‘旅/Traveling’ Archive

内モンゴル

はいさい ちゅーうがなびら!
沖縄に到着して一週間が経ちました。
なかなかブログを書く時間が捻出できない日々です…
が、みんな元気にしております。


中国での最後の国内旅行、内モンゴルへの旅を
簡単に記録しておきます。

朝に最後の房東とのバトルをなんとか無事に終えて
(このバトルも大変でしたよ~。でもこの話はまたそのうち。)
上海からフフホトへ飛行機で飛びました。
飛行機の中で、なんとSoraが発熱。
とりあえずホテルでゆっくりすることにしました。

晩ご飯はBy Hiroshiがホテルの近くで買ってきてくれました。
でもなかなか適当なお店が見つからなくて、
結局買えたご飯も微妙なお味…
上海の便利さ、ありがたさをかみしめました。


そして翌朝、Soraの熱が結構さがっていたので、
心配しながらも一泊の「草原ツアー」に参加。
バスに激しくゆられながら2時間半、草原に到着。
酔い止めを持っていて助かりました…

せっかくなのでBy HiroshiHalはお馬さんに乗りました。
Halはつきそいのおじさんと二人乗り。
とても喜んで乗っていたのですが、途中で眠くなって爆睡。

折り返し地点でバター茶を飲んで休憩した後、パパと別れて馬に乗るところで
号泣したところしか写真に撮れませんでしたが、すぐに泣き止んで
ご機嫌で初めての乗馬を楽しんできました。



その間、SoraBy Kyokoは日陰に避難。
ツアーガイドさんの計らいにより、ガイドさんたちが休憩する部屋で
一緒に休ませてもらいました。
Soraはご機嫌が悪くずっとママ抱っこ。
お熱もまたあがってきたみたい。


モンゴル風(?)のお昼ご飯はパンとご飯、
各種野菜料理と羊肉でした。
ツアーに参加したメンバー全員で一緒にいただきました。
(ちなみに外国人は私たちだけ)
案外野菜がたくさんあって、Soraもトマトなど水分のあるものを
たべられました。

午後はパオでゆっくり。
Halは草原で動物と触れ合って走り回りました。


グダグダな乗馬ショーやモンゴル相撲も見られました。

夜は昼とほぼ同じメニューのご飯に馬乳酒がついてきました。
ショーがある、と聞いていたのですが、おっさんが一人大音量カラオケで
歌っているだけで、ほとんど誰も聞いてなかった…笑

Soraの調子もよくなかったので、早々にパオにひきあげて就寝。
ばたばたしていたせいで、モンゴルで絶対見たい!と思っていた
満天の星空を見逃してしまいました…Tara

そして夜中も草原で大音量のショーがくりひろげられていて、
「静かな草原で一泊」というイメージはぶち壊し。
これさえなければよかったんですがねえ。
日本人向けにやってるツアーとかならこういうのはないと思います!


翌日は朝早くに起きて、またバスでフフホトへ戻りました。
最終日はちょっといいホテルですごしました。
ゆっくりして、夜はおいしいブッフェでモンゴル料理をたくさんいただきました!
Halはカレー味のパスタが気に入ってたくさんたべました。


その夜、体調が安定してきたと思っていたSoraが高熱を出してしまい、
さすがに病院に行ったほうがいいのでは…とBy Hiroshiと二人でフフホトの病院へ。
かなりすごい体験をしたようです。
Soraはかわいそうにおでこから点滴Namida
夜中までかかりました。
でもがんばったおかげで朝にはかなり熱が下がっていました。


上海に戻って、浦東から直接病院へ。
診断は熱中症。休息とポカリと抱っこでゆっくりすごしました。


Soraに無理させてしまったため、当初の予定を変更。
船で大阪に渡るのをキャンセルし、上海で3泊ほどゆっくりすごしてから
飛行機で成田に飛ぶことにしました。
Soraは上海にいる間に完全復活して、元気な状態で飛行機に乗れました。

子連れ旅行、試練がいっぱいだけど、楽しかったです。
今度はSoraも楽しめる旅行にしようね。




By Kyoko


Let’s meet Buzz!

上海へ戻ってきてからあっという間に1ヶ月が経ってしまいました。
こちらの生活でもまた色々な変化がありましたが、
それは追々書いていきたいと思います。


まずは、帰国中のしめくくり、最大の目玉イベント、
ディズニーランドについて!


Halはトイストーリーが本当に大好き。
加えて、帰国前にはカーズやニモをずっと見ていたので、
ディズニーに一緒に行きたいね、
そして、香港や上海ではなく、デビューは絶対に東京だ!
By Hiroshiも私も決めていました。


そんな時。
Soraの出産祝いとして、大好きなサトコ&ヤマミコンビが
東京ディズニーリゾートのパスポートをプレゼントしてくれましたKya

これはもう、行くしかないよ〜〜〜〜。
ランドとシーどっちにするか悩んだけど、
デビューだし、ランドにしました。
シーのトイストーリーマニアはまた次回!



春節中の平日に行こう!と決めたものの、
スケジュールがうまく調整できず、結局
2月11日の建国記念日に行くことになりました。

寒いので、かわいそうだけどSoraはおばあちゃんとお留守番。
粉ミルクを飲まないからどうなるか心配だったけど、
重湯を少し食べたりして、どうにか過ごせました。
おばあちゃんありがとう!!!!


私の実家から、電車一本で行けるので便利。
早起きして、この日のために買っておいたトイストーリーの
エイリアンのTシャツをHalに着せたところ…。
早起きでご機嫌ナナメのため、脱いでしまったGa-n

ので、着慣れている服に着替えて、ぐずりながらなんとか出発。

本調子ではないものの、エントランスに辿り着く前に
早速Halが発見!こんなところに!!


祝日のディズニーは久しぶり…そして甘くみてた…。
入場のところからすごい並んでいましたTara


入場してBy Hiroshiがダッシュ!
まずはバズのアトラクションのファーストパスをゲット。
その間By KyokoHalはウエスタンリバー鉄道へ。

(ポップコーンは発車する前にちゃんとしまったよ〜)
Halはあまりのできごとに圧倒されてしまったのか、
眠いせいか、呆然としている様子 笑。


でも鉄道を楽しみ、By Hiroshiと合流して
一緒にジャングルクルーズへ。

魅惑のチキルームでは、急に暗くなってちょっとビビったり
していたHalでしたが、ママにしがみついただけで
泣きませんでした。
スティッチの登場に「あ!」と指差していました。


メリーゴーランドに乗ろうと並んでる途中で
早起きHalさんはついに睡魔に負けてしまったので、
寝てる間に、Halを連れて行きたくなかった
トイストーリーグッズが売ってるお土産屋さんへ!

ゆっくりお買い物タイム。

モンスターズインクのお店で起き、

(エイリアンとマイクって似てる…)


ランチ。

店内の宇宙人に釘付けのHalは、ピザのソーセージばかり食べていました。


It’s a small worldでゆっくりして、
寒い中トゥーンタウンで遊びました。




そしていよいよ…

Halは「あ!」「あふ」(Buzzのこと)と興奮。
シューティングゲームはまだ無理だけど、
一緒にスペースレンジャーになってきました。


アトラクションを楽しんだ後は、先ほどお土産屋さんで
密かに調達しておいたものを…じゃじゃーん。

これ、すごく気に入ってくれました。


そして、寒いけどパレードへ。
ダンサーのおっかけのお姉さんたちに冷たくされて
ちょっと嫌な思いもしたけど、やっぱり楽しかったです。
Halは最初ポカーンとしてたけど、自分の知ってるキャラが出てくると
元気に。ライオンキングやモンスターズインク、そして、
やっぱりこれ。



最後にゴーカート。
これは大興奮でしたが、マックイーンのゴーカートがあったら
よかったのにな〜〜〜。



初めてのディズニー、Halの目にはどう映ったかな。


今度はSoraと4人で行こうね!!!


By Kyoko

のんびり冬休み

気付けば、2013年になってもう一か月が経とうとしていますね。
今さらですが、昨年末から一時帰国中です。
By Hiroshiは一足先に上海へ戻り、キッズと私は日本でしばしお休み。
また春節の時にパパが迎えに来てくれる予定です。


2012年は本当にあっという間。
元旦に家族三人病気に倒れるところから始まり、By Kyokoの肋骨骨折やら
色々ありましたが、Soraが元気に生まれてきてくれた素晴らしい年となりました。
昨年一番がんばったのは、なんといってもHalでした。
幼稚園に通ったり、お兄ちゃんになったり。
Challengingなことをたくさん経験して、成長しました。




2013年、結婚してから初めて、そして四人で初めて、
久しぶりの日本のお正月を堪能しました。
いとこ達ともたくさん遊びました!!

ちなみに、初めての二人連れ飛行機は、HalSora二人ともいい子にしてくれてたのと、
私たちも今までの経験からつちかったノウハウを駆使できたので、
思ったより大変ではありませんでした。



子どもたちはおじいちゃんおばあちゃんとゆっくりすごすのは初めて。
おいしいもの食べたり、鉄道博物館に連れて行ってもらったり、
公園や児童館で遊んだり。
ママのお買いものにつきあわされたり、お友達に遊んでもらったり。



Halは日本で電車が大好きになりました。
上海では地下鉄がメインで、町中で走っている姿はあまり見られないので、
(前に住んでたところは地上だったけど…あまり反応してなかったな。)
私の実家のある町では色んな電車がたくさん通るので大興奮。
あとは、ハーゲンダッツもデビューしちゃいましたよ。
バニラアイス食べながら乗り物のDVDを見る。至福のときですな。



あと、血液型を調べ、O型であることが分かりました。
両親と同じBだと思ってたんだけどねー。



まだ話し始めないHalですが、大雪の日に電車やバスに乗って楽しんだり、
翌日ママと雪だるま作って、雪が大好きになりました。
元気いっぱい、やんちゃざかりです!





そしてSoraも元気元気。
寝返りもできるようになり、歯も3本生えて、4本目も顔をのぞかせています。
相変わらずの横綱っぷりです。

帰国中、ビョルンのバウンサーをレンタルで使っているのですが、
バウンサーをビヨンビヨン蹴りまくって、自分で自分を激しく揺らして、
大笑いで遊んでいます。

年下の女の子にも積極的です。



二人とも、小児科の健診でちょっと心配なことを言われてしまいましたが、
あまり心配しすぎずに見守っていきたいと思っています。



私は実家でたくさん寝るという希望があったのですが、
こんな二人がいるので、なかなかお昼寝もできません。
でも毎日おいしいものたらふく食べてます!!
そしてジーパンのサイズは妊娠前よりさらにサイズ一つ落ちました…。
今年の抱負は、ずばり、がんばりすぎないことです。


春節には、Halのディズニーランドデビューを計画しています。
大好きなバズに目を輝かせるHalを想像するだけで、
今からニヤニヤしてしまうBy Kyokoでした。


今年もよろしくお願いします!!!

By Kyoko

two little great travelers

少しずつですが、最近ようやくHalが外出時に自分で歩いてくれる
ようになってきました。まだまだ抱っこの方が多いですが、成長していますNiko

Soraはものすごい成長ぶりで、この間体重を測ったら
まだ3ヶ月にもなっていないのに7.6kgでしたPachikuri



さて、全然ブログアップできないまま10月も終わりに近づいてきましたが、
せっかく途中まで書いたので…国慶節の続きです。

本当はどこかに旅行に行きたかったのですが
Soraがまだ小さいので、今回は近場で楽しむことに。


結婚式の翌日は生後2週間のKeyちゃんにちょっとだけご挨拶、
1ヶ月半しか違わないのに、この差…

その後yoshitomoさんの御宅に
お邪魔して、楽しいひとときを過ごしました。
Halはyoshitomoご夫妻にすっかり懐いていて、
甘えてお菓子もらったりしてました。
同じ学年のRくんとも一緒に踊ったり、かわいい二人でした。
Soraも、明るいお部屋で彼なりに楽しんでいた様子。
ありがとうございました!


翌日は日系スーパー主催の野菜摘み&BBQツアーに参加。
何から何まで企画・手配されているツアーに参加するのは
私たちのスタイルとはあまり言えないのですが、
小さい子供二人連れなのでこういうのもいいかな、と。


Halは大型バスに乗れて大興奮。
とても喜んでいました。

が、自然と触れ合ってほしいという母の気持ちは
ガン無視され、農園ではご機嫌ナナメ、

自分で摘んだ野菜ならちょっとは食べてくれるかな
というはかない願いも打ち砕かれました。
結局パパママが交代で摘んで終わり。


でもBBQの時にたくさんのお友達と
走り回って遊んでいたので、やっぱり参加してよかったです。

またまたステージに登って遊び、大きなお姉ちゃんに風船を貢いでいました。


ちなみに横綱はずっとおりこうさんでした。
ごっちゃんです。

帰りのバスでは二人ともグッスリ。お疲れ様でした。
頑張って肉を焼いてくれたBy Hiroshiもお疲れ様。



その翌日は、再び常州のseicoさん一家を訪ねました。
今年は大きな休みの度に行ってるので、自分たちにも
実家in中国があるみたいだね、と勝手に言ってます。


ゆみちゃんと


ゆうきくんはSoraをたくさんかわいがってくれました。
さすがお兄ちゃん!!

一緒にお散歩に行ったよ。


「ソラくんベビーカー乗ってる」


Sora初めてのタタミ。


Halはたくさんの車のおもちゃに大興奮で
ずーっとモクモクと遊んでいました。
興奮しすぎて夜はなかなか寝付けませんでした。

By HiroshiBy Kyokoもseicoさんのおいしい手料理に舌鼓を打ち、
すっかりゆっくりお世話になりました。
seicoさんは体調がすぐれない中、家族四人の一泊旅行を
最高におもてなししてくれて本当に感謝です!!



Halの旅人ぶりは以前セブに行った時にも書きました(コチラ)が、
Soraも負けてはいません。

今回も行き帰りは高鉄(新幹線)だったのですが、
なんと、行きも帰りも、子供達は二人ともほとんど寝てくれました☆
これは素晴らしいKirakiraすごく楽な新幹線の旅でした。

子供が二人いて、小さい方はまだ首もすわってないから
もちろん大変でしたけど、楽しい思い出をたくさん作れたので
頑張って出かけた甲斐がありました。

キッズたちもますますgreat travelersですOnpu2
これからも旅の英才教育したいです…がHalの飛行機代もほとんど大人と同じになったし、
4人になるとお金がやばい〜!!

By Kyoko


佘山でのんびり②

今回泊まったPrestige Suiteは、もちろんお安くないのですが、
エグゼクティブラウンジでの朝食、アフタヌーンティー、そしてハッピーアワーのドリンクが
部屋代に含まれていました。
貧乏性の私たち、元を取らなくっちゃ!と行ってみました。


アフタヌーンティーの時間にはHalBy Kyokoはお昼寝してしまったので
By Hiroshiがちょっと偵察へ。マカロンを食べてきました。


Halは疲れ果ててグッスリ寝たままハッピーアワーに突入。
両親がゆっくり一杯ひっかけようとラウンジへ。
ハッピーアワーというくらいなので、ちょっとしたアルコールと
おつまみくらい用意されてるのかな、と思ったら。

とんでもなかったです。


お酒類、ジュース、お茶にコーヒーはもちろんのこと、
チャーハン、包子、カナッペ、洋風に調理したお肉類、サラダ、
ケーキにフルーツと、すごく豪華な品々が。


がっつり食べることにして、まずはビールとペリエで乾杯。

もちろんワインも。

軽めのワインでしたが、コンプリメンタリーだと思うと
倍以上おいしく感じられました!

By Hiroshiは久しぶりにテキーラも楽しみましたKirakira
私ももっと飲めたらよかったんだけど…。しょうがないね。


ホテル内のレストランはそこまで期待してなかったので、
ここでお腹いっぱいになってお酒もたっぷりいただいて、
しかもタダ!大満足でした。
Halも途中で起きて少しだけ包子を食べました。



隣のテーブルの上海人家族は、ママがなんと
私が働いていたビル内の会社に勤務してるということで
ビックリしました〜。日本語がとても上手な方でした。



Halが寝た後、二人で映画でも見てゆっくり…と思ってたのに、
昼間たくさん遊んで、テキーラもたくさん飲んだパパは、
Halより先に夢の世界へ…。お疲れさま!



このホテル、1階のお部屋はとても人気があるそうで、
実際とてもよかったのですが、一つだけ難点が。
それは蚊。水辺だししょうがないのですが、
たくさん喰われてしまってかゆかった〜Namida
お部屋には一応蚊よけが置いてありましたが、
あそこに生息してる蚊にはもうあまり効かないのかも。


そんなこんなで楽しい一日が過ぎていきました。




翌朝。またもラウンジで朝食をたっぷりがっつり食べました。
朝食はレストラン内で食べてもいいのですが、ラウンジの方が
人が少なくて静かなのでよかったです。
メニューの種類はちょっと少なかったようですが、ほとんど同じだったし。

そんなわけで、高いスイートでも、
食事代も総括して考えるとお得だったかも!おすすめです〜。



お腹いっぱいになったらまたプール。

2日目はあいにく曇り空でしたが、十分に暑かったので、
またたくさん遊べました。

砂浜でもちょっと遊びました。

でもHalはお水の中の方が好きだったみたいで、
砂にはあまり反応なし。
遊具の貸し出しなどはなかったので、子連れの方は
バケツやスコップなどおもちゃを持っていった方がよいでしょう。



あっという間にチェックアウトの時間。
もっともっと遊びたいHalをなんとか着替えさせて手続き。
帰りはタクシーを呼んでもらいました。
家まで30分で着いちゃった!



上海の中心からこんなに近いところで
リゾート気分をたっぷり味わえて、
出産前最後の贅沢をさせてもらいました。
羽伸びた〜〜〜Heart2


こういうお金の使い方は普段の私たちからだと想像もつかないですが、
妊婦だと遠出もできないし、たまにはこういうのもいいよね!!



贅沢した分、今月後半はしっかり財布の紐を
ひきしめてまいりたいと思います。


By Kyoko

佘山で贅沢時間①

今年の夏はHalをどこにも連れて行ってあげられなそう。
旅行中に産気づいたらやばいので、今のうちに家族でプール遊びに行く事にしました。

週末、上海郊外の佘山へ。


旅行に行けない分、奮発していいホテルに泊まることに。
でも急に暑くなった上海の週末。
ホテルも混んでいたようでスタンダード部屋を取る事ができず、
元上司のお力を借りて、スイートをちょっとお得なお値段で予約させてもらいました。

余談ですが、例えいいホテルでも、ここは中国。
宿泊予約課のサービスにプチギレしてしまいました。
スタッフもあまり英語が上手ではなくて話通じないし、
途中でBy Hiroshiと話してもらって中国語でも話通じないし…
中国だからしょうがないんだけどさTara
どうしても気になっちゃうのは職業病でしょうか。


でも無事予約できたのでよし。



さー、張り切って出発!
…と思ったら、朝イチでパパとお外で遊んできた方は
バス停に向かう途中で寝てしまいました。

旅行気分を盛り上げるため、バスと地下鉄を乗り継いで佘山に到着。
1時間もかかりません。近い!!
佘山駅からは、荷物もあるし暑いので白タクに乗ってホテルへTaxi


昼頃に到着し、ロビーへ。

「チェックインは3時からです」とか言って追い払おうとする男性スタッフを
制し、私のデカ腹に気付いた女性スタッフが部屋を用意してくれ、
アーリーチェックイン。妊婦子連れ効果は絶大です!


そして、希望通り1階のお部屋へ。
1階のお部屋だと、バルコニーから直接プールに入ることができるんですKirakira


Halは大きなお部屋に大喜び!
大はしゃぎで遊びまくります。

持参したサンドイッチなどで簡単に昼食を済ませたら、
待ちきれない子になんとか水着を着せ、プールへ。



Halはものすごく喜んで、水から出てもすぐにまた入りたがり、
ずっとずっと遊んでいました。こんなに喜んでくれて、よかった!
怖いもの知らずの我が子、プールに入るための梯子にも躊躇なく進んでいくので
なかなかヒヤヒヤしました…。



ママはバルコニーの椅子に寝そべって、遊ぶ様子を見たり、
本を読んだり、ゆっくり過ごさせていただきました。

もちろんその後一緒に泳ぎましたよ〜。
激しく泳ぐことはできないけど、浮き輪につかまって
By Hiroshiに引っ張ってもらってプカプカ。
最近腰がすごく痛いので、これはとても気持ちよかったです!

大きいプールに行くと、水着の妊婦さんがもう一人いました。
白人女性で、Halよりちょっと大きい男の子連れで、
なんだか親近感が湧きました。

中国人にしてみれば、妊婦がプールなんてとんでもない!って感じかなー。
でもこんなに暑いし、妊婦は特に暑がりだし、無理しなければ
全然大丈夫だと思います。だってプールがあるのに入らないなんて
ありえない〜〜〜。

幸い水着もなんとか着る事ができてよかったです。
いつも以上にデカ尻になっているので、ビキニのパンツが
目一杯横に伸びてましたけどTara
椅子に座ってもお腹がたるまないので、普段より
気にしなくてもよかったかもですOnpu2


続く!

By Kyoko

蘇州2日目

一晩ぐっすり眠った翌朝は、ビュッフェの朝食をたらふく食べてお腹いっぱい。
フレンチトーストとか、ベイクドトマトやベイクドビーンズ、
包子に豆乳、などなど盛りだくさんでしたが、Halはサラダ用のコーンに集中。


ちなみに、いつも三人「川」の字で寝るのですが、Halの寝相がすごくていつも結局「H」の字とか「三」の字になってしまい、自宅のベッドだと端においやられて窮屈な思いをすることもしばしば。ホテルの広いベッドでゆったり眠れて嬉しかったKirakira あぁ、前の家のキングベッドが懐かしいです…。


食べ過ぎたので、腹ごなしのお散歩へ。
一歩奥に入ると、井戸水で洗濯するおばさんや

上海ではなかなか見かけない超ローカル風景が広がっていました。


部屋に戻り、NHK番組を見ながらTVゆっくりしてからチェックアウト。
(全然関係ないけど、バルセロナのサクラダファミリアの建設を担っている
日本人彫刻家のドキュメント。すごくよい内容でした。)


ランチは精進料理を食べる計画。
とてもお手ごろなお店だし、タクシーに乗るほどじゃないからバスで行こうとしたら、
バスは来ないし、ものすごい人だし、荷物もあるし、心が折れてしまい、
近くの新疆レストランへ。蘇州とは関係ないけど、まあいいか。


Halは初新疆料理。
羊肉の入ったパンを一人でまるごとペロリと平らげ、

ちょっと休憩してトーマスタイム、

新疆拌面もたくさん食べました。

新疆のイスラムっぽいお客さんもたくさん来ていて、すごく本格的でおいしいお店でした。
酸味のあるヨーグルトがすごくおいしかった!羊とスパイスとすごくよく合います。大満足。



お腹いっぱいになったら、また高鉄に乗って上海へ。帰りは二等席。
あっというまの一泊二日でした。



帰宅後、疲れてご飯を作る気力もなかったので、夜は近所の日系居酒屋へ。
Halはご飯も食べず近くの席のファミリー達へご挨拶しに行き、
お姉ちゃん達に遊んでもらってご満悦。そしてなんと!
Halの誕生日の翌日に生まれた、これまた「はる」くんと出会いました。すごーい。



三連休最終日は、家で少しのんびりしてから、念願の自転車を買いに行きました。
そのお話はまた今度。

By Kyoko


蘇州へ

労働節の三連休は、ちょっと遠出をしたいとはりきっていたのですが、
なんだかんだで結局飛行機のチケットが取れずAirplaneゴタゴタして旅行計画も立てられず、
もう家の片付けでもしようか~なんて言って諦めていたのですが。


連休に入る前日に、いきなりBy Hiroshiが「蘇州に行こう」と言い出し、
急遽行くことになりましたTrain


出発前夜に電車のチケットを買っておこうと思っていたBy Hiroshiだったのですが、
6連勤の疲れで不機嫌マックスだった妻に阻止されて断念。
出発当日は近所でパンを買って、ちょっぴり早めに虹橋火車駅へ。


予想以上にすごい人でした…
HalBy Kyokoがカフェでまったり待つ間、パパはチケットの列へ。
蘇州駅に行く高鉄(新幹線)は午後の分しか空いていなかったため、蘇州北駅へ向かうことに。
初めての一等車両。なかなかゆったりしていて、お菓子とお水orジュースがもらえました。

Halも車窓からの風景を楽しみました。


30分ほどで蘇州北駅に到着!近い!
虹橋で帰りの高鉄チケットを買い損ねたので、ここで買おうとまた列に並ぶも、
蘇州駅出発分は、北駅では買えないとのこと…Ga-nさすがのチャイナ。

こんなことでへこんではいられません!タクシーで蘇州駅へ向かいます。
正規のタクシー乗り場ではないところでタクシーを拾い、運ちゃんが
「ここで乗せてもいいのか」と警備のおっさんに聞くと
「子連れはOK」とのこと。並ばずにすんでラッキー。さすがチャイナ。
20-30分くらいで蘇州駅に到着。北駅より大きくて、人の数もすごかった…。
なんとか帰りのチケットを買い、ホテルへ。


蘇州駅からタクシーで5分。今回はHoliday Innに宿泊。
タクシーの列に並んでいる間にHalが寝てしまったので、アーリーチェックインを希望するも、
残念ながらまだお部屋ができていないとのことで、ロビーのソファーでしばし休憩。
私もウトウト寝てしまいましたSleep

そしたら、居眠りしている間にもう一つ上のカテゴリーの部屋の
清掃が終わったということで、アップグレード&アーリーチェックインしてもらっちゃいました。
またもや子連れパワー。やったね。


元ホテルマンのくせに、旅行の時はホテルなんて寝るところさえあればいいと
思っていた私ですが、小さい子がいると、やっぱりホテルも大事だな~と思うようになりました。
いいホテルには泊まれないけど、部屋が広々していて、
ホテルの中でご飯が食べられる、というだけでも全然違う!


広いお部屋を走り回って、ベッドの上で転げまわって、
窓によじ登って外を見て、ついたてに隠れて「いないいないばあ」して、
備え付けの回転する椅子でグルグルして、リビングのテーブルの上でトーマスを走らせて。
そんなHalを見られて嬉しかったです。Halも旅行が好きになってくれたかな。


三人ともお腹ペコペコだったので、街へと出発。
お昼は米线をツルツル。あっさりおいしかったです。

蘇州といえど、中心地にはビルが並んでとても近代的でしたが、
ちょっと行くと伝統的な街並みというか、黒い瓦屋根の建物がどんどん増えてきました。
写真に取り損ねたけど、バス停も伝統を取り入れたデザインでかわいかったBus


山塘街という観光地をブラブラ歩きました。

ちょっと七宝にも似てましたが、人の多さがすごかった…。
お土産屋さんでHalがデンデン太鼓を気に入ったので、10元で購入。
本当は冰粥というスイーツみたいのを食べてみたかったんだけど、
お腹を壊すことを恐れて断念しました。


歩きまわって疲れたので、タクシーで滄浪亭という庭園へ。
お花の種類はそんなに多くないけど、風情あるところでした。

もともと雨の予報だったこの連休。
午前中はなんとかもちこたえましたが、庭園についたら大雨。

雨宿りできてちょうどよかったです。


ホテルに戻り、傘を乾かそうとするとしていると、
すぐに遊びはじめる人。



疲れたので夕飯はホテル内の蘇州料理レストランにて。
結構有名なお店だそうで、上海にも支店あった…Tara
まあ本場ということで。
おすすめの桂魚のあんかけをいただきました。

甘酢あんかけは割と好きなはずなのに、魚は全然食べず、
添えられていたブドウを完食したHalは、その後また麺ばかり食べてました。



デザートはホテル近くのスイーツ屋さんで
かき氷と、芋圓というモチモチしたお団子みたいなやつを
テイクアウト。おいしかったー。



お風呂あがりの一杯は、すっかり気に入った椅子に座って。
これで何回も回転させられました…。本人はすっかりご満悦です。

ミルク用のマグを持っていくのがめんどくさかったので、
ホテルのマグカップで飲ませてみたところ、全然問題なしでした!


こうして初めての蘇州での夜はふけていきました。
By Hiroshiは三回目の蘇州。)


By Kyoko


ギリギリの戦い

我が家の役割分担は基本的にこうなっています。
By Hiroshi(元旅行会社勤務)→航空券手配
By Kyoko(元ホテル勤務)→宿泊手配
なので飛行機の時間とか全部夫にまかせているのです。
上海へ帰る日の前日、翌日の飛行機の時間を聞くと「12時くらい」との返答。


【Day 6: from Okinawa back to Shanghai】

朝ご飯はむら咲きむら内の古民家風レストランにて。

もう沖縄も残り少ないと悲しみながらゆっくりとご飯を食べていると…。


「やばい。飛行機10:45分発だった。」



いつもギリギリなBy Hiroshiがやっと気付きましたOrooro


えーもう全然時間ないじゃん!!!と、慌てて急いでホテルを出発。
レンタカーも返さないといけないし、またそこから空港まで送ってもらったりしないと
いけないし、もう間に合わないよ〜〜〜という感じ。
またしてもギリギリ亭主にやられました…Tara
まあ気付いてよかったけど…。
もう次から飛行機の時間は私が確認することにしますPunpun



沖縄の余韻にひたることもできず、バタバタとドライブ。
ラッキーにも、なんとか飛行機に間に合いました…。
でも寿命縮まった。




空港でもギリギリまでお土産を買ったりすることもでき、
福岡での乗り継ぎもまたギリギリな感じですませ、
なんとか上海へ帰ってきました。はー。


Halはさすがにお疲れの様子で、帰りのタクシーで寝てしまったまま、
晩ご飯も食べずにそのままずっと朝まで寝ていました。
お疲れさま!



感動でいっぱいだった沖縄の旅。
最後がこんなコメディーみたいな結末で…Ga-n
最後ちょっと肝を冷やす旅となりましたが、
沖縄が大好きになりました。
また行きたいです。




By Kyoko


シーサーと夕陽

子連れ旅行の何が大変かというと、やっぱり細々とした荷物が色々あるところ。
なので、今回も前半は那覇に3泊、後半は都屋に2泊、という感じで
ホテルを連泊で取っていました。


ところがなんと!結婚式に出かける直前にとんでもないことが発覚Orooro
2泊分予約を入れていた海沿いの小さなホテルで、手違いで2泊目の予約が見逃されていたのです。
しかも団体が泊まっていたため満室…。
つまりオーバーブックだったんですGa-n


翌日もビーチでたくさん遊ぶ気満々だったのに…。
なんとウォークされることになってしまいましたShikushiku
(ウォークとはホテル用語で、何らかの理由で予約のあるお客様に部屋を用意できない時、
別のホテルへ移っていただくことです。)
初めてウォークされましたが、まあ、これも経験かな。
お客様のがっかりした気持ち、今なら100%理解できちゃいます。


というわけで結婚式の翌日はまた近くのホテルへ移動。
でもその前に意地でまたビーチで遊んで、

ひとまずチェックアウト。

小雨の中やちむんの里へ。
かわいい陶器がたくさんあって、持って帰るのが大変なのは承知の上で
色々と買い込んでまた散財してしまいましたTara



前日はしゃぎすぎたせいで若干二日酔いのパパママと麺好きの息子。
ランチは花織そばをチョイス。
海鮮もたっぷりの海人そば

そして沖縄そば

ここがすっごーーーくおいしかったです!!
今まで食べた沖縄そばの中で文句なしの一番UdonHeart2
Halもたくさん食べて大満足!



そして次のホテルへ。
また荷物をまとめたりして大変だったのですが、ミスしたホテル側が
費用の半分を持ってくれたので、まあいいか…と思っていたら、
ここの客室がすごくきれいで広々していて、ベッドも和室もあって、
大きな銭湯もあって、すごくゆったりできる造りだったんですKirakira
なのでむしろ大満足してしまいました 笑
災い転じて福となす!


ホテルはむら咲きむらという体験施設の中にあったので、
Halのお昼寝中に、私だけちょこっと体験してきちゃいました。シーサーの色付けに挑戦。

まずは土台のシーサーを選んで、

ベースの色を塗って、

細かく色を付けてできあがり!

本当は対で二つ作りたかったのですが時間がなくって一つだけ。



ちょこっとお散歩して「ハブに注意」と書いてあるこのケモノ道を抜け、

近くのビーチへ出ました。

これは一人で楽しむのはもったいない!


のでHalが起きてから今度は3人で再び。

ちょうど夕日が沈むころ。

こんな最高の夕日を、世界で一番大好きな夫と息子と一緒に見られるなんて
幸せの一言につきます。



夢のような気分でホテルに戻って、さて、晩ご飯をどうしよう、と
ちょうど通りかかったおじさん(胸元には”支配人”のバッジ!)に
近くにおいしいお店がないか聞いてみると
「あっちの方にたくさん居酒屋がありますよ。」笑
と、なんともざっくりした答えが…Tara

レセプションでもう一度聞いてみて、教えてもらったお店へGO!
お魚屋さんがやっているレストラン、地元のお客さんでにぎわっていて、
いい感じの大木海産物レストラン
新鮮なお魚がたっぷり堪能できて、とてもおいしかったです。
Halはソーメンちゃんぷるーばかり食べていましたが、もずくの天ぷらや
さんまのお刺身、まぐろの軍艦巻き、

そしてこのお魚の煮付けが最高においしかった!!!

もっともっと沖縄にいたいよーと名残惜しみながら、最後の夜がふけていきました。

By Kyoko