‘まーさむん/yummy’ Archive

島豆腐天国

上海から沖縄に来たばかりのころ、魚介、野菜、お肉など
おいしい食べ物すべてに感動していました。
その中でも特にうれしかったのがお豆腐。

島豆腐はもう全国的に人気なので、あえて説明はいらないでしょう。

でもあまり知られてないだろうことは、
沖縄では普通のスーパーでもお豆腐屋さんのお豆腐が買えるということ。

阿佐ヶ谷に住んでいる時、近所のおいしいお豆腐屋さんが大好きでした。
北口の小さな商店街にあるお店でいつも買っていました。
でもお豆腐屋さんが閉まってしまうと、もう終わり。
スーパーではパック詰の冷たい豆腐しかありません。
もちろんそれもおいしいんだけど。
お鍋や冷奴には、やっぱりお豆腐屋のじゃないと寂しい気持ちになりました。


ところが、沖縄では、わざわざお豆腐屋さんに行かなくても、
いつものスーパーで買えちゃうKyaKya
各地域のお豆腐屋さんが、スーパーや商店に
できたての「あちこーこー」豆腐を届けてくれるんです。
1日に3度くらい、配達の車が各店舗を巡ります。

そのため同じ沖縄県でも、場所によって品揃えが違います。
沖縄市では赤野豆腐さんが人気だし、読谷では読谷山豆腐や一力食品。
だから、北部や南部に遊びに行く時には、どんなお豆腐屋さんが
卸しているのかついついチェックしちゃいます。

それぞれおいしくて、その日のあちこーこー具合とか、
作るメニューによって、豆腐をチョイスします。
あちこーこー度を見るため、ビニールに入った豆腐を触っての温度チェックが欠かせません。

島豆腐だけでなく、ゆし豆腐や厚揚げもあります。
そして、島豆腐の中でも最近気に入っているのが地釜豆腐。
釜の中で豆乳をわざと焦がして独特の風味をつけている豆腐です。

焦げ?
…中国で豆乳を飲んだことある人はピンと来たと思います。
そう、あの風味です。
中国のうすーーーーい豆乳と一緒に味わうと、焦げ焦げ味が際立って
なんてまずいんだろう、と思っていました。

なので、沖縄に来たばかりのころに地釜豆腐を匂いを嗅いで、
まずそう、絶対食べたくない、と思っていました。

ところが、一度は食べてみないと、と挑戦したら…
うまいーーー。
濃厚な島豆腐とその食感には、焦げ風味があう!!!
中国の豆乳とは別物でした。誤解しててごめん。


できたて島豆腐のおいしさを知ってしまうと、元には戻れません。
本当にふわふわでおいしいんです。
パックされている豆腐や食べきれず冷蔵庫にしまった豆腐は、保管温度が低く、
温めても同じようなふわふわ食感にはなりません。
チャンプルーにしておいしくいただきます。


お豆腐屋さんの島豆腐、一つだけネックなのはお値段。
パックの島豆腐は安くておいしいので、お財布と相談しながら、
メニューによって豆腐を使い分けます。
ゆし豆腐も最高においしいですよ~。スンドゥブ風にしたりしても好吃!
チャンプルーだけでない、沖縄の豆腐を是非味わってほしいです。


アメリカ留学中に、豆の香りも味もなにもない紙パックの
Silken Tofuを食べていたころと比べると、今はまさに豆腐天国にいるなーと思います。
嬉しいです。


CherryCherryCherryCherryCherryCherryCherryCherryCherry
沖縄は、うりずんの季節を迎えました。(多分)
定義は色々あるみたいですが、冬が終わって暖かくなり、
本格的な夏が始まるまでの短い季節、と私は理解しています。
春、って感じではなく、でも気持ちのいい時期です。

この季節の楽しみは、海草の新物。
普段、乾燥や塩蔵ものが多い海草ですが、
この時期はスーパーにも採れたてのアーサーやもずくが並びます。
アーサーといえば、アーサー汁。
お吸い物のような感じで、これに欠かせないのもお豆腐です。
これがおいしいんですよね~。


余談ですが、中国で「龍豆」とよばれている野菜が好きだったのですが、
沖縄でも同じ野菜が「うりずん」として親しまれていて、
初めて見たときにめっちゃ興奮しました。
本土でもシカクマメとして売ってるかな?



By Kyoko

挑戦シリーズ〜自家製ナンプラー&アンチョビ

沖縄来てからも色々挑戦してます!
シリーズ復活となるか!?誰も待ってないけど 笑
上海時代は好評だったんですよ、このシリーズ。


沖縄にミジュンというイワシみたいな魚がいて、
季節になると小さいのから、大ぶりものもまで
様々なサイズがスーパーに並びます。
安くて美味しい庶民の味方。


去年の夏か秋頃、大量のミジュンをいただきました。

By Hiroshiの仕事の関係で、ありがたいことに
地元のものを色々いただきます。
沖縄は冬が農業園芸シーズンで(夏は暑すぎて、トマトも冬に実ります)
今は食べきれないほどのお野菜をたくさんいただきます。
昨日は手作りジーマミー豆腐も。
これがおいしいんですよねーーー。


で、ミジュンは美味しいんですけど、
唐揚げにしても、子どもたちはまだ骨ごとバリバリいけなくて
ちょっと口に残るんです。

だから小さい魚を頑張って手で捌いて中骨取るんですが、
結構大変なのよ、この作業。
爪の中黒くなるし。


あまりにたくさんいただいたので、
半分は塩漬けにして、
出てきた液体→ナンプラー
身→アンチョビ
にしてみました。初挑戦!


かなり前に仕込んだのを、冷蔵庫の野菜室で熟成中。
この間開けてみたときは、まだまだ出来てないっぽかったのですが、
昨夜は… なんかアンチョビっぽい香りがして来たーKya

まだ少し不安だけど、火を通せば大丈夫かと、
作っていたパスタに急遽投入!プッタネスカ風にしました。


おいしかったーーーKirakira


ナンプラーはまだ開けてみてません。
来週にでも様子見てみようかな。


手間ひまはかかるけど、材料費ほぼタダ!
(塩や油のみ)
イワシ系の魚がたくさんある時には、是非やってみてくださいねーーー。



By Kyoko


めんたまバースデー

いつもクリスマスとまとめられがちなBy Hiroshiのバースデーですが、
今年は、沖縄に来てから初めてのバースデーなので、
平日だったけど、何かおいしいものを食べに行こう!と、
前から行ってみたかったレストランに予約しておきました。

前日からSoraが具合が良くなく、お熱がなかなかさがらなかったので、
直前まで悩んでいたのですが、Soraも機嫌はいいし、食欲もあるので、
ささっと食べて帰るだけなら大丈夫かと、行くことにしました。


mintamaというイタリアンレストラン。
古民家を改造したお店で、入り口には
素敵ながじゅまるの気がライトアップされていて、
すご〜〜〜くいい雰囲気。
中もシックでおしゃれ!


沖縄に来てから、おいしい沖縄料理のお店にはたくさん
行きましたが、イタリアンは初めてかも。
沖縄の食材を使ったお料理はどれも超美味でした。
セーイカのカルパッチョや、サワラの香草パン粉焼き、
生ハムとクランベリーのサラダ、
アンチョビのピッツァ、紅豚のラグーのパスタ、などなど。

正直言って、沖縄でこんなおいしいイタリアンが食べれれると思ってなかったです。
全部すごくおいしく、はずれなしでした。

キッズもパクパク食べてました。
Halなんてパルミジャーノとか生ハムとか、
高いものばっかり食べて…。
魚もピザもたくさん食べました。
子供達が普段食べないような食材なのに、食べちゃったのは
本当においしかったからなんでしょうねー。
ママもお料理頑張らなくては。


大人っぽいおしゃれなお店だったし、
Soraのお熱もあったので、急いで帰らなきゃーと
あせって写真が撮れなかったのが残念。


次回はキッズを置いて、大人だけで、ワインも飲みながら
(メニューにはベルギービールもあったなぁ)
ゆっくりとお食事を楽しみたい隠れ家のようなお店です。

店名は「目ん玉」という意味だそうです!



帰宅後は、キッズと私が一緒に焼いたクッキーでデコレーションした
ロールケーキでもう一度お祝い。
見た目は悪いけど今回はSoraも型抜きに参加した、
思い出のクッキーでデコレーション。
Sora発熱で私も会社をお休みしたので、
アイシングにも初挑戦してみました。
(Happy B-dayと書こうとしたところは、ただの茶色のかたまりになりはてました 笑)


そして、プレゼントは読谷にあるHANAHANA工房
名刺入れ。レザーと沖縄伝統の織物を組み合わせたものです。
名刺交換の時にちょっと盛り上がれるかな???


これからも沖縄で頑張っていこうね〜。
おめでとう!

By Kyoko

憧れの日本ブランド

沖縄に来てからたくさんおいしいものを食べて、
色々な沖縄料理、島野菜にも挑戦しています。
本土ではなかなか手に入らない野菜とかもあるし、
上海では豆腐を食べなかったHalもおいしい島豆腐なら食べるようになりましたよ。

ま〜さむん(おいしいもの)もぼちぼち紹介していきます!!
が、初回は沖縄料理と全く関係のない話題からPero



今住んでいる町はとてもいいところなのですが、
町内においしいお店があまりないのが難点。
ちょっと足を伸ばせばいくらでもあるんですけどね…。


そして、近所においしいパン屋さんがないのもちょっと残念。
まあ、あっても平日は買いに行く時間ないけど。
そして、スーパーで売ってるパンはやっぱりおいしくなくて
子どもたちもあまり食べません。


じゃあ自分で作るしかないねー。
ということで、憧れのパナソニックをゲットしちゃいましたーKya
引っ越しや家電でお金たくさん使ってしまったのに…更に使ってます 笑



早速、一番ベーシックな食パンを焼いてみたのですが、
もう东菱(中国で使ってたホームベーカリーのメーカー)とは
全然違う!!!感動しちゃいました。
焼き上がりも外がカリッ、中がフワフワ。
すごくおいしいです。
機械だけでなく、材料も多いに関係あると思います。



そしてそして、オーブンも、ずっと前からほしかったデロンギのコンベクションオーブンが
安売りしていたので買ってしまいました。
あ、これは日本ブランドじゃないですけど…

沖縄の小麦粉や黒糖、おいしい卵や菜種油を使って
このオーブンで焼いたケーキやクッキーもすごくおいしいCake
今まで中国で作っていたものもおいしかったし、満足の出来だったのですが、
いい材料で作るとこんなに違うものなんですね。
ケーキはさらにもちもちフワフワ、クッキーはさらにサクサクに焼きあがりました。

黒糖ビスケットとおからクッキー。


最近めんどくさがってiPadで写真を撮ってるのですが、やっぱりクオリティーがよくないTara
すみません…。


材料は国産にこだわっているわけではないのですが、
「地産地消」というのがこれからすごく大事なことだと思っているので、
普段の食事作りから、できるだけ沖縄産、
そうでなければ日本産を選ぶように心がけています。
今までさんざん中国産を食べ尽くしてきた、ということもあるし 笑



最近Halはケーキ作りが好きで、よく「ケーキ!ちゅくる!」と
ぐるぐるまぜるジェスチャーをしています。
By Hiroshiが職場でいただいてきた紅イモで
一緒にロールケーキを作ったり、
おからケーキを作ったり。


Soraもお兄ちゃんとママが作ったおやつをモリモリ食べます。
甘いもの大好きですが、手作りのヘルシーお菓子なら少し食べ過ぎても
大丈夫かな…!?


クッキーを作っておくと、キッズがおなか空きすぎて
晩御飯を待ちきれない時にとても助かります。
市販のおいしいクッキーはご飯前に食べてほしくないので、
手作りでがまんしてもらいます。
朝ごはん食べたくない!とか言いはじめたときにも便利なので、
せっせと作っておきます。




それにしても、やっぱり日本すごいなあ。
道具にしても材料にしても、いちいち感動しっぱなしです。
これからキッズと色んなパンやおやつを一緒にに作るのが
ますます楽しみになっちゃいました。

たくさん研究していつかまたおやつ教室ができたらいいなーと
思っています。

By Kyoko