‘マタニティー/Parenting’ Archive

おしるし

今週はお天気もあまりパッせず、なんだかボケーッと過ごしてしまっているBy Kyokoです。


昨日の朝からおしるしと思われる症状が続いています。
調べてみると、おしるしから出産までの期間は人によってそれぞれで、
当日陣痛が来る人もいれば、一週間以上来ない人もいるらしく、
あまり当てにならなそうです…Tara



今更ながら、おしるし、って英語でも中国語でも何て言うのか知らないことに気づき、
辞書にも載ってなかったので、seicoさんに教えてもらいましたSearch
「見紅 jian hong」というそうです。
早速今日、病院で先生に言ってみました。


でも、「あら、そう。」くらいで流されてしまいました 笑

経過は正常とのことで、また金曜日に病院に行くことになりました。



どうやらSekaiはもうちょっとお腹にいたいみたいですが、
診察代がかさむのがちょっと痛いなぁ… A-


まあ、しょうがない。
準備できたら出ておいで〜Onpu2


By Kyoko

宝宝就快出生了…?

今日も病院に行ってきましたKusuri
経過は順調とのことで、赤ちゃんの頭も固定され
(”the baby is engaged” 日本語だと何て言うのかな)
いつ生まれてもおかしくないそうですBikkuri


ちなみにタイトルの”宝宝”というのは中国語で赤ちゃんという意味です。


今週で38週目。 Sekaiの体重は約2900g。
今日はエコーで顔を見ることができました。
前よりも随分人間らしくなってきましたBean
寝てたけど、かわいかったです。






さて、今日はとっても嬉しいことがありましたKya



病院ではたまに日本人の妊婦さんを見かけることがあり、
同じ病院で出産する仲間を見つけたくて話かけたりしたこともあるのですが、
里帰り出産の人ばかりでした。


ところが今日見かけた妊婦さんはお腹もすごく大きいし、
もしかしてこっちで産むのかな…Kirakira?と思って、
一緒に来ていたBy Hiroshiが、待合室の旦那様に声をかけてくれました。


そしたらやっぱり同じ病院での出産、しかも予定日が一週間違いの男の子Heart2
同じ頃生まれるお友達ができると知って、小躍りしたいほど嬉しかったです。


しかも、そのママはせかいどんぶりを見てくださっているそうで、
前にも私を病院で見かけた時に、「もしかしてBy Kyokoか?」と思ってくださっていたとのこと。
ちょっと恥ずかしいけど、それも嬉しかったOnpu2

…ていうか、行動に気をつけなくては、どこで誰に見られているかOrooro
もう駅で歌うのはやめようBikkuri


淘宝で買ったおむつも家にやってきました。
いよいよカウントダウンかな…?


でもあとちょっとだけ待ってほしいな〜〜。


By Kyoko

手作り防虫剤

衣替えの季節ですね!
いいお天気が続いていることもあって、新しいベビー服など全て一回洗濯しましたShirt
ベビー服も自分たちの冬服もしばらくお休み。

スーパーでは防虫剤や除湿剤など色々売っていますが、なんか臭いがすごそう。


なので、代わりにこれを買ってみました。

本当はシナモンスティックが欲しかったのですが、こっちの方が安いし、
どこにでも売ってます。
シナモンスティックよりもかなり木の皮っぽい感じは否めませんが、
香りはまさにシナモンKirakira



先日ご紹介したラベンダー、そしてこのシナモン、クローブ(丁字)を混ぜてできたのは、

ナチュラル虫除け。
これを10元ショップで購入したティーバッグに入れて小分けにし、
衣装ケースやタンスに忍ばせます。
ついでに、湿気も取るために重曹も一緒に入れました。


詳しいレシピはこちらの本に載っています。



ハーブとスパイスでとってもいい香りの上、虫も防いでくれるなんて嬉しい限りです。


さて、コートやセーターのクリーニングはどうしようかな。
一応マンションの敷地内にローカルクリーニング店があるのですが、
そんなに安いわけでもないし、もし失敗したら嫌なので、
配達してくれる日系クリーニング店にしようかと思いながら
まだやってません…。



By Kyoko

アイさんをどうするか

今日の上海では、やっとお日様を拝むことができましたSun待ってたよ〜。



Sekaiが男の子だったら絶対に買おうと決めてたのがこれ。

別になくても全然困らないものですが、あったらかわいいかなと思って
アマゾンでスカル柄 Skeleton のをゲットしちゃいましたHeart2
どのくらい使えるのかはわからないですが、ちょっと楽しみですKirakira




出産準備にあたり、一番悩んだのがアイさん(お手伝いさん)のこと。
中国では人件費が安いので、お子さんのいる日本人家庭ではアイさんを雇っている人も多くいるようです。


出産前後は何かと大変だし、家事を手伝ってくれる人が来てくれたらどんなに助かるか!
せっかく外国にいるので、雇ってみようかなと思い、色々と調べてみましたSearch


その結果わかったこと。

アイさんにも色んな種類(っていう言い方は変か?)がいて、
まずは家事手伝いの方、月嫂さんという助産師などの資格を持った産後ケア専門の方、
などなど、こちらの需要に合わせて選ぶ必要があるようです。


まずは、月嫂さんについて。
色んな人に聞いたり、調べたところによると、
本当に赤ちゃんとお母さんの世話しかしない=他の家事はしてくれない そうです。
しかも、赤ちゃん&ママと同じ部屋で一ヶ月寝泊まり=パパは別の部屋に追い出される そうです。

専門知識をたくさん持っていて、子育てのことなど色々ご存知なのでしょうが、
やっぱりずっと一緒の部屋というのは…嫌かも。
By Hiroshiもパパ別室の話を聞いて、「え〜〜」と泣きそうでした 笑


子育ては自分でなんとかするから、体調が回復するまで、
家のこと(掃除や洗濯)をやってもらえた方がやっぱりいいな〜と思い、
雇うとしたら家事手伝いのアイさんにしようと決めました。


でも、やはりトラブルも多いようなので、信頼のできる方、
そして安心して任せられる方を探さなくてはいけません。
しかも習慣の違いがあるため、人によっては、トイレの後手を洗うとか、
毎日お風呂に入るとか、床と食卓は別の雑巾で拭くとか、
そういうことも教える必要があるそうで… Talk to the Hand


日本人or外国人家庭で以前にも働いたことのある方だと、
そういうこともわかっているから、通常は日本人に紹介してもらったりすることが多いみたい。
例えば、帰国が決まったご家庭のアイさんを紹介してもらうとか。


または、知り合いの中国人に紹介してもらったり、
同じマンション内の家庭同士で同じアイさんをシェアしたり、という手もあるそうです。
家の近くに家政服務公司というアイさん斡旋オフィスもあるのですが…
うーん、ちょっと無理かもBikkuri



色々聞いて回ったのですが、なにせ私たちの住んでるところはあまり日本人がいない…。
mixiでも聞いてみたりしましたが、今回はいい結果が得られず。
同じマンション内といっても…知り合いといえばお向かいさんだけだし、
お向かいさんに聞いたら「そんなの私がやるから大丈夫!」と言われそうだし…Tara


もちろんアイさんにも色んな方がいるでしょうけど、
私は中国語にも自信ないし… 家事も私のやり方でやってくれるのか…
「重曹なんて時代遅れだ。なんでそんなの使うんだ」て言われそうNamida



検討の結果、今回は見送ることにしました。
だって、日本ではみんなお手伝いさんなんて雇わずに子育てしてるんだからね。
本当はアイさんと中国語の練習もしたかったんだけど Snail


自分の親や親戚が近くにいないので、その分だけ少し大変なこともあるかもしれないけど
また、どうしても必要だと思う時がきたらその時考えます。


By Kyoko

出産に備えて-病院で情報収集

万博開幕まであと11日となりましたBikkuri
地下鉄に乗る際の荷物チェックなど、セキュリティーも強化されているようですが、
妊婦は大体の場合、荷物が多少多くても、顔(お腹?)パスで通ることができます 笑。
もしもこのお腹の中身が赤ちゃんじゃなかったら、一体どうするんだろうねえ…Tara



今日はまた検診に行ってきましたPill
前回一人で行ってみたところ、先生の英語が思ったより流暢でなかったので、
「客先に直行」する前のBy Hiroshiに一緒に来てもらいました。


余談ですが、こちらの産婦人科では、一人で検診に来ている人はほとんどいません。
旦那さんとかご両親が必ず付き添っています。
なんかすごいですよね〜〜Crown



さて、今回は初めてFetal Monitoringというのをやりました。
お腹にパッドをくっつけて赤ちゃんの心拍などを測っていました。心電図みたいな感じの。
これって日本でもやってるのかしら?


そして、先生との問診では、ちょっと気になっていたことを色々伺えました。
陣痛が来たらどうすればいいの?とか。

とりあえず、「もし先に破水したらすぐ病院に来て、そうでなければ30分間隔になったら来て。」
ということでした。
家が病院から遠いから、早めに来た方がいいということだったのですが、
そんなに遠くないと思うんだけど…。まあ、その時考えよう!

ちなみに、陣痛も破水も、筆談でバッチリ通じましたKirakira
陣痛は中国語だと阵疼zhenteng、字は簡易体だけど全く同じPeace
はー、こういう時日本人でよかったと思います。



以前、博愛病院でもらった資料によると、なんとこの病院では
立ち会い出産にお金がかかるということ!!
日本では考えられないことだったのですが、今日お話を伺ってようやく理由がわかりましたStar2


分娩時、通常はまず「待合室」で子宮口が開くのを待つのですが、
この部屋は4人部屋で、本人以外は立ち入り禁止。
その後、「分娩室」に移動するのですが、こちらも3人部屋で立ち入り禁止 Ga-n Ga-n Ga-n


そのため、立ち会いOKの別室を確保する必要があり、
それにお金がかかるということ。 うーん、納得  Doctor
そのお部屋というのがLDRというシステムだそうです。



人生最大の痛みと戦うのに、言葉の通じない場所(相部屋)に独ぼっちというのは
さすがに私も嫌なので…当日LDR部屋が空いていることを祈るばかり。
この部屋は使用料が8時間ごとに計算されるみたいなので、
Sekaiが親孝行して、短時間で出て来てくれるといいなぁ〜〜〜。



産後に滞在するお部屋に関しては、VIP個室と一般個室があると聞いており、
料金が全く違うことから私は一般個室を希望しているのですが、
そのことは今日は聞くことができませんでした。

でも、なんか話を聞いていたら、その場でなんとかなりそうな感じ。
こういうのって、計画通り進まないものだし、
当日三人で力を合わせて頑張るしかないよね!と改めて思いました。


ちなみに、こちらの会社では「妻の出産休暇」が3日間もらえるそうです。
さすが、こういうところが日本と違っていいよねNiko
By Hiroshiもサッとかけつけることができそうです!


今、何よりも心配なのは入院中のお食事。
以前北京で出産した方のお話を聞いたら、やっぱり病院食は超まずかったってOrooro
Sherpa’s(上海市内の色んなレストランのご飯をデリバリーしてくれる)
のメニューを、入院準備の時、バッグにしのばせておこうかな。



これからは、検診が毎週になりますKusuri
なんだか、いよいよって感じが高まってきます。
他に何を準備すればいいのかな〜。先輩ママのアドバイスをお待ちしてますHeart2


By Kyoko

妊婦 de 着物 in 上海

先日の映画鑑賞の際は、お天気もよかったので
こんな格好でお出かけしてみました。



中国に来て、初めての着物。
お天気とはいっても風が強くて少し肌寒かったのでウールの着物をチョイス。
幸香たちにもらった足袋をあわせたよHeart1
白い足袋だと速攻汚れそうだからね…この街では。


着物は究極のマタニティーウェア、とはよく言ったもので、
これならば大きなお腹もすっぽりおさまります。


腰紐はギュッとしめられないのでお腹の下に締めました。
でもこうするとトイレに行く時に超不便Ga-n特にマタニティーショーツ(通称デカパン)着用時には…。
ウェストの上の方で締めた方が着崩れも防げていいかもしれないです。


帯はさすがにキツそうだと思って、スカーフを兵児帯風に結びました。
なんか変な着こなしだけど…中国だから気にしません 笑。



こちらの方達は、自分が気になること(もの)はとにかく、容赦なくガン見します。
いつも、日本語を話しているだけで顔をのぞきこまれたりするのですが、
この日はすれ違う人ほぼ全員に長時間ガン見されてしまいました…。
なので、私も超チャイナ柄の勝負パジャマを着たおじさんをお返しに見つめてみました。


途中から開き直って、「もう、いくらでもガン見してください」という気分に 笑



上海の街中、とくに公共交通機関はあまりキレイとは言えないので、
上等なシルクの着物などは着られません。
木綿、ウール、化繊のカジュアルなものだけ持ってきましたShirt
これからも、たまには和装を楽しんでいきたいです。
だって、日本人ですものNiko


By Kyoko

産院にて

妊娠31週目に突入したBy Kyokoです。
今まで通っていた博愛病院では30週までしか検診できないので、
今日から本番の病院へと通うことになりました。

国際和平婦幼保健所という、上海では結構有名らしい大きな産科医院です。


病院の一階に足を踏み入れると、人、人、人!
ものすんごく混んでる…
一階は何科なのかわかりませんが、妊婦さんでない人もたくさんいました。
この「普通」部門は診察料が安い分、かなり並ばないといけない様子。


中国語の出来ない(そして戦い抜けない)私はさすがにこっちは通り過ぎて「VIP」の方へ。
VIP部門に足を踏み入れると、そこは全くの別世界…Pachikuri

待ち合い室にはふかふかのソファがおいてあって、お菓子、コーヒー、
ミネラルウォーター、オレンジジュース、など無料でも用意されていて、
みんななんだかゆったりした様子で待っていました Bean
当たり前ですが、みんなお腹おっきい!
たくさん妊婦さんがいて、なんか不思議な感じでした。



「VIP」というだけあって、お金持ちっぽい中国人がほとんどで、
なんだか中国国内の格差をモロに感じてしまいました。



さて、前回の検診時に、博愛の先生が知り合いの先生とのアポを取ってくれて、
初めての診察だから博愛のスタッフが通訳として同行(150元)しましょうと手続きをしてくれていました。


…はずだったのですが…


約束の10時になってもスタッフは現れず。
一応病院の受付の人に、「博愛からの紹介で、初診なのですが」と言ってみると、
「名前が呼ばれるまで待っててください」とのこと。


勝手が全くわからないので30分程待ってみましたが、
ちょっと不安になって博愛に電話をしてみたところ…
「通訳はいらないと思っていた」って。 えーーーー。
だって、私、前回待ち合わせ場所の確認までしたじゃんPunpun!!!!


気長に待つと、通訳の方がやっと来てくれました。
で、「今日は旦那さんは?」って。
だから、旦那は仕事だってこの間言ったでしょうが!!!
それで通訳さんをつけましょうっていう話をしたのにねぇ。



さすがに、もうこのくらいのことじゃ動じなくなりましたけどね。 成長した 笑?


博愛病院はとても丁寧だし日本語も通じるから油断してしまうけど、
やっぱりここは中国なので、日本と同じくらいきっちりとはやってくれないですね。


とにかく、通訳さんが無事来てくれて手続きをしてくれました。
やっぱり最初に名前とか言わないとダメだった…Tara
病院のお姉さんも英語あまりできなかったから全く説明してくれなかったけど、
とりあえず段取りがわかってよかったです。



そんなこんなで、お金を払って(ここはなんと前払い!)、
尿を取って、体重と血圧を量って、先生と問診して。
最後に心電図を取って、滞りなく終りました。


先生は英語も話せるっぽかったし、次回からは通訳なしで一人で行ってきますOnpu2



そういえば、今回は初診なのに、分娩方法とかの希望も何も聞かれなかったんだけど大丈夫かな。
でもこの病院は自然分娩を勧めているらしいので、まあ大丈夫でしょう。




最近のmy favorite sayingは、「終りよければ全てよし。」Red Apple
中国に来てから、もう座右の銘と化してるような気がします 笑。


ともかく無事に赤ちゃんが生まれてくれればそれでいいということで、
がんばりま〜す。


By Kyoko

不良妊婦が行く〜東京編

上海に帰って来た途端、またもや爆竹と花火の洗礼を受けたBy Kyokoです。
今日は旧暦の1月15日、満月です。
再び爆竹祭り、そして春巻と湯圓(ゴマ入り白玉みたいの)を食べてようやくお正月が終るようです。
お向かいの強烈おばちゃんに、揚げたての手作り春巻をいただきました。

好吃Nikoうん、中国に帰って来たと実感!



さて、今回は大変急で慌ただしい一週間弱の一時帰国でした。
本当はもっとゆっくりして、色んな人に会いたかったのですが、
残念ながらご連絡できなかった方達もいて、失礼いたしました。


帰国の最大の目的、それは出産一時金のことでした。
海外で出産したとしても、正当な手続きを踏めば一時金をもらえます。
これを逃す手はない!!!


受給資格は、出産日に日本の健康保険に加入していることだけ。


色々調べたのですが、前の会社で入っていた保険の資格失効から6ヶ月以内に出産すれば、
申請して一時金をもらうことができるとのこと。
これができれば一番よかったのですが、私が出産するのは退社から半年以上経つ頃…Namida

また、上海に来る際、住民票を「海外に転出」として、そのタイミングで健康保険も脱退しました。
つまり、再加入しないともらえないのです…。


という訳で、実家の住所に転入手続きをし、国民健康保険に加入しました。

前回By Hiroshiが帰国した際に調べてもらったところ、
私のパスポートに入国スタンプが押してないと転入手続きできないことがわかりました。
なので、私自身が市役所に赴かないといけなかったわけです。


自治体によっても多少違うかもしれませんが、手続きに必要なもの。
<海外からの転入>
■パスポート
■戸籍謄本
■戸籍の附票
■印鑑
<保険の加入>
■以前加入していた保険の詳細
(例えば、会社の退職表とか、前の国民健康保険カード)


無事に手続きをすませることができました。
ついでに免許の住所も、阿佐ヶ谷から実家のに変更したりできましたYes




これさえ終れば、後はショッピングにグルメ、友人と食事、楽しい時間ですHeart2
ベビーグッズを買ったり、おいしいシーフードやハーゲンダッツをいただいたり、
友達と思う存分コイバナに花を咲かせたり。


【西荻窪 のらぼう でいただいたカブラ蒸し。上品でやさしいお味】


【しゅうさんの王子様。おさがりたくさんいただきました!】


【私の帰国に合わせたようなタイミングで新発売 クッキー&セサミクリーム。まいう〜】


【恵比寿に映画を見に行ったら、たまたまその日にオープン。エビスビール記念館


【飲んでみたかった!クリーミートップスタウト。もちろんこれ全部は飲んでませんよBeer 
 スタウト好きとしてはあっさりしすぎていると思うけど、おいしかった】



【スイーツフォレストで焼きたてスフレ。天国の味。】


【さちかの愛犬、ポメラニアンのイチゴ】


【相棒のミルクは後ろ歩きを披露してくれました】


【春らしくおいしいちらし寿司をいただき、フィギュア観戦】


【K原家の王子。パパそっくりだね〜。
 なんと、しゅうさんの王子と誕生日が5日違い!】



これはほんの一部ですが、おいしく楽しい時間をすごすことができました。
おみやげなどたくさんいただいて、ありがとう!!!!


赤ちゃんが生まれたら、自分の時間がなくなるので、
今回は大好きなみんなとゆっくり時間をすごせて、とても有意義でしたOnpu2
ありがとうございました。


Sekaiも周りが静かでビックリしたかな!?
今回の帰国で、彼はすでに合計5回飛行機に乗ったことになりますAirplane
離陸、着陸の時によく動いていたので、将来は旅好きの子になるかも。
逆に、飛行機嫌いにならないといいのですが…。


やっぱり日本はいいところです!!
でも、離れて住んでいるからこそappriciateできるんだと思います。

なんだかんだあるけれど、家族と一緒に過ごす所が私のホームですね。
混沌の国へ帰って来てしまいました… 笑。

By Kyoko

ついに判明。

今日は少し暖かい陽気の上海よりお届けいたします Mail2



なぜか私は昔から、自分が出産する夢を見ることが何度もありました。
妊娠してから今まで、出産する夢を2回見ましたが、
妊娠前よりももっとリアルな夢でした。



2度とも、夢の中で生まれた赤ちゃんは男の子でした。







そして、







その夢は正夢だったのです。



Kirakira Sekai男の子ですKirakira





私は一人っ子だし、小さい時からのお友達も女の子がほとんど。
中高は女子校に通い、社会人になってからも女性の割合の多い職場の
「女の園」的な部署で働いてきました。


そんな女系人生(?)を送ってきた私から、男の子が生まれるなんて!
なんだかビックリですけど、新しい人生のひとコマは全く違った色合いになりそうだなぁと
今から楽しみでもあります。
どんな子になるのかな。最近はかなり元気にポコポコ動いてます。



—————————————————————————-
【by By Hiroshi

By Kyokoには、俺みたいなのが二人もいたら面倒見切れない!!
と言われてましたが、男の子と聞いて、うれしかったです。
海外でたくましく育ってくれるかな。

なにより、今は無事に生まれてきてくれることを祈ってます。

—————————————————————————-



さて、中国に来る前に買った/もらった妊娠や出産に関する本はほとんど、
後から送る荷物に詰めてしまったのでまだ手元にありませんが、
一冊だけ持って来たのが、M下さんにいただいたこの本。

赤ちゃんの成長と母体の変化を一日ごとにまとめた本で、
今週は赤ちゃんのどの部分が成長する、とか、
母親が口にする食べ物のことで気をつけた方がいいこと、など、
幅広い情報が載っていて、とてもためになります。


未来の妊婦さんにおすすめしたい一冊です。


今回By Hiroshiが帰国中に、お友達やお兄さんからもらった本も
これからゆっくり読ませていただきたいですNiko

特に、産後エクササイズはしっかりやらなくっちゃ!

先輩パパママには、本当に親切にしていただいて、
感謝でいっぱいです。


初ベビーグッズ、かわいいスタイもいただいて
どうもありがとうございましたDuck1

By Kyoko


妈妈来了 その1

By Kyoko母が上海へやってきました。
12月18日の夜遅くにホテルへ到着(空港からはHISのお迎えつきBus)。
偶然私たちのアパートの近くだったので、前回のディナーの後にお迎えしました。



母の来中(っていう言葉はあるの?来日…来中…?)。
その目的は、

IMG_2476

この腹帯を巻くことでした。


水天宮でご祈祷していただいたこの腹帯を、
妊娠5ヶ月の戌の日に巻くと安産になると信じられているそうです。
12月19日はちょうど戌の日。
早速、ありがたい晒布を巻き巻きしました。

実際に巻いてみると、布がかなり長いので、
巻き終わるとお腹が相当大きく見えます。
いつもは毛糸のパンツですが、たまには布を巻いてみるのもいいかも?



あとは安産のお守り、そしてたくさんの救援物資を持って来てくれました。
奶奶(ナイナイ、おばあちゃん)に謝謝Onpu





メインイベント終了後、せっかく上海に来たので、もちろん観光ですSearch


いいお天気でしたが、とにかく寒かったので、あまり遠出はせず、
まずは七宝(チーバオ)という古い町並みを残したエリアへ行ってみました。

IMG_2492IMG_2486

とりあえずの小龍包。

IMG_2488

ここの小龍包は、味はおいしかったけど、皮が厚かったのと、
ショウガの細切りがなかったのがマイナスポイント。


あとは街をブラブラ、買い食いしました。
おいしそうなものがたくさん!
チマキや臭豆腐も食べたかったけど、お腹いっぱいになってしまったので、
サンザシ飴(写真を撮り損ねましたが、りんご飴のサンザシバージョン)や、
あんこの入った焼きもちなど、おいしいスイーツを堪能Lolipop

サンザシ飴は今までおいしくなさそうだと思って敬遠してたけど、
とってもおいしかった!!!日本にはない味ですので、是非お試しあれ。

そしてティータイム。
母は黄山毛峰という緑茶を飲み、気に入ってくれた様子。
By Hiroshiは龍井茶(緑茶)、私はスイカズラの花のお茶(写真)を飲みましたCoffee
IMG_2501


その後、有名なスイーツ屋さん「海老亀」でゼリーでも食べようと向かったところ、
なんと…閉店していました Orooro
ちょうど一ヶ月前にスイーツ屋さんから下着屋さん(?)に
商売を変更したということで、母の持って来た最新版「地球の歩き方」にも
情報がアップされていなかったのです Ga-n


ここも、3年前にBy Hiroshiとおやつを食べた思い出のお店だったのでショックでしたShikushiku

上海だからしょうがないのかな。
気を取り直して別のところでおやつを食べ、新天地でショッピングした後は晩ご飯!



上海老站というレストランへ。

洋館を改装して造られた、趣のあるレストランです。
站(駅)という名の通り、昔の電車の中で食べられるスペースもあります。

IMG_2518



IMG_2521

酔っぱらい蟹。
初めて食べましたが、身がトロトロしておいし〜Onpu2
この蟹は上海蟹ではなく別の種類でしたが、十分おいしい!!!

IMG_2524

蟹粉豆腐。これも蟹の風味が濃厚でおいしい!

IMG_2525

白菜の煮込み。ホタテと煮込んであって、あっさりお上品。

IMG_2529

これはお魚に(魚へんに回という字のサカナ)手間ひまかけて甘辛く煮込んだ上海料理。
プルプルでおいしかったStar日本にはない調理法ですね。


そして

二度目の正直。

IMG_2526IMG_2536

前回のちっちゃな蟹と全然違って、本当においしかった! (前回の蟹体験はコチラ)
ミソも白子もたっぷり詰まってて幸せHeart1身はほじるのが大変だけどおいしいHeart2



就職が決まったらおいしい蟹を食べようと言っていたのが実現できて、
母も一緒に楽しんでくれて、嬉しかったです。


このレストランは、前日のPregoよりも全然サービスがいいし、
雰囲気もいいし、紹興酒もすごくおいしいBeer


上海蟹の専門店ではないから、最高級の蟹ではないと思いますが、
その分お値段も少しお手頃だし、すごくすごくおすすめです。



上海蟹を食べている間、Sekaiがかなり活発に動き回っていたので、
もしかして蟹好きな子に育つかもしれない…!?
一抹の不安を抱きながらも、よい一日をすごすことができましたPeace



By Kyoko