Archive for September, 2013

エイサーと自動販売機

上海から一度実家のある埼玉へ飛び、
しばらく滞在して荷物の整理をした後、沖縄入りを果たしました。

今は同年代のご夫婦が経営しているゲストハウスに滞在しています。

沖縄に来る前日に慌てて予約したのですが、
ここに泊まらせていただいているおかげで、
沖縄生活がスムーズに滑り出した気がします。

オーナーさんは子沢山で、小さい子連れにも優しいし、
5歳の末っ子ちゃんがちょくちょく顔を出してHalSoraと遊んでくれます。
ホントに素敵なご家族で、こんな出会いに恵まれたことに感謝☆


長期滞在の女性が3人いて、皆素敵な方たち。
いきなり大家族で住んでるみたいな感じ?
色々な情報を教えてもらったり、紹介してもらったり。
私も家族以外の人と気軽におしゃべりできる時間に
かなり癒されています。
洗濯も自炊もできるし、快適な毎日です。



近所には、就活中に子供を無料で預かってくれる
素晴らしいファミリーサポートセンターもあるんです。
日本すごい!!早速面接の時に利用しました。


うちなーでは、散歩してるとみんな声をかけてくれて
優しくしてくれる。
子供達にニコニコ笑いかけてくれる。
困っていると助けてくれる。


なんだか嬉しいことばかりです。


そして、行き当たりばったりで決めた滞在先だったのですが、
到着の翌々日から開催された全島エイサー祭りの会場のすぐ
近くだったんです!
お祭りのことも全然知らなかったので、本当にラッキー。

一日目は道じゅねといって、道を練り歩くイベント。
ゲストハウスの目の前を通ります。
By Kyokoの地元では毎年阿波踊りをやるので、
踊りは違うけどなんだか懐かしい感じ。

キッズも初めて見るエイサーを喜んで見てくれたかな?

別の日には運動公園でお祭り。
これも見に行きました。

公園内ではオリオンビールフェスタもやっていて、
ビールを飲みながらキッズは砂遊び。

Hal画伯の絵。




Halは日本に帰ってきてから自動販売機がお気に入りです。
コインを入れるのも、飲み物を取るのも、飲むのも好きなようで、
道端で自動販売機に出会うとすごい反応ぶりです。
そういえば中国ではこんなのなかったもんね。
By Hiroshiの地元の市役所では大好きなヤクルトが売ってる販売機があって
Halは感動した様子。

道端を散歩するだけでも、私たちが全然きづかないような
「違い」を発見して、楽しんでいます。



先日はオーナー夫妻にビーチイベントにも誘っていただいて、
めちゃくちゃキレイな夕陽を見ながらビールを傾け
音楽聞きながら波打ち際で子供と遊ぶ、という
上海では絶対にできなかった最高の時間を
過ごしてきました。

(写真はそのときとはまた違うビーチですが…)

By Hiroshiの面接についていって、ついでにビーチで遊んできたり、
ものすごく贅沢な時間をすごしています。



沖縄生活、まだ3週間弱ですが、
すでに沖縄ラブです。
みんなだんだん小麦色になってきましたよーーー。


私たちの出身地である埼玉って誇れるものがあまりなくて、
郷土愛も薄いので、こんなに大好きになれる場所が見つかって
そこに住んでいることがありがたくて嬉しくてしょうがありません。



早く住むところを決めて、もっともっと地元を好きになっていきたいです。


By Kyoko


内モンゴル

はいさい ちゅーうがなびら!
沖縄に到着して一週間が経ちました。
なかなかブログを書く時間が捻出できない日々です…
が、みんな元気にしております。


中国での最後の国内旅行、内モンゴルへの旅を
簡単に記録しておきます。

朝に最後の房東とのバトルをなんとか無事に終えて
(このバトルも大変でしたよ~。でもこの話はまたそのうち。)
上海からフフホトへ飛行機で飛びました。
飛行機の中で、なんとSoraが発熱。
とりあえずホテルでゆっくりすることにしました。

晩ご飯はBy Hiroshiがホテルの近くで買ってきてくれました。
でもなかなか適当なお店が見つからなくて、
結局買えたご飯も微妙なお味…
上海の便利さ、ありがたさをかみしめました。


そして翌朝、Soraの熱が結構さがっていたので、
心配しながらも一泊の「草原ツアー」に参加。
バスに激しくゆられながら2時間半、草原に到着。
酔い止めを持っていて助かりました…

せっかくなのでBy HiroshiHalはお馬さんに乗りました。
Halはつきそいのおじさんと二人乗り。
とても喜んで乗っていたのですが、途中で眠くなって爆睡。

折り返し地点でバター茶を飲んで休憩した後、パパと別れて馬に乗るところで
号泣したところしか写真に撮れませんでしたが、すぐに泣き止んで
ご機嫌で初めての乗馬を楽しんできました。



その間、SoraBy Kyokoは日陰に避難。
ツアーガイドさんの計らいにより、ガイドさんたちが休憩する部屋で
一緒に休ませてもらいました。
Soraはご機嫌が悪くずっとママ抱っこ。
お熱もまたあがってきたみたい。


モンゴル風(?)のお昼ご飯はパンとご飯、
各種野菜料理と羊肉でした。
ツアーに参加したメンバー全員で一緒にいただきました。
(ちなみに外国人は私たちだけ)
案外野菜がたくさんあって、Soraもトマトなど水分のあるものを
たべられました。

午後はパオでゆっくり。
Halは草原で動物と触れ合って走り回りました。


グダグダな乗馬ショーやモンゴル相撲も見られました。

夜は昼とほぼ同じメニューのご飯に馬乳酒がついてきました。
ショーがある、と聞いていたのですが、おっさんが一人大音量カラオケで
歌っているだけで、ほとんど誰も聞いてなかった…笑

Soraの調子もよくなかったので、早々にパオにひきあげて就寝。
ばたばたしていたせいで、モンゴルで絶対見たい!と思っていた
満天の星空を見逃してしまいました…Tara

そして夜中も草原で大音量のショーがくりひろげられていて、
「静かな草原で一泊」というイメージはぶち壊し。
これさえなければよかったんですがねえ。
日本人向けにやってるツアーとかならこういうのはないと思います!


翌日は朝早くに起きて、またバスでフフホトへ戻りました。
最終日はちょっといいホテルですごしました。
ゆっくりして、夜はおいしいブッフェでモンゴル料理をたくさんいただきました!
Halはカレー味のパスタが気に入ってたくさんたべました。


その夜、体調が安定してきたと思っていたSoraが高熱を出してしまい、
さすがに病院に行ったほうがいいのでは…とBy Hiroshiと二人でフフホトの病院へ。
かなりすごい体験をしたようです。
Soraはかわいそうにおでこから点滴Namida
夜中までかかりました。
でもがんばったおかげで朝にはかなり熱が下がっていました。


上海に戻って、浦東から直接病院へ。
診断は熱中症。休息とポカリと抱っこでゆっくりすごしました。


Soraに無理させてしまったため、当初の予定を変更。
船で大阪に渡るのをキャンセルし、上海で3泊ほどゆっくりすごしてから
飛行機で成田に飛ぶことにしました。
Soraは上海にいる間に完全復活して、元気な状態で飛行機に乗れました。

子連れ旅行、試練がいっぱいだけど、楽しかったです。
今度はSoraも楽しめる旅行にしようね。




By Kyoko