‘飲み食い/Eating & Drinking’ Archive

ご飯をつくるということ

最近、大好きなよしもとばななの「ごはんのことばかり100話とちょっと」を読みました。

彼女の本に登場する数々のおいしそうな食べ物の起源が
垣間見えたような気がしましたKirakiraKirakira


私は特に、「キッチン」の続編である「満月」に出て来たカツ丼が
本当においしそうだったのを、今でもよーく覚えています。
カツ丼自体はそんなに好きではないのに、すごく食べたくなっちゃった。
あれを読んだのは高校生の時だけど、それ以来ばなな作品が大好きです。
日常にすっと出てくるおいしいものたち。
そしてそれを共有する人たち。


「ごはんのことばかり100話とちょっと」はエッセイですが、
ばななさんにとっての、そういうおいしいものが出て来て、とてもいい内容でした。


中でも、今の私にとって最も興味深かったことは、やっぱり子供に関すること。

Hand息子さんが小さかった時の話の中から抜粋
「一生のうちで今ほど家でごはんを作ることはないだろうと思う。
育児中のごはんは家族のごはんである。家族をひとつに結ぶひものようなものだと思う。
なんでもいいのである。楽しくて、家で食べることができれば。」


子供が小さい時期には”家ごはん”が大切になってくるんだな〜と改めて教わりましたUdon
Sekaiがうちの食卓に加わったら、どんな風に変化してくるんだろう?
彼がご飯を楽しむようになるのはまだまだ先ですが、それも楽しみです。



Handトムカーガイを作ったときの話から抜粋。
「こうやってちょっとずつ、外国の味が自然に彼にしみこむといいと思う。
なんでも食べていれば、どこの国でも暮らしていけるだろうと思う。
いろんな味を知って、いろいろ比べて、うんと広い味覚になってほしい。
そしてお母さんの料理も『へたくそだけどあれはあれでよかったな』と将来思ってほしい。」


うんCrown これはまさに私の考えにしっくり来すぎていてビックリBikkuri
Sekaiもせっかく外国で生まれ育つのだから、色んな味を覚えてほしいし、
旅行に行った時に「なにこれ、こんなのボク食べたことないからいらない」ではなく、
「どんな味がするんだろう。ちょっと食べてみようぜ。」と率先して言える
たくましい男になってほしいと思います。
そうじゃなくっちゃ、世界一周に一緒に連れていけないしね。



私が作る料理が、そしてそれを食べる環境が、
一人の人間の味覚や食に対する考えのベースになってしまうって、
よく考えてみるとちょっと恐ろしいかも…。

どんなものを好きになってくれるかな。



母が送ってくれたベビー服が上海に届き、お友達からも色々おさがりをいただき、
少しずつSekaiと暮らす準備が進んで来ていますが、
この本を読んで、また楽しみが増えましたNiko

By Kyoko

青島ビール


断酒中のBy Kyokoを横目に肩身せまいながらも、ビールを楽しんでるBy Hiroshiです。

こっちのビールは中華にあわせてか、薄めでスッキリ爽快を売りにしているものが多く、
ビールのみではちょっと物足りないのですが、

今回は
前から気になっていながらも、高値の為なかなか手を出せなかった”黒チンタオ”を堪能しました。

この黒チンタオは青島で作られた本場もの。
上海で出回ってるチンタオは上海郊外で作られているため水も違うし、味も違うとのこと(現地のおっさん談)
アルコール度もグッと高く、飲みごたえあります。
ベルギービールも売ってるけど、こっちの生活水準からすると日本以上に高価で気軽に買えないので、
たまに贅沢気分を味わうにはこれがもってこい。これからもお世話になります。

いつもの青島の王冠の裏は、あたり付きです。0.5元(7円くらい)があたります。ちゃんと換金してくれるのか!?

ハズレだと「謝謝」とあり、ちょっとイラッとします。


ついでに、以前、留学中に、
青島の生ビールを飲むぞ!!と意気込んで長距離バスで一人出かけたときの写真があったので。



青島ビール工場内にあった、三国志「桃園の誓い」で青島ビールを飲む絵の下には、
「DAI NIPPON BREWERY」の字があり、気になって調べてみたら、
1906年に
アサヒビールの前身、サッポロビールの前身と、恵比寿ビールを製造していた日本麦酒が合併した、大日本麦酒とのこと。

第一次世界大戦の戦後処理でドイツの租借地であった青島が日本の管理下になり
それに伴って、ドイツ資本の青島ビールも1914年〜1945年まで大日本麦酒が経営していたようです。

う〜ん、まあ、歴史のよい、わるいはないですが、
これから味わうチンタオの深みがさらに増しました。

By Hiroshi

ゆで卵

さて、ゆで卵のぬか漬けのできばえは…

img_1499


Very Good!!!

おいしかったです。
白身の部分にお漬け物の風味がしっかりして、卵もしっとりとなって、
日本酒や白いご飯に合いそうな感じ。

是非お試しあれ!

ちなみに、その横にあるのは白うりです。

By Hiroshiは主菜のパスタに夢中だったので、ぬか漬けにはあまり反応せず…

img_1498


ところで、旅行中にぬか床を預かってくれる人募集します!  Search   Search
取り扱いは難しくありません。万が一ダメにしてしまっても責めません Island

そこのあなた、どう?

還暦

By Kyoko父が来週で60歳になります。
幼馴染の家族達と集まって、還暦のお祝いをしました。Cake

お祝いといっても、いつもの通り食って飲んで…というだけですが Beer Beer Beer

赤い服は絶対に着なさそうな父なので、
差し色で少し赤が入ったシャツをプレゼントしましたShirt
父へのプレゼントといえば、お酒が定番。
おしゃれに全く興味のない人なので迷いましたが、
たまにはいつもと違うのもいいかな…。

img_1273


北千住にある萌蔵という居酒屋さんに集まりました。

一軒家を改装したような、素敵なたたずまい。
小さいところですが、ご飯もおいしく、くつろいで楽しむことができました。

img_1267


北千住はいつも通過するばかりで降り立ったことがあまりなかったのですが、
裏路地にたくさん美味しそうな店があって、おもしろいところでした。

それにしても、幼馴染は3歳の時からのおつきあいなのですが、
何十年もたって、みんな酒豪になって、
大人たちと一緒に飲む日がやってくるとは誰が想像したでしょうか?

By Hiroshiもこの集まりに混ぜてもらえて嬉しかったのですが、
予想通り飲み過ぎて、帰り道が大変(私がね)&翌日はせっかくの休日なのに二日酔い。
He never learns the lesson…

決して、周りに飲まされすぎたわけではなく、自業自得。

十分に反省してほしいBy Kyokoでした。

餃子でワイワイ

豪華なディナーの翌日には、大成功に終った結婚式二次会の幹事 を
務めてくれた友人達を自宅に招いて餃子パーティー。

img_1193


昼間からビール片手に、みんなで餃子を包んで、焼いて、騒ぎまくって、
とても楽しかったです!

シュウマイと餃子、おつまみをもりもり食べました。
シュウマイを蒸しすぎて、皮がべちょっとなってしまったのですが、
味はおいしかったSmile Cookpadで見つけたレシピですが、
貝柱の缶詰を入れるんです。

ちゃんとした写真をあまり撮ってなかったみたい…。

二次会の準備は、幹事のみんなが本当に色々とやってくれて、
話を聞いてみて、大変なことお願いしちゃったなーと思うと同時に、
笑顔でやってくれたみんなに改めて感謝でしたBikkuri

ちなみに、二次会をやった会場は、麓屋というところ。
モダンな雰囲気で、おそばがおいしかったです。

Satoshiくんが、とっても素敵なプレゼントをくれましたFrog Grin
カスタマイズしたスニーカー。

img_1241


By Hiroshiのための、世界に一足しかないスニーカーです。

側面の赤と、黄色(ナイキマーク)は中国の国旗の色、
つま先の青は韓国の国旗、そしてピンクは、
By Hiroshiの出身地 上尾のイメージマーク”アッピー”から取ったそうです 笑。

そして、よーく見ると、”I Love Kyoko”と入っているのわかります?

これをはいて、世界一周に行きたいと思います。
ますます楽しみになってきたね。

Satoshiくん、みんな、ありがとう!!!!!

By Kyoko

贅沢な夜

By Hiroshiのおじさまにいただいた結婚祝い。
なんと、高級フレンチレストランのお食事券でしたfork

早速行って参りました、クレッセント

img_1142


こんな贅沢は最初で最後かもしれない…。
とっても素敵な建物、サービスとお料理を堪能しましたKirakira

まずは、夏みかんと桃のピューレが入ったシャンパンで乾杯Heart1
さわやかな食前酒とおいしいおつまみで気分が高まります。

 

 

そして、アミューズは、タスマニア産 牡蠣のゼリー寄せ

img_1144


牡蠣の旨味と、きゅうりのシャキシャキがさわやかでお上品な一品。

 

 

 

続いては前菜。ブルターニュ産 オマール海老と夏トリュフのサラダ仕立て

img_1147


海老がおいしい!そしてソースが絶品。
海老の爪の身をパートフィロに包んであげたものが横に添えられていて、
これがまたおいしかったです。

 

 

冷製コンソメとヴィシソワーズ

img_1149


オーソドックスですが、おいしい。
ヴィシソワーズはジャガイモの優しい甘み、コンソメは濃厚なビーフ。
別々でも一緒に食べても、ホントおいしーーー。

 

 

 

蚫のフォンダン ベアルネ風のジュ

img_1152


蚫がもっちりやわらかくて…
付け合わせのウイキョウがおいしかった!こんな風にして食べたの初めて。
スパイスだとばかり思っていました。

 

 

お肉料理は二つから選べるのですが、迷っていたら、
どちらも半分ずつ用意してくれました。ウッヒッヒ。

北海道白糠産 仔羊料理 と、黒毛和牛フィレの炭火焼と温野菜

img_1156


おいしー。肉はもちろんですが、付け合わせのカブがおいしかったー。

 

 

デザートは、木苺とキャラメルアイスクリームのシュクセ

img_1165


木苺の酸味、アイスの甘さ、苦み、メレンゲのサクサク。

 

お腹いっぱいでしたが、プチフールとコーヒーで締め。
せっかくなのでプチフールも頑張って食べました。
焼きたてのマドレーヌ …幸せ。

img_1167


マカロンと、真ん中にあるのはホオズキトマトという変わったもの。

img_1168


もう食べられない…と少し残してしまいましたが、マドレーヌを包んでくださり、
なんとお土産のジャムまでいただいて、大満足して帰りました。

お店の中が暗かったので、うまく写真が撮れませんでしたが
(一眼レフをまったく使いこなせてない…  Sweat
雰囲気はわかっていただけるかと思います。

お腹がいっぱいで苦しかったので、近くの東京タワーまでお散歩して帰りました。

img_1180


夫婦になって初めての外食(阿佐ヶ谷以外の場所で)は、一生の思い出となりました。
こんな素敵なプレゼントをくださったおじさまに感謝!!!

By Kyoko

山盛り香菜(パクチー)

今日の夕食は、

 

「ゆで豚のポッサム風八丁味噌添え」img_11371
 

ポッサムはゆで豚を白菜に包んで、コチュジャン、ニンニク、キムチなどをそえて食べる韓国料理です。

 

韓国の友人達と床で円になって食べたことを思い出す。

 

 

「山盛り香草と焼き海苔のサラダごま油ドレッシング」img_1135
 

香草好きの二人。部屋中鮮烈な香りにつつまれて、学生時代、このパクチーとナンプラーの香りが忘れられず何度もタイに行ったことを思い出しました。

 

 

 

「ポテトとしめじのスープ」

ゆで豚の煮汁なので豚肉のだしがさいこーにうまかった。

「夏はやっぱりゆでとうもろこし」

あまくて、ジューシーで夏を満喫。

img_11394



「さくらんぼ」奮発して佐藤錦

 

今年はさくらんぼ狩り行けなかったなぁ。

 

ちなみに俺が作ったのは、食前に飲んだ、「バナナシェイク」のみです。Eek!

 

 

By Hiroshi

Cava

img_1057昨日は家でCava(スペインのスパークリングワイン、シャンパンよりもお手頃です)と生ハムにチーズを買ってきて、
By Kyokoが水菜のサラダ、タコとポテトのガーリック風味、穴子のグリルバルサミコソース〜ズッキーニ添え〜を
Cavaに合うようにと作ってくれて、
ベランダで育てた、バジル、青じそ、パセリも一緒にちょっと豪華な食事で、心もお腹も満腹です。
こんなおいしいものを家でリラックスしながら食べられて幸せ。

スペインのバルでもうまく、安く、よっぱらいたい

img_1043By Hiroshi

限定という言葉に弱い日本人

昨日お買い物にいったら、なんとこんなものが!

 

エビスBeer超長期熟成Beer          Kirakira

 

数量限定、しかもなんか豪華チックな缶のデザイン。
通常よりかなりお高め(4缶入 980円:西友価格)で、バラ売りはなし。

 

高いけど、エビスファンとしてはやっぱり飲んでみたいし、
このご時世にあえて高い商品で勝負する心意気はすばらしいので、
迷いつつも買ってしまいましたClover

 

そしたら、やっぱりおいしいのはおいしくて、
後味まで味わえるようなビールでしたが、
でも、ここまで高いのを続けて飲みたいかと問われれば、
答えはNOですかね。

 

値段と味をセットにして比べると、私たちは
アサヒ ザ・マスターの方が今のところはお気に入りですStrawberry

 

 

ああー、まんまとエビスの策略にはまりましたねBikkuri
でも楽しんだから、よしとしますか。

オアシス

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
いいお天気Sunが続いているのに、私はお仕事をしたりしていますが Frown
2年前にトルコへ一人旅に行った時にカッパドキアのツアーで知り合ったお友達Yさんが、
連休を利用して東京に遊びに来たので、久しぶりの再会を果たしました Blue Kinoko

お互いの旅行話で盛り上がってとても楽しかったです。
By Hiroshiのことも紹介でき、世界一周旅行への励ましをいただきました。

Yさんは年末年始にモロッコとカタールに行ったそうです。
その写真を見せてもらったら、すごく行きたくなりました!!

街の雰囲気も建物もすごく素敵だし、砂漠もすごかった!
丸一日かけてラクダに乗ってオアシスに行くそうです。
あー、うらやましいBikkuri

お話を聞いていてビックリしたのが、オアシスの実態。
私のイメージでは、オアシスは砂漠の真ん中に小さな湖があって、
木が生えていて、きれいなお姉さんがおどっている… Island

ところが、実際のオアシスには湖もお姉さんもなくて、木が何本か生えているだけ、とのこと。
ちょっとショック… Frog Shock
そんな情報交換(?)もまた楽しいものです。

 

東京にはあまり来ないという関西人なのに、
なぜか新大久保くんだりに来ていただいて、ご飯を食べたのですが、
とってもおいしい韓国料理屋さんを発見しました Bowl  
コルモクスンデ家というお店で、おいしいスンデが食べられます。

スンデとは、豚の腸に春雨などを詰めたもので、一見したところ血のソーセージのようです。
でも、ブーダンノワールのように濃厚ではないので、
あっさりしてたっぷり食べられます。Pig

アメリカで、韓国人の友達から初めて勧められた時はビックリしたけど、
今では大好きで、By Hiroshiが韓国にいた時にも一緒に食べた思い出の食べ物です。

 

Yさんとカッパドキアで出会った時も、お互い一人旅だとたくさん酒が飲めないし、
楽しくないよねー、と意気投合し、一度飲んでみたかったラクというお酒を一緒に飲みました。

dscn1136


新大久保ではマッコリで乾杯!

私達が世界一周している間に、絶対に一度は合流しようと約束しました。

次に会うときには、どこでどんなお酒を飲むことになるのかBeerBeerBeer
今から楽しみです!!!!!

こんな愉快な出会い、そしておいしいものを食べて飲んで、
楽しい時間を過ごせること、

それこそが本当のオアシスなのではないでしょうか Butterfly1