‘市内観光/Sightseeing’ Archive

1さいのなつ

1さい3ヶ月になったHalです。
なつはたのしいことがたくさんだ。


7月のおわりには、おばあちゃんと、いとこのおねえちゃんが
上海へあそびにきてくれたんだ。

おなべたべたり

すいぞくかんいったり

ちーばおにいって しょうろんぽうたべたり

たくさんあそんだよ。



そのあと にほんへいって またみんなとたくさんあそんだよ。

すーちゃんのおうちにいって コーンをたくさんたべた。

あわおどりをみて コーンをたくさんたべた。
ぼくも 「やっとさ〜」って おどったんだよ。

おばあちゃんちのマンションのおまつりで コーンをたくさんたべた。

にほんには ぼくのだいすきな コーンがたくさんあって
しかも あまくておいしいから うれしかったよ。
にほんっていいところだな。


さちかとよしきのおうちにもいったよ。
ワンコにほえられてちょっとこわかったけど
すごくかわいいから すぐにこわくなくなって
さわりたくなったよ。

うみにも いったよ。

おみずが とおくからザブザブ なんかいも
あしを こちょこちょするから
すごくたのしくて ずーっとはいっていたかったよ。


ケンちゃんともたくさんあそんで ブルーベリーのとりあいも
したんだよ。でもケンちゃんはさすがおにいちゃんだから
つよかったなあ。




あとね ぶらんこが だいすきになって
なんどもママにおねがいして おしてもらったんだ



なつっていいことばかり。ぼくはだいすきになったよ。



らいねんのなつには もっとたくさんコーンをたべよう。


Hal 


子供服市場

上海ママの間で有名だという「プーアンルーの洋服市場」に、
つかさくんママと一緒に行ってきました。
本当の名前は霓虹儿童广场(普安店)。
ホームページを見てみたら、なんと他にも店舗がありました。


最近お出かけの時に荷物がすごく多くて一眼レフを持っていけず、
普通のデジカメも壊れてしまったため写真がなくてごめんなさい。


中国で専門市場に行くとあきれる程広くて、その規模に驚くことが多い中、
ここはこじんまりしていて、なかなかキレイでした。
Hal達にはまだ早いけど、子供のプレイルームみたいなのもありましたよ。


小さいお店がひしめきあっていて、ラルフとかコンバース風なものも
売っていたり、キャラグッズも充実。
どれが本物でどれが本物じゃないのかわからないけど、
頑張って探せばいいのが見つかるかも。
見ているだけでも楽しかったです。


ただ、Halくらいのサイズの服はいかにもチャイナっぽい、
デザインも超微妙なモコモコ服がほとんどだったので
今回はお洋服は買いませんでした。
夏にはもっといいの売ってるかもしれないけど…
あ、でも夏はお尻割れてるか…Tara 冬も割れてるけどね 笑

もっと大きいサイズのものはかわいいのも売っていたので、
もうちょっと大きくなったら、もう一度物色しに行きたいです。


お洋服だけでなく、おもちゃや小物も充実。
妊婦さん用の服もありました。
おもちゃはかなり欲しくなってしまったので、
今度、値段交渉係(By Hiroshi)と一緒に再度訪問することにします。


さて、そんな中で今回ゲットしたものはコレ。

つかさくんママがお友達から聞いて前から気になっていたそうで、
私も便乗して作ってしまいました。
中国語、日本語、英語全てOKです。
カタログを見ながら選ぶのですが、たくさん種類があって迷ってしまいます。
スポンジボブのが欲しかったのですが、あいにく没有。
ドラえもんとライオンキングにしました。


小さいシールは100個で10元!
他にも大きいサイズや、アイロンで布に貼付けられるタイプや、
種類も豊富だし、とってもお手頃価格なので、日本へのお土産にも最適かも!
日本のみなさま、欲しい人は早めにご連絡ください!!


By Kyoko

祝福してきました

「聖☆おにいさん」の新刊がもうすぐ発売されるらしいですね。
こういうとき、日本にいないことを悔しく思うBy Kyokoです。


By Hiroshiの誕生日当日はケーキを焼いただけで終ってしまいましたが、
翌日はお祝いのランチを食べに行きました。
妊婦時代にお友達と一度食事をしてとってもおいしかったMardi Grasに、
今度は家族連れでお邪魔。


老房子を改装した素敵なレストランですが、
赤ちゃん連れでも大丈夫。ベビーチェアを用意してくれました。
Halは天井でぐるぐる回るファンに興味津々。

…と思ったらすぐに寝てしまったので、

ランチコースを堪能できました。
メニューの名前がうろ覚えなので、間違っていたらごめんなさい…



Kirakira前菜Kirakira

名前を忘れてしまったけど、めちゃくちゃおいしいサラダ

上海蟹を使ったクラブケーキ



KirakiraメインKirakira

鴨のロースト

ハタ、イカ、ニョッキのプロヴァンス風



KirakiraデザートKirakira

洋梨のタルトとレモンメレンゲタルト



事前にレストランの方にお願いして、デザートプレートに
“Happy Birthday”と書いてもらいました。

せっかくなので、Halも持参した赤ちゃん用せんべいを一緒に食べました。


はー、すごくおいしくて幸せでしたHeart2
一品一品全てが本当においしくて、さすがでした。
小さい子供がいるとなかなかこんな食事もできないので、
たまに食べることができると本当に嬉しいです。
Halがもうちょっと大きくなったら、ディナーをいただいてみたいものですOnpu



お腹いっぱいになったら、外灘へ。
外灘は私たちが出会った思い出の地で、去年のBy Hiroshi誕生日にも訪れたのですが、
去年は万博直前の全面工事をしており、がっかりだったんです。

でも今年は違う!
すごーーーくキレイになっていて、ベビーカーも押しやすかったです。
お天気もよくて暖かかったし、最高のお散歩になりました。

私が上海に旅行に来た日、仕事帰りのBy Hiroshiと待ち合わることになった
外灘のcitibank前で記念撮影。
ここで出会ってなかったらHalも生まれてなかったのですね。

ちなみに、後ろに写っている赤い帽子の方達は、中国国内旅行グループだと思われます。


外灘を満喫した後は、徐家汇でお買い物をして、
それぞれ靴を買って帰ってきました。



旦那の誕生祝いと言いながら、私も一緒にばっちり楽しんで、
買い物までしちゃいましたが…。
また1ついい思い出が増えました。
Halもずっとお出かけで大変でしたが、興奮してとても嬉しそうでしたNiko

また一つ歳を取ったBy Hiroshiさん、お誕生日おめでとうございました。

By Kyoko

上陸一周年

2009年11月6日、私たち夫婦とお腹の中のSekaiは、
新たな一歩を踏み出すために上海にやって参りましたAirplane


あれから一年。



色んなことが怒濤のようにあったけれど、
無事にHalが生まれ、スクスクと育ってくれていることに感謝しています。
日本にいる家族、友人、中国の友人、隣人、みなさんのおかげで、
この一年間を過ごすことができましたKirakira
これからも一進一退を繰り返し、頑張って行きたいと思います。



一周年記念は特別にお祝いしませんでしたが、
ちょうど週末だったので、楽しくお出かけしてきましたOnpu2



まずは、前から気になっていたフクゼンへ。
ホットカーペットをお値打ち価格で購入。
タオバオでも検索したんだけどなかなかいいお値段だったので、
中古で手を打つことにしました。全然キレイだし、満足ですFrog Smile

そして、去年必死な思いをして買って来た土鍋(詳細はコチラ)が、
春先にあっけなくヒビが入って使えなくなってしまったのでNamida
もうちょっとちゃんとしたものをゲット。
炊飯用の内蓋もついてるヤツです。これから寒くなるし、しっかり働いてもらいます!!



満足ショッピングの後は、ランチ。
1004マート 古北店(韓国系スーパー)の横に
小さな韓国系食堂があったので入ってみました。
安くておいしくて大満足!!!
壁のメニューはハングルのみなので、ここはBy Hiroshiの出番!
韓国のり巻きとビビン冷麺とキムチチゲで満腹fork
(あ、でもちゃんと日本語メニューもありました。)



午後は、南京西路へ足をのばしました。
静安别墅という、昔ながらの街並に小さなギャラリーやカフェ、
雑貨屋さんが集まる場所を初めて訪ねました。
田子坊みたいだけど、まだそこまでコマーシャライズされていない感じです。


ここの中のプラムギャラリーで、現在山口ヒロミさんという
アーティストの個展をやっています。
ヒロミさんは、私の親戚のご友人、というご縁で、
今回子連れでお邪魔させていただくことにしました。


作品も素晴らしいけれど、その原動力になっている
ヒロミさんのお嬢様 天音さんの生きる力、
生きた証にわずかながらも触れ、ヒロミさんの貴重なお話を伺うことができ、
素敵な時間を過ごさせていただきました。



かわいいクマちゃんのお洋服(いとこのおさがり)を
着せて歩いていたので、街ではいつも以上に
みなさんから話かけられて、
あ、中国に帰って来た、と思いました。


Halも一日中のお出かけ、お疲れさまでした。
またこれから一緒に楽しく暮らそうね。

By Kyoko

中秋の名月と人民60万人

中秋節の三連休最終日。上海は涼しい日が続いてます。
が、毎日スイカ食べまくってる、By Hiroshiです。

昨日の午後はBy Kyokoが出産後、初!一人で外出、美容院へ。
By HiroshiHalは家で留守番。

さあ、Hal久々というか2回目の粉ミルクに挑戦。
眠りから覚めて、お腹が空いたことに気付く、でもママはいません。
大泣きの中、哺乳瓶を煮沸して、お湯わかして、粉ミルク溶かして、人肌に冷まして、ようやく完成。
あらためて母乳のありがたみを実感。

その頃には、Halの泣き声も悲鳴に変わり、哺乳瓶を口元にもっていっても、
泣くばかりでぜんぜん飲まず、俺のあるはずのないおっぱいばかり触ってきます。
それでも空腹との葛藤の末、ようやく一口、そこからはいっきに一瓶平らげ、無事?に成功。
飲ませながら、かなり恨めしい目で見られ、しんどかったです。
でも、順応性のあるHalでよかったよかった。1週間後は日本デビューだしね。

そんなこんなで夕方に。
せっかくの3連休、Halがいるからと言って家にひきこもるのはもったいない。
思い立ったが吉日。元々いかないつもりでいた、そう上海万博。人民のるつぼへと!!
昼間は暑くて、人がたくさん。そんな中に連れていくのは心配だけど、
せっかく2010年万博開催の上海で生まれたんだし、将来のいい記念になるかなと。

まずはHalと二人で地下鉄に。スリングでただでさえ注目されるのに、パパが一人だとさらにみなさま興味津々。
「ママは?」「何ヶ月だ?」「女の子か?」の定番の質問に始まり、
写真を撮られ、Halの腕をむにむにされたり。
でもみんな優しいです。男の子から、おばちゃんまで席は譲ってくれるし、
おばちゃんはHalをあやすのに夢中で、「あっ!乗り過ごしちゃった!!」って。そんなおおらかさが素敵です。

そして、なんとか、世博会場の入り口、西蔵南駅でBy Kyokoと待ち合わせ。




はい、バトンタッチされたBy Kyokoです。
Halを置いての外出。久しぶりの都会にビックリしながらも
一人の大人の時間を満喫させていただきました。
でも妊娠した時からずっと一緒だったから、やっぱりさみしかったです。


さて、美容院の後うちのメンズと合流し、早速世博チケットを買いに並びました。
夜のチケットは17時以降の入場で、一人90元。赤ちゃんはもちろんタダです。

一応あったセキュリティーゲートを通過して中へ。
整備されていてとてもキレイでした。
後から知ったのですが、この日は世博開幕以来最大入場者数、60万人を超えたらしいです。
どうりで人 人 人 あふれかえっていました…Tara

「白菜」と言われているらしいボランティア(白と黄緑のジャケット)の皆様が色んなところにいます。
世博ボランティアの英語力がどのくらいなのか試してみようと、
意地悪な私たちは、中国館までの行き方を聞いてみました。
そしたら、ちゃんと英語で返答が。なかなかやるじゃーん。


教えてもらった世博バスに乗って、浦西サイドから浦東サイドへ。
このバスに乗るのにも並ぶのですが…人民の皆様のマナーが全くなっていない。
割り込みというよりも、なぜか追い越して前の方に行ってしまう家族とか 笑。
偏見かもしれないですが、やはり地方の人たちがたくさん来ているから、
上海市内よりもマナーが悪いようです。


折しも中秋節。中秋の名月がとってもとってもキレイでした。
印度館と満月。


中国館はさすがの迫力でした。



どこも混んでいたので、パビリオンの中には入りませんでしたが、
せっかくなのでおいしいアイリッシュ生ビールBeerが飲みたいというBy Hiroshi
でも例によって下調べ不足で、肌寒くなってきた中、お腹をすかせるHal
つれて歩き回れないので、あきらめることに。
近くにあったポーランド館内のレストランでポーリッシュビアとピエロギ。
このビールは生じゃなくて残念でしたが、とてもおいしかったです。
ピエロギはポーランドの餃子みたいな感じですが、中身はポテトでおいしいです。


本当はもっとゆっくりしたかったのですが、あまりの人の量と、
気温の低さに母性本能が作用し(?)早く帰ることにしました。
外へ出ると、ちょうどパレードが始まるところ。


このパレードについては…ノーコメント。
Halが人生で初めて見たパレードがこれ、とは…Frog Shock
早く一緒にエレクトリカルパレードを見たいものです。


世博に費やしたエネルギーと人々のパワーを間近で感じることができた夜でした。

はじめてのおでかけ

うまれてから もうすぐ1ヶ月のHalです。


おとうさんのおにいさんとおくさんが かっこいい おようふくをくれましたKirakiraPresentKirakira
ありがとう。
まだすこし おおきいけど にあうかな?

いとこの ゆうStarおにいちゃんと はやく あそびたいな。



1ヶ月たったので もうおそとにでかけられるんだ。
おとうさん おかあさん おばあちゃんと おみやまいりにいきました。

ちゅうごくには じんじゃがないから おてらにいったよ。

まだおなかのなかにいるとき 一回いったことのある おてら(龍華寺)。
あんざんのおいのりを していたので ほとけさまに おれいをいいました。


これから たくさん おさんぽにいけるから たのしみです。

Hal


Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry


お陰様でHalは元気に一ヶ月を迎えることができました。
日々すくすくと成長しています。

生まれた時は2.8kgだった体重も、すでに4kg近くまで増えました。

今週はBy Hiroshi母が来てくださったので、みんなでお宮参りに行きました。
主役はずっとぐっすり寝ていましたが… Sleep Sleep Sleep
私も産後初の外出でとても嬉しかったです。


これから少しずつ一緒にお外に行ってみますOnpu2Onpu2Onpu2

By Kyoko

タパスとチューリップ

昨日より、ついに妊娠10ヶ月に入ったBy Kyokoです。

久しぶりにいい天気となった先週末。私たちはこんな風に過ごしてみましたKirakira

まず金曜の夜は、モロッコ料理を食べようBikkuriと思い立ち、
下班後のBy Hiroshiと待ち合わせてちょっと気になっていたお店へGO。


ところが…調べた住所のところにお店がないOrooro
あーあ、またやられたか!?と思いきや、よく見るとリノベーション中とのことでした。
これも世博の影響…ではないよね。いつ再オープンするのかは不明。

どうしてもモロッコ料理があきらめきれず、茂名南路へ行ってみました。
確かここにもモロッコレストランがあったはずfork


記憶通りの場所にあった〜〜〜〜Crown


のですが…金曜の夜だというのにコックさんが客席に座ってヒマそうにしてる…Tara
しかたないので、今回は涙ながらにモロッコは断念Namida
近くのタパス屋さん、Las Tapasでディナーを食べることに。


【まずはやっぱりサングリアHeart1
スペインでピッチャーで飲んだことを思い出します。

【パタタスブラバス大好き】

【豪華パエリアKirakiraおいしかった】



その後、ずっと前に発見してから気になっていたジェラート屋さんに立ち寄ってみましたSoft
陕西南路にあるLe Creme Milano

フレイバーを二つ選んだら、感じのよいお姉さんが1つのカップに山盛りで入れてくれました。
スモールカップ 20元。パエリアでお腹いっぱいだったけど、二人で分けてちょうどいいくらい。
ティラミスとストロベリーをいただきましたStrawberry
老板がイタリア人だというだけあって、お味も合格Kirakira
この間家の近くで食べたチェーン店のジェラートとはひと味もふた味も違いましたNiko


満足な金曜の夜を過ごした翌日もいいお天気で嬉しくなっちゃうSunSun
上海植物園まで足をのばしてみました。実はうちからバス一本で行けちゃうのですOnpu2


Tulipですね。 チューリップが満開でとてもキレイHeart2

みなさん家族やカップルで思い思いに楽しんでいて、とてもなごやか。
こういうとこで宴会するのは日本人だけなのかな…
中国人は一眼レフでポーズを決めに決めて写真撮ってましたCamera

世博にあわせてかどうかは知らないですが、各国ごとのお花が展示されていました。
お花のトンネルもあったりして、すごくいいところでした。ちなみに入場料は15元。

残念ながら桜はもう終っちゃってましたが、かろうじて八重桜を見ることができました。

来年はSekaiも連れて、お弁当持ってピクニックしたいと思います。



上海に来た当初は、遊びに行くところの少ない街、あっても人が多すぎて嫌だと思っていましたが、
こうやって少しずつ楽しくお出かけできるところが増えてくるのはとてもいいものです。

By Kyoko

熱烈歓迎 上海動物園とゆかいな仲間達


今日も上海は寒い日が続いてます。東京も似たような天気なのかな?
By Hiroshiです。

最近は地下鉄で金玉良言を見かけず(俺が笑っていたのがばれたか!?)
通勤時間は、地下鉄の無料新聞「時代報」か、読書をして過ごしてます。

ここ最近で読んだ本は

「テスタメント」J・グリシャム スケールのでかい金と自然でした。ブラジル行きたい。

「パズルパレス」ダン・ブラウン ダ・ヴィンチコードの作者のデビュー作

「使命と魂のリミット」東野圭吾 やっぱり安心して楽しめる。東野圭吾は中国でも
人気があるらしく、街中でもけっこう読んでる人見かけます。

「食堂かたつむり」小川糸 おいしそうな食材と料理に囲まれて、最後にほろっときちゃいます。日本の田舎に行きたい。

そして一番印象に残ったのは「ポーの話」いしいしんじ 個性的な人々とありそうでなさそうな不思議な世界。By Kyokoが世界一周に持っていく為に選んだ本。
何度でも読めそう。おすすめです。

「1Q84 book3」発売もうすぐですよね?日本では盛り上がってます?
ハルキの中国語版も売っているので買おうと思ってます。


さて
先週末、大阪から友人のyuichiさんが遊びに来てくれました。友人といっても、
By Kyokoが3年前トルコで出合って、東京での再会で俺は初対面。その後大阪でも会って、
今回が4回目。一緒に過ごした時間は短いけど
やっぱり、旅先でのつながりは最高です。なんの気兼ねもなく楽しめてしまう。
By Kyokoとも旅行が縁だったしね。
今まで旅行中に出会った友人の笑顔を思い出しちゃいます。

夜は、雲南南路の美食街にて火鍋。
入り口で羊肉をスライスしている月圓火鍋に行きました。


そして今回のアテンドは前から(俺が)行きたかった、「上海動物園
目的は上海世界博の為に四川からやってきたパンダくん達を見ること。

いざ着いてみると、パンダ以外にも見所満載。つっこみどころも満載。
日本との違いはやはり、人と動物の距離の近さでしょうか?

爬虫類エリアのワニくん。頭の上にたくさん1元玉をのせられてました。


看板にでかでかと「えさを与えないで下さい」とありますが、
そこらじゅうで、めちゃくちゃ与えてます。

某女性は猿に飴玉を袋ごと与え「この猿はきっと袋をむいて食べられるよ」と….
その後猿は、キィーキィーなきながら延々と袋を開けられず。


マレー熊の柵の中にペットボトルのコーヒーをどぼどぼしたり、

寝ている虎に枝を放り投げたり、

こどもはクッキーを網にねじこみ、キャッキャ笑って、楽しそうだったけど、

いいのかこれで、“为了世博会做可爱的上海人”はどこへやら。

動物を見に来てたのに、半分は人間を観察してた気がします。(笑)


しかし、やっぱり、パンダはかわいい。多くの動物達の中でもやはりVIP待遇
広々とした芝生の上、アスレチックの上でのんびりとみんなでじゃれあってる姿は
なんとも言えずほんわかしてしまします。



男二人でしばらく見とれてました。

最後にMVPは

メスのう○○を嗅いで、恍惚となるオスライオン。


By Hiroshi



はじめてのがいこく

いいお天気の金曜日Sun下班が待ちきれないBy Hiroshiです。


先週末に母と甥っ子が遊びに?By Kyokoのお腹のぐあいを見に来てくれました。
小学2年生、もちろん初海外の甥っ子はどんなものに興味を示すのか
こちらも興味津々。


まずは浦東空港までお出迎えAirplane
母によると朝から心臓バクバクで朝ごはんも食べられず、
飛行機が離陸するときは、死ぬーThunderと騒いで、後ろの乗客(日本人)に怒られたとか。


そして空港からリニアモーターカー(磁浮列车)で地下鉄2号線の龙阳路站まで8分間の旅。
最高速度は400km超とのことですが、今回は300kmが限界でしたTrain
それでも、隣を走る車をビュンビュン追い抜いて、列車がカーブで傾く度に大興奮。

チケットは120センチ以下は子供料金、
チケットカウンターの高さが120センチになっていて、そこから少し頭が出てたので
残念!!ひざを曲げさせればよかった。



夕食は、北京ダック。
浦東の紫金山酒店というホテル内の全聚德Duck
まさに中華な感じの内装で店内は龍の装飾がいっぱい。
まるごとの鳥が運ばれてきて、目の前でお兄さんが切り分けてくれる。

なかなか楽しんでくれたけど、味は小学生にはまだ早かったかな?
ダックよりも本場の焼きそばを「うめー」と言いながらパクパク。

         【アヒルの形をした点心。かわいいけど味はいまいち…】




2日目の朝は、近くの馒头屋で肉まん、萝卜丝(大根千切り入りまん)、豆沙(あんまん)の出来立て
&豆浆(豆乳)を買って中国定番の朝ごはん。


そして、昼は静安寺近辺のLYNNにて飲茶ランチ。
上海名物の小龍包は「食べたくない」と言われたけど、
デザート、特にエッグタルトは気に入ったみたい。




午後は定番、上海马戏场。By Kyokoが初上海の時見に行った夜の部とは違い
劇場も演出もかなり古臭いですが、
動物達の芸は子供はもちろん、大人でも十分楽しめました。

<

ピエロの小芝居は失笑を誘いますが、くまさんの曲芸は拍手喝采!!
立つと以外に足が短くてかわいい。




その後、甥っ子はかなりお疲れの様子だったけど、もうひと頑張り、
浦東の环球金融中心*森ビルへ。

空がうす曇の日が多い上海ですが、この日は見事晴れ渡って、地上までくっきり見えました。
100階、地上400メートルから見渡す景色はかなりのインパクトがあったみたいです。

でもなぜかおとなしくしていた甥っ子。
つまらなかったのかと思いきや、家に帰ってから、疲れている大人三人を尻目に大興奮の再現をしていました。


でもやっぱり早く日本に帰りたかったみたい。
駅まで迎えにきたママに、嬉しそうに話をしていたとのことでした。



なにより、レストランの店員さんや向かいのおじちゃんおばちゃんと、
俺が教えてあげた「ニーハオ」「謝謝」を使ってお話できたことがいい経験になったのではと期待します。


By Hiroshi


Star2Star2Star2Star2Star2Star2

全聚德 (紫金山大酒店)

地址:   浦東新区東方路778号
Phone 6886-8807

Star2Star2Star2Star2Star2Star2

LYNN 淋怡

地址:   西康路99-1号 (X 南陽路)
Phone 6247-0101

Star2Star2Star2Star2Star2Star2

熱烈歓迎 3 ~小吃天国

友人滞在記の続きです。



翌日は朝からすご〜〜〜く寒くて、雪がぱらつくお天気Snowman
でも、めげずに七宝まで向かいました。目的は小吃を楽しむこと。

この日の七宝は、寒い平日とあって、以前母と訪れた時より人は少なかったですが、
修学旅行生であふれていました。


【寒い日にアツアツの小龍包は最高!】

【今川焼をキャラメリゼしたようなあんこ入りのお餅 これは超おすすめ!】

【竹を割るとココナッツっぽい味付けの甘い米が出現】

【揚げたて臭豆腐。臭いはさておき、味は超おいしい!】

【辛くない担々麺と羊肉麺】

【食後にサンザシ飴。わかりづらい写真ですがかなりのヒットです】


安くておいしい小吃は最高です!!




しかし、あまりの寒さに耐えられず一度帰宅。
夜は火鍋を楽しみました。

インターネットやBy Hiroshiの記憶を辿って、いくつかの有名な火鍋屋さんをあたってみたのですが、
どれも行きたい場所にはなかったり、もう既になくなっていたり…
移り変わりの早い上海では、ネット上の情報が必ずしも正しいとは限らないのが困ったところ。
ましてやBy Hiroshiの記憶は何年前のもの!?

というわけで、とりあえず何かありそうな徐家汇に行き、
頑張ってお店を見つけました。
記憶が100%定かではないのですが、多分この店。
吴记老锅底麻辣火锅


初めて「鴨血」というものを食べましたが、思ったよりクセがなくて
プルンとしたレバーのような感じでおいしかったです。
何でできているのかよく知らないのですが、おそらく鴨の血でしょう。
それをプリンみたいに固めたもので、中国ではよく食べられている食材だそうです。
スーパーでは、豆腐みたいにパック入りで売ってます。

この鴨血が入った麻辣スープと白いスープ二種類に様々な具を入れて、
自分で薬味を選んで作ったタレにつけていただく、おいしいお鍋でしたPot



すっかり暖まって帰宅したら…
例の給湯器事件勃発Ga-n


火鍋を食べると臭いが服や髪にすごくつくのに、シャワーを浴びられなくってNamida
せっかく友達が遊びに来てくれた最後の夜は
トンデモナイ結末で幕を閉じたのでした。



でももうお湯は出ますので、いつでも泊まりに来てくださいBikkuriBikkuriBikkuri

By Kyoko