‘日本/Japan’ Archive

年下の女の子

生まれたばっかりのかわいいかわいい赤ちゃんに会ってきましたKirakiraKirakiraKirakira


まずは高校の同級生で、上海で再会したKazuyoさんのベビちゃん。
もう一人、約10年ぶりに会った高校時代の友達と一緒にランチをして、
Kazuyoさんのお宅へお邪魔しました。
カナエちゃんは2カ月半。

とってもかわいくて軽くて柔らかくていい匂いで…
Halも1年前はこんなだったっけ?と信じられない思いで抱っこさせてもらいました。

Kazuyoさんのご主人にも初めてご挨拶しました。
あまりお話できなかったけど、一緒に飲んだらきっと面白いんだろうな~と思わせる
飄々とした雰囲気が素敵でした。

久しぶりに会っても、変わらず笑いあえるのが高校時代の友達。
カナエちゃんがもう少し大きくなったら上海に遊びに来てね~~。
一緒に生煎食べよう!!!




そして、もっと小さな、1カ月半のソナちゃんにも会ってきました。
ソナちゃんのパパとママは、私たちが世界一周に出発するはずだった頃と
同時期に世界一周の旅に出たご夫婦。
お二人のブログをずっと見ていて、私たちもちょっとだけ旅している気分に
ひたったりしていたのですが、彼らも帰国後に赤ちゃんを授かり、
どうしてもお会いしたくなって、押しかけてしまったのでした。

変な冗談を織り交ぜつつも、すごく細やかな心遣いで接してくださったロロさん。
ロロさんがローラさんのことを好きになった瞬間、を恥ずかしがることなく、
初対面の私に力説してくださったまっすぐな心が印象的でした。

出産直後で大変な時期なのに、おいしいおいしいカボチャのタルトを作って、
素敵な笑顔でもてなしてくださったローラさん。
写真で拝見していた通りの美人で、やさしくてちょっぴり天然(?)。
ソナちゃんへの愛情をひしひしと感じました。





Kazuyoさん、ロロさんローラさん、怪物を連れて行ってしまって
すみませんでした…。
あっという間に時間が過ぎてしまって、まだまだ話し足りなかったですが、
かわいい赤ちゃんに会えて幸せでした。

どちらのおうちでも、とっても小さな赤ちゃんがいるいにもかかわらず、
暴れまくって、汚しまくって、たくさん遊んでもらったHal
まだまだ若い女の子にはあまり興味がないみたいでした…。
今のところ、一番好きなのは金髪20代美女だからね…。


By Kyoko

おニュー和服

今週は日本も結構暑いですSun
でも上海に比べると全然耐えられます!!!

日本だと気軽にタクシーに乗れないので、どうしても電車の移動になるのですが、
(上海でもタクシーより地下鉄とバスが多いですけどね…笑)
優先座席で眠りこけるおっさんの多いこと。
なんのための優先座席なのよ!?と叫びたくなります。
中国だったら、子供を抱っこしていると、遠くから肩をたたかれて、
「ニー ツォ バ!」(あんた座れよ!)と言ってくれる人が多いのですが、
日本だとなかなか難しいものですね。ちょっと疲れる。
でも、もちろんそんな中でも優しさに触れられることも多々あり、
日本もまだまだ大丈夫!と思ったり。



今週は祖父の初盆のお墓参りに京都へ行ってきました。
暑かったけど、無事にお参りできて、京都で鱧も食べて、満足です。
Halはお寺さんにチューペットをもらい、暑かったので食べさせてあげたら、
めちゃくちゃ喜んでました。この旅行中にかき氷も食べたHalです。

そしてあたらしい服も買いました。

腹がけと羽織とズボンの三点セット。
来週の阿波踊りにはこれで参加できるかなOnpu2
浴衣を着て、和服親子で手をつないで歩きたい!!
でも浴衣を上海に置いてきてしまったBy KyokoでしたTara




よちよち

日本は涼しい~~です!
上海に比べると太陽も大分やわらかく射してくれていて、快適です。

今回は実家でのんびりしようと思っていたのに、
会いたい人、行きたいところがたくさんで、
やはり予定が詰まってしまいました 笑


ハルもおばあちゃんのおいしい料理を食べて満足そう。
コーン好きに拍車がかかり、今では大人同様、芯ごと持って
かぶりついて食べています。
好きすぎて芯まで食べてしまうくらいです。



私の実家にいるとお友達と遊べないのがかわいそうですが、
昨日はともみん、Zaicheさん、ブルくんが来てくれて、
ともみんのお子さん、健ちゃんともたくさん遊べました。


毎日歩く練習をしています。

自分のパソコンが手元にないのでいつものように動画をアップできませんでした。
中国のみなさま、そのうち直します…すみません。


By Kyoko


Booじぃに捧げる歌

2011年6月3日 母方の祖父が永眠いたしました。

いつもと同じように始まるかと思えた朝、ケータイに母からの着信がたくさん
残っているのを見て急いで電話したところ、悲しい知らせを聞くこととなりました。

悲しくてもお腹をすかせた息子にご飯を作らなくては、と
おじいちゃんの好きだった「花」を歌いながらホットケーキを焼いていると
涙があふれてきました。そんな私を不思議そうにながめるHal
無邪気な笑顔に助けられました。


その日のうちに急いで大阪へ飛び、お通夜には間に合わなかったものの、
お葬式には家族三人で出席することができました。



4月に会いに行った時、これが生きている祖父と会える最期の機会だと
多分お互いにわかっていました。
でももしかしたらもう一度会えるかもしれないと淡い希望を抱いていたのですが、
やはりあの時が最後となってしまいました。


私は祖父にとってたった一人の孫。
生まれてからずっと、本当にかわいがってもらいました。
大学時代にも二度もはるばるアメリカまで来てくれました。
JFKまで車で迎えに行って、下手な運転でBinghamtonまで
一緒にドライブしました。



私にとってはずっと”Booじいちゃん”だった祖父ですが、
お葬式にたくさんの方が来て下さったのを見て、
仕事や趣味を通じてたくさんの方たちと関わってきた、
93年間の人生に改めて思いをはせることができました。


お葬式の会場では、母が祖父の好きだった歌をiPodにまとめて
流していたのですが、一番最後Halのために歌ってくれた
「Happy Birthday」も入っていました。


すごく悲しいことではありますが、
『エンディングノート』に祖父本人が書いていた希望の場所で
最期を迎えることができたと知って、少し救われる思いです。
この世で、自分が望むとおりに人生を終えることができる人は
一体どのくらいいるのでしょうか。
それを考えると祖父は最後にお世話になった方達やお友達の側に
いることができて幸せだったのかもしれません。
今頃祖母との久しぶりの再会を果たし、積もる話に花を咲かせていることでしょう。




遺影の写真は、大好きだったドライマティーニのグラスを持って
笑っている写真です。
私たちの結婚式で撮った写真。


結婚式でおじいちゃんに歌を歌ってもらったとき、
「これが最後の晴れ舞台だね」と冗談まじりで言っていたのですが、
まだまだ元気そうで100歳まで生きると思っていたのに。
そしてNHKの番組に出ることを目標としていたのに。




たくさんの思い出をありがとう。
おじいちゃんが結婚式の時に言ってくれたように、
“世界中に幸せの種をまけ”るよう、家族で力をあわせてがんばります。


おじいちゃんが作った陶器もずっと使っていきます。





結婚式で歌ってくれた『新妻に捧げる歌』より。


  幸せを もとめて
  二人の心は
  よりそい むすぴあう
  愛のともしび
  悲しみを なぐさめ
  喜びを わかちあい
  ふたりで歌う 愛の歌
  ラララ ラ ラララ ラ・・・・


  幸せを 夢みて
  二人の心は
  手をとり ふれあって
  愛のゆりかご
  悲しみは ひそやかに
  喜びは おおらかに
  二人で歌う 愛の歌
  ラララ ラ ラララ ラ・・・ 





今週末に上海へ帰ります。

By Kyoko


一足早いバースデーソング

3月末に日本帰国を予定していたのが地震で延期となりましたが、
そもそも帰国しようとしていた訳は、入院中の祖父を見舞うためでした。


去年10月にHalを見せに行ったときには、ヨロヨロはしていましたが、
みんなで外食して、「もう食べられない」といいながらも、
お料理もお酒もたくさん食べたおじいちゃんは、まだ元気そうでした。


その後体調が悪く入院したのですが、先日やっと退院。
ホッと胸をなでおろし、地震のあれこれがおさまってから改めて会いにいこうと
思っていたのですが、先日また容態が悪化したということで、
急遽2泊3日で宝塚まで行ってきました。


今回はHalと二人で浦東ー関空を往復Airplane
いい子にしていてくれたので、助かりました。


おじいちゃんは肺炎で喉が苦しいためあまりお話ができず、
身体も動かないのですが、Halと私を見てニッコリ笑ってくれました。
そして何か言おうとしていたのですが、ちょっとわからなくて残念でした。


病室ではHalがじっとしていなくて、点滴のチューブを引っ張ろうとしたりするので
ずっと側にいることはできませんでしたが、Halの顔を見せることができてよかったです。


「もう明日帰るからね、また来るね」と言った私に、
「きょうこ」とハッキリ呼びかけ、「ありがとう」という口の動きをしてくれました。



翌日私たちが帰った後、母が
「ハルくんはもうすぐ初節句で、もうすぐ1歳のお誕生日で」
という話をしていたところ、突然おじいちゃんが、
ハッピーバースデーの歌を何回も歌ってくれたそうです。
口があまりちゃんと動かなくて、言っていることはわからないことの方が多いけど、
歌はメロディーがあるので、はっきりわかります。


身体がすごくしんどくて、歌を歌うのも大変なのに、
何回も歌を歌ってくれたそうです。
Halにも聞かせてあげたかったなぁ…


短い日数で子供連れだったのでちょっと疲れたけど、
おじいちゃんに会いに行って本当によかったです。


Halの誕生日にまた歌ってくれるといいなと、
今は祈るばかりです。


By Kyoko

ミステリーサークル

うちのプリンス、いいつむじしてます。今日で満5ヵ月を迎えました。




変なスタートですみませんTara
ちょっと中断してましたが、日本滞在記の続きですBikkuri




温泉旅行の帰りにBy Kyokoの実家へ移動した後は大忙し!
翌日と翌々日は、Halお披露目パーティーを二日連続で開催しました。
By Hiroshiの滞在が短くてみんなに会うのが難しかったため、
お友達に来ていただくことに。


By Hiroshiの中学時代の友人、大学の友人、上海師範大学の仲間、会社の先輩、
By Kyokoの長年の友人、元同僚、トフラー達、
みなさん遠くまで来て下さって、
食べて飲んで笑って、とっても楽しい時間をすごせましたKirakira
どうもありがとうございました。


Halもみんなにかわいがってもらってとても幸せでした。
中国では手に入らないような、かわいいプレゼントPresent
たくさんいただいてしまって、本当にありがとう!!!


By Hiroshiはまた酔っぱらってたけどBeer
久々にみなさんに会えて、よほど嬉しかったのでしょう。



そんなこんなで、二日連続パーティーを終えると、
もうBy Hiroshiは上海へ帰らなくてはいけませんでしたAirplane
あっと言う間でしたが、家族や友人にHalを紹介できて
本当によかったです。





私はまだもうちょっと実家でゆっくりさせてもらってます。

とは言っても、お役所関係の手続きをしたり、Halの銀行口座を作ったり、
友達に会ったり、なかなか忙しい毎日です。

川越のひいおばあちゃんにも会いに行きました。



毎日おいしいもの食べて、By Hiroshiには申し訳ないですが、
日本の秋を満喫していますOnpu2


By Kyoko

グルメな10倍粥

今朝HalのウンチPoopに血が混じっていてGa-n
あわてて病院に行こうとしたBy Kyokoです。


途中で近所のおばさんにお会いしたところ、病院は今日お休みということがわかりTara
Halもニコニコ元気にしているので、とりあえず様子を見ることに。

落ち着いて調べたところ、おそらく良性母乳性直腸出血というものらしいです。
6ヶ月以下の母乳を飲んでる赤ちゃんによく見られる症状のようです。
とりあえず一安心かな。



この出血騒ぎで、必要以上にあせってしまった原因。


それは、



そう。離乳食Kirakira



本当は中国に帰ってから始めるつもりだったのですが、
先日4か月健診に行った時に、体重があまり増えていないから、
もう始めちゃえば?と言われたので、そうすることにしました。




今日で4日目。
まだ10倍粥しか食べてませんが、食べる意欲は一人前。
自ら口をアーンと開けて、食べようとしますOnpu2
半分以上はゴックンできずにこぼしてますが。

我が息子ながら、頼もしいスタートです。


それにしてもうちの実家のお米はおいしいんです。
玄米を家で精米して、シーガルフォーで浄水したお水で炊いて、
それをお粥にしているのです。
だからHalもがっついてるのかも。
初めて口にする食べ物がこんなにおいしいもので幸せだけど、
中国に帰った時、「こんな米嫌だ!」と言われないか、
ちょっと心配です…。



今日は、日本滞在記 番外編をお届けいたしました。


By Kyoko

温泉デビュー

せっかく日本に来たのですから、
温泉につかってゆっくりしたいBikkuriBikkuriBikkuriということで、
一泊の温泉旅行に行ってきました。

By Hiroshiの実家から車で秩父へ。
By Kyoko母も一緒に行きました。


ちょうど通りかかったところにおいしそうなお豆腐のお店があったので
そこでランチ。
古民家を改装したようなお店で、とっても落ち着いた雰囲気の中、
作りたてのおいしいお豆腐定食をいただきました。

お豆ふ処うめだ屋さん。
大豆にこだわって作ったお豆腐はもちろんすごくおいしかった~~。
しかも豆乳が濃い!!中国の豆乳は激薄なので、その濃さをたっぷり味わわせていただきました。
母が食べてたデザートの豆乳ぜんざいもすごくおいしかった。
素敵なお店でしたKirakira




そして、旅館を目指してドライブCar



でも、なかなかつかないな~と思っていたら、
旅館のあるところを通りこして、大滝村というかなり先のところまで行ってしまいましたTara
ダムも見れたし、山の中の気持ちいいドライブでした 笑。


気を取り直し、ようやく旅館に辿り着いたら早速お風呂。
Halも家族風呂で一緒に露天風呂に入りました。
気持ちよかった~~~Heart2
温泉、気に行ってくれたかな。


今回お世話になったのは、谷津川館というところ。
お部屋も広々しているし、家族風呂には赤ちゃん用のマットも用意されているし、
なにより夕飯も朝ご飯もお部屋で食べられるのが、赤ちゃん連れには嬉しいところ。
お料理も地元の食材を使って、豪華で盛りだくさん!
とってもおいしかったです。

赤ちゃんにもすごく優しくて、気持ちよく滞在することができました。


帰りは長瀞の岩畳に立ち寄って、景色を楽しみました。
紅葉にはまだ早すぎたけど、さわやかでいいところ。
紅葉が始まっていたらもっともっときれいだったでしょうね…。



そして、おそばを食べて帰ることにしました。
ガイドブックに載ってた有名なおそば屋さんは、「お子さんお断り」だったので、
近くにあった別のおそば屋さんに入りました。
もちろんおそばもおいしかったのですが、
このお店には、もう一つ素晴らしいことがKirakira


お店をやっているご家族はパグとフレンチブルとお猿さんを飼っていて、
お手洗いに行く時に会うことができました。
黒パグ二匹、フォーンパグとかわいいパピーDog
このパピーちゃんはパグママとフレブルパパのハーフ。
すごーくかわいかったですOnpu2
Halもそのフレブルのゲンジくんとご挨拶。
泣いてるのはおなかがすいてるからで、ゲンジくんはとってもいいわんこでした。

これでHalもママのようにペチャ顔の犬が好きになってくれるかな。


とってもたくさんの思い出ができた温泉旅行を終えて、
By Kyokoの実家へと移動!バケーションは続く!

By Kyoko

ルーツめぐり

By Kyokoの元職場でゆっくりした後はBy Hiroshiの実家へ。
Halのルーツを巡る日々が続きます。

まずはおじいちゃんおばあちゃんにご挨拶。


いとこ達とも初対面。

家族に無事お披露目ができて、とってもかわいがってもらいました。
早くいとことも遊べるようになりたいね!


中国にいる間に免許が切れてしまったBy Hiroshiも無事に更新をすませ、
初ベビーシートでドライブCarKirakira

上海では、タクシーに乗るとすぐに寝てしまうHalも、
ベビーシートでは勝手が違うらしく、結構グズリモードでした。
ちょっと嫌そうな顔してるでしょ。


久しぶりの井の頭公園へ。

もちろんHalの一番のルーツである阿佐ヶ谷へも足をのばしました。
子連れだと疲れるけど、お世話になった方や場所を紹介できてよかったです。



パパの地元友達とその家族にも会えたし

ご先祖様にもご挨拶できたし

とっても充実した毎日を過ごしました。


次は日本人としてのルーツをさぐりに(?)温泉旅行です。

はじめてづくし

お久しぶりです。
日本でおいしいものを食べすぎてまた太った気がするBy Kyokoです。
帰国してからずっとバタバタしていましたが、ようやく一息ついています。



Halも毎日たくさん移動して、たくさんの人に会って、
ちょっと疲れ気味のようで今日はぐっすり寝ています。
初めてのことばかりで興奮しすぎたかな?


ぼちぼち日本滞在記をお届けいたしますKirakira




Sekai時代は計5回飛行機に乗ったことのある我らが息子ですが、
おなかの外に出てからは初めての飛行機。
赤ちゃん連れで乗るのが初めての私たちもドキドキです。



色々噂は聞いていたけど、やっぱり離陸・着陸の時は大泣き。

空の上では、しばらくこのようなバシネットに寝かせることができましたが、
飛行時間が短いため、すぐに着陸態勢(=私の膝の上)へ。
泣きわめくので授乳しながらのフライトでしたAirplane



無事に関西国際空港についたら、
リムジンバス、電車、バスを乗り継いで祖父の住む老人ホームへBus
初めて乗る日本のバスはとても静かで、Halもうとうとしていました。

そしてひいおじいちゃんとご対面Kya

みんなでおいしいご飯を食べに行きました。
おじいちゃんは92歳の割によく飲んで食べました。
Halもひいおじいちゃんと仲良くなれて嬉しそう。




老人ホームではおばあさん達のアイドルとなったHal
「あら~、笑ってくれはった~。」おばあさんに笑顔をふりまきました。



おじいちゃんとの別れを惜しみながら、翌日は初めての新幹線に乗って東京へTrain
この日は贅沢に、高級ホテルで一泊しました。
寝心地のいいベッドの上で、寝返りの特訓にいそしむ息子と、
ゆったりした時間をすごすことができました。

久しぶりの丸の内で友人と晩ご飯を食べて、すっかりリラックス。
東京でも、なんとか子連れでご飯できちゃうものですね!!



でもやっぱり、大阪や東京の都心では、電車でHalが泣いても、
みんなチラっと見るだけで、話しかけたりあやしてくれたりしないものですね。
ちょっと淋しいような? 笑

上海で通りすがりの人にいつも「かわいい赤ちゃんね~」と
言われるのに慣れてしまっているので、
日本でも言われたいな~なんて思ってしまうママ心ですPero

つづく!!

By Kyoko