入りました。
夜足がつって目が覚めます。あー、こんなこともあったなぁって。
一度産んじゃった後は、妊娠中のこととか案外忘れちゃってるものですね。


そんな訳で、無事にチャイナ式に転院しました。


By Kyoko

2歳

2012年5月21日。
日本では、金環日食一色の日でしたが、
上海では残念ながら見られなかったようです。
というか、そんなに朝早いと全然知らなくて、
気付いたらもう終っていましたTara


我が家にとって、この日は日食ではなく、Halの2歳のお誕生日でした。


当日が月曜日なので、週末から3日に渡ってお祝いCake1



まずは土曜日。
朝からあいにくの雨Rainでしたが、三人で食材の買い出しへ。
Halがお昼寝している間にケーキを焼き、夜はバースデーディナーの準備。
何を作ろうか色々考えた結果、今年はママ特製まんまるポテトコロッケ、
Halの大好きなコーンスープ、ゆでマカロニ粉チーズかけ、
さらに大人用にはお肉を焼いて、サラダも用意しました。

段取りが悪く、ご飯ができるのが遅くなってしまったため、
お腹ぺこぺこのHalさんはフライングでスープとマカロニをがっつり。
コロッケも少し食べて、すぐにテーブルを離れて遊びたがってしまったので、
せっかくのディナーを一緒に食べることができませんでした…Namida


でも食後のケーキを一緒に楽しむことができました。
去年のようにパーティーはできなかったけど、三人で
ロウソクをともしてお祝い。

久しぶりにちゃんとしたケーキを焼きました。
昔から大好きだったガトーショコラナンシー。

小麦粉ではなくアーモンドプードルを使うこのしっとりケーキ、
Halも気に入って、口の周りをチョコだらけにして食べてくれました。


そしてプレゼント第一弾、おばあちゃんが送ってくれた
消防車のミニカーで遊びました。





日曜日。
先日買ったばかりのワッフルメーカー始動。
楽しい朝ご飯を食べて、記念写真撮影へGO!
ちょっと前に団購(日本だとグルーポンって言うのかな?)で
168元の撮影券を買っていたので、それを持ってスタジオへ。

実はこれが団購デビューの我が家ですCamera


服装は4パターン選べたので、3つはスタジオの衣装、
あとは自前の服で撮影だったのですが…
Halさん、着せ替え人形になるのが嫌だったのか、
スタジオが嫌だったのか、眠かったのか、とにかく泣いてばかりでした。

カメラマンとかもほとんどあやしてくれないし、
以前100日写真を撮った時とは大違い。
まあその分値段がお得なのでしょうがないか。

というわけで、両親はHalをあやすのにかかりきりで、
自分たちのカメラでは1枚も写真を撮る事ができませんでした。
できあがりをお楽しみに〜。


帰宅後、お昼寝から覚めるとプレゼント第二弾。
これはパパママからのプレゼント、カラフルねんど!

ニュルっと押し出したり

丸を並べたり

夢中で遊べました。これは長い間楽しめそう!

私たちが小さいころは粘土といえば灰色or紙粘土の白だった記憶が
ありますが、こんな色とりどりの粘土、楽しいねーーー。


夜は近所のお店でご飯。




そして当日、月曜日。
いつも通り幼稚園へ行ったHal。楽しんで来れたかな?

ご飯を食べてから、プレゼント第三弾。
大トリを飾るのは、おばあちゃんからの消防車(大)。

すごく気に入って、集中して黙々と遊び続けました。


実は、おばあちゃんからの消防車はもう一台あるのですが、
一気にあげると飽きてしまうかもしれないので、
最後の一台は今度おばあちゃんが来た時に直接渡してもらうことにしますCar





Happy Birthday HalBikkuriBikkuri
あんなに小さくて、ゲップも上手にできなかった赤ちゃんが、
あっという間に2歳。
毎日元気に、最高の笑顔を見せてくれて、どうもありがとう。


パパもママもHalのことが大好きです。
これからも一緒に大きくなっていきましょう。


By Kyoko

意味不明

2歳を目前にまだ話し始めないHalですが、
意味不明の音を発することがだんだん増えてきました。

その中でも頻出ハル語をご紹介したいと思います。




「だじゃ」

これは、かなり前からたまに口にしていたのですが、
どんどん用途が増えてきています。

ベビーカーに乗って家に帰ってきたとき、
廊下の電球が点くとドアの前で「だじゃ」。

遊んでいる時に興奮して、なにかすごいことが起きると
「だじゃ」。


この頃は、パパママが怒って「ダメでしょ」とか言うと
口答え(?)的な感じで「だじゃ」。


そのほかにも、ちょくちょく出てきて、一番よく耳にする単語となりました。
どんな意味なんでしょう~~~~。


活用形としては「だだだだじゃ」とか「だじゃじゃ」などがあります。





「ぐん」

普段、”おいしい”を表すときはベビーサインを使うことが多いですが
(この頃は食べるべきじゃないものを口に入れて、”おいしい”ってやると
かわいいから許してもらえると思っているらしく、クレヨン食べて”おいしい”とか
やることが多くなってきました…Tara

本当においしい!というときには「ぐん」。


あと、Poop後のオムツを見せたり、臭い時にも「ぐん」。





「じーーーー」

動物の絵を見て「じーーーー」
虫の絵を見て「じーーーー」

動くものの中で車(ブブ)、飛行機(超音波みたいな高い音で表現)、
犬(うぉんぅおん)以外は「じーーーー」なのかな?


あと、なんの脈絡もなくこの単語を発するときもあります。





「イーーーーっ」(音程・高)

これは喜びを表す言葉のようで、幼稚園から帰ってきて
私がバスのドアを開けると「イーーーーっ」。
満面の笑顔がかわいいです。

Halのご飯中に私がキッチンへ何か取りに行き、
戻ってくると「イーーーーっ」。

など。





「イーーーーっ」(音程・低)

力をこめるときに発しています。
何か重いものを運ぶときに「イーーーーっ」。
軽いものでも、重いふりをして「イーーーーっ」。




こういう言葉も、ちゃんと話始めるとどんどん減ってしまうと思うと、
今のうちに意味不明な会話をもっと楽しんでおこうと思えるのでした。

By Kyoko


修了というか終了

去年から細々と続けていた在宅中国語レッスン

引っ越してからはまた別の先生に来てもらうことにしたのですが、
週末しかレッスンを受けられない上、月1で妊婦検診もあったり
連休もあったりで、なかなか進んでいませんでした。


が、ついに先日、今まで支払った分のレッスンを全て消化、
レッスン修了となりました。


最近中国語を話す機会も激減して衰えるばかりなので、
本当はまだまだ続けたいのですが、
Donちゃんも生まれるし、時間がなくなってしまうのが
目に見えているので、一度終わりにします。



まあ、始めたときに比べれば少しは上達したかなー。
しゃべりは相変わらずダメダメですけど。



決して安くはなかった授業料を無駄にしないためにも、
忘れないようにしなくちゃいけないのですがね…。
どうしよう。


自分で復習とか…絶対やらないだろうし…Tara



とりあえず、自分で自分に辛苦了!


By Kyoko

枯れない花

母の日の週末を迎える前日の金曜日、
幼稚園から帰ってきたHalのリュックにこんなものが。


まだちゃんと塗り絵もできないはずなので、
カバンに入れられて持たされただけなんだろうけど、
それでも初めてのHalからの母の日プレゼント。
感激でしたKirakiraKirakira



カーネーションの紙をめくると、2枚目には「ママ ありがとう」というイラスト。
これも塗り絵なのですが、さすがにこれには色塗ってなかった。
そして3枚目は「お手伝い券」。
何枚かあって、何のお手伝いをするのか、など書き込む欄もあり凝っていました。
大きい子供たちはここに色々書いてママにプレゼントするんでしょうね。
もちろんこれも空欄だったので、Halがもう少し大きくなったら、
「これくれたよね」って言って何か考えてもらおうと思います 笑。



心温まるプレゼントをありがとう。
そして、来月の誕生日とあわせて、ずっと欲しかったものを
By Hiroshiにおねだりして買ってもらいました。
まだ届いてないけど、楽しみです。





話は全然変わるのですが。

最近ものすご~く寝起きが悪いHal
私の母も、私もめちゃくちゃ寝起き悪いので、これはあきらかに私の血でしょう…。
そしてお気に入りのおやつはグリッシーニ。
塩分も少ないし、細長くて楽しくポリポリ食べられるのでいいかなーと思って
買ってみたら大ヒットでした。
これはイタリアン好きのBy Hiroshiの血か?
こういうのも遺伝するんですかね??



By Kyoko

チャリ通デビュー

2007年に初めて上海旅行に来たとき、たくさんの人が自転車に乗っているのを見かけ、
「さすが中国ねー」なんて言っていた思い出があるのですが、
5年後の今、上海では大分数が減ってきているようです。
自動車やバイク、あとは電動自転車が多いです。


でもやっぱり中国といえば自転車!
労働節連休の最終日に、念願の自転車を買いました。
というのも、お腹が大きくなってきてたくさん歩くとすぐ疲れてしまうので、
だったら自転車の方がいいなぁと思って。



家楽福(カルフール)の自転車売り場で物色し、
お兄さんおすすめのママチャリっぽい小さい自転車にしました。
ちょっと作りが荒い感じもするけど、400元だったのでまあよしとします。
それにカゴをつけてもらい(カゴ代別料金)、頑丈そうなロックも購入。

そして、By Hiroshiさんお得意(?)の値引き交渉開始。
お兄さんはなかなか値引きしてくれませんでしたが、
最終的に彼の持っている家楽福割引クーポン100元分をもらい、彼に現金50元を支払う、
という交渉が成立。あわせて50元の値引きとなりました。

何元以上かお買い物したら、この割引クーポンがもらえる制度なのですが、
お兄さんは別のお客さんにも同じ手を使って値引きし、
そのお客さんがお会計するときに出てくるクーポンを再度もらう、というやり方をしてるみたい。
もちろん私達が買った時にもらったクーポンもお兄さんにあげました。
どうせもらっても、有効期限がくるまでには使えないだろうし、まあいいよねー。
みんなが少しずつ得できた、ということで。店ぐるみでこういうことやってるのかなぁ?


そんなわけでついに自転車ゲット。
早速翌日からチャリ通デビューしました。
車道は怖いので、舗道をゆっくり走って10分ちょっとです。


会社のあるビルについて、チャリのままビルに入ろうとすると…
警備のおじさんからストップ!かかっちゃいました。
ビルの敷地内には駐輪場がないので、「ゼマバン~?」(どうすればいいのよ?)と聞くと、
目の前の道路に面している駐輪スペースに止めろ、とのこと。

駐輪場にはおばちゃんが常駐しており、一日5角(0.5元)の利用料を払わなくてはいけません。
そのかわり、おばちゃんが見張っていてくれます。
毎日同じおばちゃんがいて、ちゃんと私の下班時間も把握、私の顔と自転車を覚えてくれました。
(このおばちゃんは多分ビルの職員ではなく、区の職員なのかな?よくわからないけど。)

お金払うのは嫌だったけど、そんなに高くないし、まあ安心料ということで…。
一番心配だった、盗難のリスクも最小限ですみそうです。
でもこのおばちゃん、ずっと定位置の椅子に座ってるんだけど、
トイレとかご飯とかどうしてるんだろう。おばちゃんの健康が気になります。



今まではバス通勤でしたBus
家から5分強歩いてバス停へ行き、バスを待って、乗って、という感じ。
バスも結構混んでるし、特に帰り道は運が悪いと下校した小学生軍団と
そのお迎えのジジババの集団にもみくちゃにされてしまい、
しかも朝も夕方も老人が多くてなかなか席もゆずってもらえない状況。
前に住んでたエリアは郊外だったので、妊婦時代はバスでも地下鉄でも
割とすぐ席をゆずってもらえましたが、やっぱり日本と同じで都心に近づくとそういう機会も減りました。
一号線より二号線の方が、譲ってもらえる率が圧倒的に低い!


まあそんな感じだったので、舗装がかなりガタガタのbumpy rideで
お尻が痛くなっても、やっぱりチャリだと快適~~~。


しかも、帰りのバスがなかなか来ないと、Halのお迎えに間に合わなく
なりそうですごく焦ったり、やむを得ずタクシーでTaxi帰らなくてはいけないことも
あったので、気持ちの余裕もできました。

唯一、家に近づいた時に臭豆腐のお店が調理中だと非常に辛いですがGa-n


相変わらず不良妊婦ですみませんBean
早く子供用の座席を買って、近くにお買い物行けるようになりたいです。
Donちゃん生まれたら、Halを子供席に座らせて、
Donちゃんをおんぶして、子連れチャリライフを満喫できそうかな。


By Kyoko