Archive for June 15th, 2012

旅ゴコロ

先週末に「上海バックパッカーの会」に家族で初参加させていただきました。
こういう集まりに参加すること自体が初めてでした。
早めスタートだったため、Halも未来のバックパッカーとして最年少での参加。
今回は、打浦橋にあるモンゴルレストランでの開催でした。


レストランは小さいものの、中にゲルもあり、モンゴルっぽい雰囲気。

2年間旅をされてきた現役バックパッカーの太田氏をスペシャルゲストとして迎え、
お話を聞きながら飲む、食べる。
メニューの種類が少なく、食はそこまで満喫できなかったですが、
モンゴル独特のバター茶や、羊肉、ヨーグルトなど、どれもおいしかったです。



集まった方々も個性的な面々。
皆さん色んなところを旅されていました。
もっと色々お話したかったのですが、
レストラン内を休みなく旅してる人が一人いたので、
それについて回るので忙しくなってしまいました。


しばらくするとモンゴルの民族ダンスがスタート。

Halもようやく腰を落ち着けて、モンゴル美女のダンスに見入っていました。

そしてお姉さんのダンスが終わると、ステージスペースへ。

お姉さんに負けじと一人でクルクル回って、Halダンスを皆様にご披露。

Halも多少なりとも楽しんでくれたようでよかったです。



最近子育てと毎日の生活に追われてしまって、
ついつい「旅心」を忘れてしまいがち。
そんな私達を十二分に刺激してくれる会でした。

今後ともよろしくお願いします!!




話は変わって、今回ゲットした旅関係情報を。
まずは太田さんに伺ったこちらのサービス。
Couch Surfingという、世界中のホストの家に無料で泊まれる情報を提供しています。
今はこんなものがあるんですね。
家族連れだと利用は難しいかもしれないですが、
今後のために記録に残しておきます。


その話を聞いて思い出したので、こちらも書き留めておきます。
以前、大学時代の友人がバレンシアに1ヶ月ほど長期滞在した時に、
バレンシアでアパートを借りて暮らしている人が夏の間スペインを離れるので、
その間そのアパートをsubletしていました。

おそらくこのようなサイトを通じて、オーナーと連絡を取ってアレンジしたそうです。
私もそこに遊びに行って、泊めてもらいました。
久しぶりに会う友達と、広いアパートでくつろぎながら、
バレンシアの市場で買ったグリーントマトを一緒に料理したり、
友人のアートワークを見たり、いつもの旅とは一味違う思い出深い時間を
過ごせました。

subletって日本語だと又貸しみたいなことかな。
これは無料じゃないですが、長期滞在にピッタリだと思うのでついでにご紹介。
キッチンもキッチン用品も揃っているのを安く使わせてもらえるなんて理想的ですよね。
色々な物件があるかと思いますが、家族で利用するにはいいかも!


どちらも、その国の生活をちょっとだけ垣間みる事ができそうなところが
魅力ですね。



8年後にはどんな風になっているんでしょう?
また新しいサービスが出てきてるだろうし、ネットや携帯の環境も
ますます便利になってることでしょう。
先のことだと思ってなかなか考えられないけど、
今から色々計画しなくっちゃ、と改めて思いました。





メキシコに行ったとき、宿探しを手伝ってくれたアメリカ人家族。
ママが乳児をぶら下げて、パパがバックパックとともに上の子をかついで、
楽しそうに旅をしていました。
子連れで大変なのに、メキシコの片田舎でスペイン語が通じなくて四苦八苦する私達に
ついてきてくれて、通訳してくれました。


その時はまだBy Hiroshiに出会う前だったけど、
「将来あんなふうに家族で旅行できたらな」と思ったことを
よく覚えています。


憧れのあの家族を目標に!
Donちゃん生まれたらバックパックの旅に出てみたいなぁと思いました。
さあ、どこへ行こう!さあ、旅へ!


By Kyoko