Archive for March, 2014

骨と星

昨年の春には元気そうな様子だったのに、
夏に帰省した際に、急激にやせてしまっていて、
周りを心配させていた義父(By Hiroshiのお父さん)。


病院には絶対に行かない、という意志を貫いていたのですが、
2月末に、自力で立ち上がることができなくなったため、
ついに入院することになりました。
検査の結果は、末期の膵臓癌。

もともと3月末にお祖母さんの一周忌で帰省する予定だったのですが、
予定を早めて、入院の翌週にお見舞いに行くことにしていました。


二日後に埼玉行きを控えた3月5日の朝。
その日はHalSoraの遠足の日だったので、
早起きしてお弁当を作っていたところに義母からの電話。
「5時40分に亡くなりました。」69歳でした。

入院時には、余命は3ヶ月、もしかすると1ヶ月、と聞いていただけに
早すぎる訃報に驚き、悲しみました。


翌日に埼玉へ。子供達がいるとなにかと大変なので、
まずはBy Hiroshiのみかけつけ、私たちはBy Kyokoの実家で待機。
実家同士が同じ県内だとこういう時に助かります。


昨年のお祖母さんのお葬式から一年たたないうちに、
同じ会場でお通夜と告別式。
昨年、Halが大興奮で走り回っていた悪夢が蘇ります。
しかも今年はSoraも動き回るようになっています…


でも、この一年間で少し成長したようで、
少しだけ大人しく座っていることができました。
そして、お家におじいちゃんがいないことに気づいていて、
おじいちゃんに何かあったということがわかっていました。


今回はBy Kyokoの両親も来ていたので、
お通夜の後半には、Halは別室で一緒にアンパンマンを見たりして
過ごしました。子供達の面倒を見てもらえて本当に助かりました…。


遺体のお顔を見たら、おじいちゃんだとわかったHal
もう一緒に遊べないんだよ、おじいちゃんは天国に行って、
お星様になって、はるくんのことを見ててくれるよ。と
言うと、彼なりに理解をしたようでした。
翌日も「おじいちゃん、天国に行って、お星様になった」と
自分から言っていました。


告別式も無事に参列して、火葬場へ。
悲しい時でも、いとこのお兄ちゃんお姉ちゃんと遊ぶのは
やっぱり楽しい。子どもたちの笑顔にみんな少し元気をもらいました。

お骨を拾ったあと、Halが急に
「おじいちゃん骨になっちゃった」と言い出したので、
私たちが思っているよりも状況をよく理解しているんだなと
ビックリ&感心しました。



昭和の父、という感じで口数も少ない人でしたが、
妊娠中も産後もいつも気遣ってくれ、
孫たちのことをとてもかわいがってくれました。

最後にHalSoraと会ってもらいたかった…それが本当に残念です。
そして、二人が大きくなったときに、おじいちゃんと遊んだ記憶が
ほとんどなくなってしまうであろうことが悲しいです。


でも、あんなに病院を嫌がっていたので、
これ以上病院ですごすのが嫌だったんだろうな、と思います。
病院食もおいしくないし、義母の作ったものがいい、と言っていたそうです。

好きなものを食べて、好きなだけタバコを吸って、
お酒をのんで、自宅で過ごしたかったのでしょう…
入院の前日まではお酒もタバコものんでいたそうなので、
とてもお義父さんらしいなと思いました。


Halは沖縄に帰ってきてからも、おじいちゃんの写真を見て、
「おじいちゃん、骨になっちゃった。
お星様になったの」とおじいちゃんのことを話しています。

Soraはまだちょっと小さすぎて、あまりよくわかってないのかな。
人生でもう2回目のお葬式でした。


おじいちゃんの血を受け継いだ二人が元気に大きくなれるように
By Hiroshiと力を合わせて頑張って行きたいと思います。


By Kyoko


おてちゅ

最近「はるくん、にいにい!」と主張することが増えてきたHal
(沖縄ではお兄ちゃんのことをにいにい、お姉ちゃんのことをねえねえといいます。)
赤ちゃん扱いされると、ご不満みたいです。
にいにいだから○○できるんだよ~みたいなことを言ったりもします。

Soraがテレビに近づきすぎたら「しょらくん、ちかいよ!」と言ったり、
ごくたま~にですが、面倒みてくれようとしたり。


そんなHalは「おてちゅ」ブーム。
お手伝いのことです。


ピタゴラスイッチのお手伝いロボ、という歌を歌ってあげると
さらにやる気アップして、色々やってくれます。

特に食器のお片付けが得意です。
食べ終わった食器を流しまで運んでくれます。
たまに、お店でも片付けようとして、自分の使っていたお皿をお店の
お姉さんに渡しに行ったりしてます。

食事の用意も、「これテーブルに置いて」というと、ちゃんと運んでくれることも。
かなり高度なおてちゅもできるようになってきました。


カレー大好き!



そんなにいにいを見て育っているSoraは、自分もおてちゅしたくてしょうがありません。
食べ終わると、お皿を運びます。
そして、流しに投げ込むので、割れてしまわないかいつもヒヤヒヤ。
でもやりたい、という気持ちを大事にしてあげたいので、やってもらっています。


「これパパに渡してね~」というとちゃんと持って行ってくれたり。
やっぱり、Halが一歳半のときより断然言葉の理解度がすごい!
というか、人のいうことをちゃんと聞いてる!!

最近は、顔のパーツを覚え始めたので、
はな、め、ほっぺた、あたま、などと口にしながら自分の顔を指さします。
特に「ほっぺた」と言いながら両ほほ触ってるところがかわいくてHearteye
「ママの鼻は?」「パパの頭は?」という質問にもきちんと回答。
すご~~~い。
Halはこんなこと一切やらなかったので、新鮮です。

この間はホットケーキのたねをグルグルかきまぜたかったみたいで、
ちょこっとやってもらったらすごく嬉しそうでした。
なんでもかんでもにいにいの真似っこばかり。


スリッパや靴を履くのが好き!



Halは、言葉の発達とともにごっこ遊びをどんどんするようになりました。
ほんと多種多様なので、感心してしまいます。

先日はイスの上でサランラップ芯を転がして「ピッツァ~」
そして「BAM」言いながらと具材を乗っけて、オーブンで焼いて、
食べさせてくれました。
「ソーセージのってる トマトのってる」と言って楽しそうでした。
このピザづくりは、大好きなエルモのDVDの影響です。

英語のDVDを結構見ているので、割と色々わかってるみたい。
保育園の英語の時間にも「Apple」と言って先生からほめられたりしています。


Soraも「Airplane」だけは英語で言っています。
これも兄の影響。


北谷の大きな公園にあるハンモック式のブランコは大きいので、
二人で一緒にニコニコ笑顔で楽しんだり、少しずつ一緒に遊べるようになってきました。
これからも二人で仲良くおてちゅよろしくね〜〜。

By Kyoko

熱い選挙

よみたんちゅではないのですが、なにかとご縁のある読谷村。
たまに、自分たちも読谷在住だと錯覚するくらいです。
2014年をもって、日本で一番人口の多い村となり、とても盛り上がっています。


無投票で現職村長が再選された村長選挙よりも、もりあがっていた
キャラクター選挙が幕を閉じました。
読谷村のマスコットを決める選挙で、いろんなキャラが立候補していました。
けっこうかわいいゆるキャラがいたんですよ。


私は、そらまめをモチーフにした「トマミン」を押していたのですが、
残念ながら敗戦…。
誰が勝ったかは、こちらのリンクから見てみてくださいね。


ちなみに、そら豆は読谷村の特産品で、
そら豆で作ったトーマーミー味噌などとてもおいしいです!
この味噌で味噌汁にするとまた一味違いますよ~。



先月末はいつもお買いものに行っているファーマーズマーケットにて、やちむん市が開かれました。
とてもいいお天気で、多くの方が集まってきていました。
我が家も、念願だった醤油差しをついにゲット!
蓋がない分お安くなって、500円で買えました。
By Hiroshiがコルクで蓋を作ってくれました。



ちなみに我が家のドライブでよく聞いている音楽は
1. カーズ2のサントラ (Halが人生初歌えるようになったテーマソング「ジュジュッジュ~」♪)
2. ライオンキングのサントラ 
3. ピタゴラスイッチ うたのCD 
そして、
4. FMよみたん
です。


FMよみたんテーマソングがとても気に入っています!!

Onpu2えふえむよ~みたん、ナナジュウハッテンローーークOnpu2
さあ、みなさんも歌ってみてくださいね~。



日本一の村、読谷村。熱いですよ。
みなさんもめんそ~れ!
By Hiroshiがご案内いたします。


By Kyoko